天皇陛下御在位三十年記念式典中継 2019年2月24日放送回

放送日 2019年2月24日(日) 14:00~15:10
放送局 NHK総合

番組概要

天皇陛下御在位三十年記念式典 (ニュース)
14:00~

今日の式典には安倍総理、衆参両院の議長、最高裁判所長官、地方公共団体の代表などが出席していて、次は大島衆議院議長が祝辞を述べる。大島議長は「国民の敬愛と祝意の中御在位30年記念式典が行われることは慶賀の念に耐えない、お祝い申し上げる。即位以来。天皇陛下は即位以来日本国憲法のもとで象徴としての在り方を求められながら国と国民のために務めてきた、皇后陛下とともに皇室の伝統を守りつつ社会の変化に応じ務めに心を込めてあたり、国民の幸せを祈る日々の姿に感銘を受けている。30年はベルリンの壁の崩壊と冷戦終結に始まり、世界情勢が変化を続ける中常に平和を念願され国際親善に勤めてきた、この間国は平和国家としての歩みを進め、平成は戦争の無い時代として記憶される。両陛下には内外各地で戦没者の御霊を慰めるとともに苦難の道のりを辿ってきた沖縄に心を寄せられ訪問を重ねた。戦後の平和と繁栄が先の大戦における戦没者の犠牲によって築かれていることを忘れず、戦争を繰り返さないために努力を行うことを将来に伝えないといけない」と話した。

天皇陛下御在位三十年記念式典の模様を国立劇場から中継で伝える。天皇・皇后両陛下が会場に到着し、舞台中央の席にお座りになった。

菅義偉内閣官房長官による開式の辞が行われた。

国家「君が代」の合唱が行われた。

安倍総理大臣による式辞が行われた。安倍総理大臣は「この30年、陛下は日本国と日本国民統合の象徴として1つ1つのご公務を心を込めてお務めになり、国民に寄り添って来られました。私たちは、これまでの陛下の歩みを胸に刻みながら、激動する国際情勢の中で希望に満ち溢れ、誇りある日本の輝かしい未来を作り上げていく決意であります」などと述べた。

大島議長の祝辞「常に国民とともにあることを大切にしていて、災害時には被災地を見舞い励ました。障害者などに常に温かく接してきた。議長として全国植樹祭などのご臨席を30年間欠かしておらず、行幸啓をなしていた。分け隔てなく人々の思いに寄り添い、その様相に深く敬具の念を抱いている。3年前の夏に天皇陛下から象徴としての勤めについて言葉をもらい、これを契機として国民各層で皇室の在り方について議論が行われたことは意義深い。国会でも憲法に定められた国民の総意を探るべく両議院合同で会議を開き総意をまとめ法律成立に至った。一連の過程で真摯に取り組み結論を出せたことを感慨深く思う。天皇陛下は皇太子への皇位継承を迎える。両陛下には幾久しく心穏やかで健やかに過ごすことを祈る。自らの手で平和で幸せな新時代を作り上げるべく長い歴史に思いを致しながら世界のすべての人々とと会い携えて全力を尽くす。平成を省み、万感を込め両陛下の長寿を祈る」などと話した。

伊達忠一参議院議長による祝辞。伊達議長は「式典が盛大に行なわれるにあたりお祝い申し上げる。30年を顧みれば、即位時に象徴として平和と繁栄のために公務に政令してきた。長い道のりをたびに例えたが傍には常に皇后の姿があり二人三脚で国民に寄り添ってきた。東日本大震災を始めとする大規模災害では率先して被災地を訪問し真摯の傷を受け止め膝をつき同じ目線で被災者を励ました。こうした姿に国民は敬具の念を抱いてきた。平成において意義深いことは戦争のない時代を過ごしたこと。平和を願い戦争の悲惨な歴史に真摯に向い続けてきた両陛下、国内外に渡る戦績地への慰霊に心を込めて取り組み、戦争の記憶を継承する大切さを体現してきた。先の時代も両陛下が持ち続けてきた平和への願いを心に刻み平和国家として世界平和と人類幸福のために責任を果たす。間もなく退位という歴史の節目を迎え、皇位継承が国民の祝福の中で行なわれることを祈る。」などと話した。

続いて各国の駐日大使を代表して駐日サンマリノ共和国大使、マンリオ・カデロの祝辞が行われた。カデロ大使は外交団を代表し天皇陛下御在位30年の慶事にあたりお祝い申し上げることは光栄であると述べた。また陛下らは世界の幸福のために献身してこられ、陛下と皇族の皆様を共にしている日本国民にも心よりお祝い申し上げるとした。陛下の調和への追及は世界を精神的な成長のさらなる高みへと導いている。陛下は数多くの重要な出来事を通じ世界に慈愛をもたらし、貢献は世界中で称賛を受けていると述べた。この機会に外交団を代表し陛下を始め、皇族や国民の平和などを祈願すると共に日本国に古くから根付いている哲学を持ち続けていくことを願うと話した。

大谷直人最高裁判所長官長官による祝辞。大谷長官は「式典が行われ祝いの言葉を述べる。天皇陛下は御在位30年、この間様々ん公務に政令し象徴としての姿を示してきた。大規模災害時には皇后陛下とともに被災地を訪問し、犠牲者を悼み慰め励ましてきた。戦争で亡くなった方を慰霊するため国内外に足を運び、世界平和を記念してきた。困難な状況に置かれた人々の思いに寄り添ってきた。苦楽を分かち合おうとする姿に感銘を受け敬愛の念を深めてきた。司法についても法の支配の担い手として力を尽くすようにと励ましの言葉を貰ってきた。即位に伴い始まった平成は国民に身近な司法を実現するため様々な改革が実施された。司法に携わるものとして、裁判員裁判を始めとするあらたな諸制度が次の時代においても根を広げ、司法が国民の期待に答えるものとなるよう取り組んで参る」などと話した。

川口順子元外務大臣による式辞が行われた。川口順子元外務大臣は「これまで天皇皇后両陛下は長年国民の心に寄り添ってくれた。東南アジアの訪問に随行させて頂いた時に見た姿は日本国民として幸せに感じた。30年間の平成時代に述べられてきた天皇皇后両陛下のお言葉と共に心に留めていく。ありがとうございました。」などと述べた。

天皇陛下が作詞された琉歌に皇后さまが曲をつけた「歌声の響」を沖縄県出身の歌手の三浦大知さんが歌う。千住明さんが編曲を担当、千住真理子さんがバイオリンを演奏した。

舞台の上には国民の代表として2名が招かれている。1人目は東日本震災からの復興に取り組んだ福島県知事の内堀雅雄である。内堀は式典が執り行われるにあたり祝辞を述べ、自然災害の際に両陛下からお見舞いを頂いたことに御礼の言葉を申し上げた。地震などで平穏な暮らしを奪われ県民は傷つき、失意にあった時、支援と希望を持つことの大切さを呼びかけた陛下の言葉に励まされ、復興に向け国民の気持ちが1つになったと述べた。両陛下から心の籠もった言葉を頂いたことで県民は復興に向け歩みを進める勇気を頂いたと話した。最後に両陛下のご健勝と皇室のご繁栄をお祈り申し上げお祝いと御礼の言葉とした。

式典で俳優の波乃久里子さんが陛下が皇太子さまの頃に全国各地に訪問し、年ごとに各々の地の街が整っていくさまになっての気持ちの天皇皇后両陛下が読まれた御製・御歌を朗読した。

御在位二十年記念式典でも記念演奏を行なった日本を代表するソプラノ歌手の鮫島有美子さんが皇后さまが作曲し、幼い皇太子さまに口ずさんだ子守唄の「おもひ子」を歌う。吉野直子さんがハープを演奏した。

天皇陛下は「在位30年にあたり政府、国内外から寄せられた祝意に深く感謝する。即位から30年、振り返り感慨深く思う。日本は国民の平和を願う意思に支えられ初めて戦争を経験しない時代を持ったが、平坦な時代ではなく多くの予想せぬ困難に直面した時代でもあった。世界は気候変動の周期に入り日本も多くの自然災害に襲われ、少子高齢化による人口構造の変化から過去に経験のない多くの社会現象にも直面した。島国として比較的恵まれた形で独自な文化を育ててきた我が国もグローバル化する世界の中で更に外に向かって開かれ、叡智を持って自らの立場を確立し誠意を持って他国との関係を構築することが求められているのではないかと思う。即位以来今日まで国の安寧と人々の幸せを祈り象徴としていかにあるべきかを考えつつ過ごしてきた。憲法で定められた天皇像を模索する道は果てしなく遠く、次いで行く人達が次の時代へと象徴のあるべき姿を求め先立つ時代の象徴像を担うことを願っている。天皇としての務めを行うことが出来たことは幸せ、すべての仕事は国の同意と指示の下初めて行い得たもので果たすべき勤めを果たせたのは統合の象徴であることに誇りと喜びを持つことのできる国の人々の存在と過去から作り上げてきた民度のおかげ」などと話した。

安倍内閣総理大臣の発声で万歳三唱を行った。

菅義偉内閣官房長官が閉式の辞を述べた。

天皇皇后両陛下は会場をご退席され、東京・国立劇場の中継とともに天皇陛下御在位三十年記念式典の様子を伝えた。

天皇陛下は「災害の相次いだ30年を通し、被災地で多くの悲しみに遭遇しながらも健気に耐え抜いてきた人々、被災地の悲しみを我が事とし様々な形で寄り添い続けてきた全国の人の姿は忘れがたい記憶の一つ。在位30年に当たり、この機会に苦しみと悲しみのさなかにあったときに関心を寄せられた諸外国にお礼の気持ちを述べる。多くの国や国際機関などが援助を与えてくれて感謝する。平成が始まり皇后は感慨のこもった歌を記している。平成は昭和天皇の崩御と共に深い悲しみに沈む中に歩みを始めた。この歌にある言葉は声高に語られたものではなかったが、全国各地より寄せられた平和な日本を作るという決意に満ちた言葉を大切に心に留めている。式典を催してくれた人に感謝の意を評し、世界の人々の幸せと安寧を祈る」などと話した。

キーワード
天皇陛下御在位三十年記念式典
国立劇場
天皇陛下
安倍総理
皇后陛下
菅義偉内閣官房長官
君が代
皇后
川口順子
三浦大知
歌声の響
東日本大震災
天皇皇后両陛下
おもひ子
皇后さま
皇太子
御製
全国植樹祭
東京都
歌会始の儀
飯舘村(福島)
安倍内閣総理大臣
菅義偉
  1. 2月24日 放送