SONGS 加山雄三〜海と音楽 77歳の“MYWAY”〜

放送日 2014年10月24日(金) 1:30~ 2:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
01:30~

2014.8.23 加山雄三の日本武道館最年長記録更新。突然演奏が止まり、地元・茅ヶ崎の後輩・桑田佳祐がサプライズで登場し、「夜空の星」で共演した。SONGSスペシャルで桑田佳祐は「茅ヶ崎の誇りですもの」「やっぱりヒーローであり、ビートルズにすき焼き食わせた人だしね」などと話していた。若大将として華やかなデビューの後、どん底の次代を経験する。困難に立ち向かった時、彼を支えたのはふるさとの海だった。

キーワード
加山雄三
桑田佳祐
夜空の星
ビートルズ
茅ヶ崎(神奈川)
君といつまでも
NHK紅白歌合戦

第314回 加山雄三~海と音楽 77歳の“MY WAY”~ (バラエティ/情報)
01:32~

今年7月、FUJI ROCK FESTIVALに加山さんは若いミュージシャンとバンドを組み出演。君といつまでもなどを演奏した。そんな加山さんが共演したいと考えたのが、miwa。加山さんと同じ神奈川県出身の慶應義塾大学卒。第64回NHK紅白歌合戦での「ヒカリへ」の映像。miwaがスタジオを訪ねた。加山さんは8歳の頃叔母が弾いたバイエル74番に興味を持った。加山さんは、1時間半くらいでバイエル74番を弾けるようになったため、父がピアノを買ってくれたと話した。14歳の頃作況した曲は、夜空の星に生まれ変わり大ヒット(エレキの若大将)。大学時代、エルヴィス・プレスリーに憧れアマチュアバンドを結成。デビュー後、弾厚作の名前で作曲した「君といつまでも」が350万枚の大ヒットとなる。今回二人が演奏するのは、加山が作曲したエレキメドレー。

加山雄三とmiwa がスタジオライブで「蒼い星くず」「夜空の星」「夜空を仰いで」をメドレーで披露。

加山さんの地元・神奈川県茅ヶ崎市。沖合にあるのが烏帽子岩。加山さんにとって大切な場所。父・上原謙さん、母・小桜葉子さんの写真が映る。加山さんは烏帽子岩で「ここで色んなプランを考えたり、アイデアが生まれたり」などと思い出を語った。

加山さんは、大学卒業後、船を造る資金を稼ぐため、俳優に。主演した「エレキの若大将」の主題歌、「君といつまでも」が350万枚の大ヒットとなる。しかしその5年後、叔父の会社が倒産し、経営に携わっていた加山さんは、23億円の負債を抱え、財産のすべてが差し押さえられた。待っていたのはどん底の日々。人気が下がり仕事が激減。キャバレーやナイトクラブを回り歌った。どん底の加山さんを支えたのは、妻・松本めぐみさん。加山さんは「中古のピアノを買ってくれた、それは僕がもう全部を失っていたから」「これにはもう参った、やるもんだな」と想いを語った。そして再び曲を作り始めた。

一心不乱に音楽に向きあったとき、頭に浮かんだのはふるさとの海だった。39歳で「海 その愛」を発表。ビッグショーで歌う映像が放送される。この曲のヒットで、歌手・加山雄三の人気が再燃する。加山さんは「そのつらいところから逃げることだけしなければ必ずその辛さを乗り越えるだけの力を与えてくれるのが大自然だと思っている」などと話した。

加山雄三が「海 その愛」をスタジオライブで披露。

烏帽子岩に渡るため、カヌーを作ったのが14歳の時。自ら設計した船は23隻にのぼる。そして今さらなる夢を追いかけている。風力と太陽光のエネルギーだけで動くウルトラエコシップを開発中。80歳で7つの海を渡る、それが今の目標。全国を回るツアーは今回が最後と決めた加山さん。日本武道館での「Dreamer~夢に向かっていま~」の映像。ラストに必ず歌うのが、加山さんの生き様を象徴する歌、「MY WAY」。

加山雄三が「MY WAY」をスタジオライブで披露。

キーワード
FUJI ROCK FESTIVAL
君といつまでも
第64回NHK紅白歌合戦
ヒカリへ
慶應義塾大学
神奈川県
旅人よ
お嫁においで
弾厚作
エルヴィス・プレスリー
夜空の星
エレキの若大将
蒼い星くず
夜空を仰いで
茅ヶ崎市(神奈川)
烏帽子岩
上原謙さん
小桜葉子さん
松本めぐみさん
海 その愛
ビッグショー
Dreamer~夢に向かっていま~
MY WAY

エンディング (バラエティ/情報)
01:58~

SONGSの次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 10月24日 放送
  3. 次回の放送