SONGS エレファントカシマシ

放送日 2014年1月31日(金) 1:30~ 2:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
01:30~

今回のアーティストは宮本浩次要するロックバンド、エレファントカシマシ。デビュー25周年を迎えた彼らの魅力に迫る。

キーワード
ファイティングマン
悲しみの果て
俺たちの明日
今宵月のように

第287回エレファントカシマシ (バラエティ/情報)
01:32~

宮本浩次が初めてレコードデビューしたのは10歳の時。今回はバンドメンバー全員で地元の赤羽歩き、生まれ育った赤羽台団地の公園で思い出話に話を咲かせる。その後デビュー前に使用していた赤羽スズラン通り商店街の楽器店を訪れる。

1988年にメジャーデビューし、ファイティングマンなどをリリース。社会への反発、心の叫びを歌にする。ライブでは観客に対しても感情をむき出しにする。しかしヒット曲に恵まれず、94年に契約を打ち切られる。その頃について宮本は「京浜東北線に乗って、社会というのは無情であると感じた。」と話した。そんなどん底のなかで生まれたのが『悲しみの果て』だった。

エレファントカシマシが「悲しみの果て」を披露した。

デビュ―二年後から毎年ライブを行っている日比谷野音を訪れる。都会の真ん中で感じる自然の力強さを歌ったエレカシ最大のヒット曲『今宵の月のように』について宮本は「満月に近ければ近いほど盛り上がる。」と話した。

エレファントカシマシが『今宵の月のように』を披露した。

ボーカル宮本浩次が2012年10月に急性感音難聴を患い、バンドは無期限休止を余儀なくされた。宮本はその当時について、「いつも幻みたいな所にいるから、リアリティーのあることが起きると焦る焦る。日常ってすごいなって思いました。」と話した。その後宮本は『あなたへ』を作り、野音での復活公演で歌った。

エレファントカシマシが『あなたへ』を披露した。

宮本浩次が初めてレコードデビューしたのは10歳の時。今回はバンドメンバー全員で地元の赤羽歩き、生まれ育った赤羽台団地の公園で思い出話に話を咲かせる。その後デビュー前に使用していた赤羽スズラン通り商店街の楽器店を訪れる。

エレファントカシマシが『俺たちの明日』を披露した。

キーワード
赤羽(東京)
赤羽台団地
みんなのうた
はじめての僕デス
おはようこんにちは
ファイティングマン
京浜東北線
悲しみの果て
エレファントカシマシ
今宵の月のように
あなたへ
復活の野音
急性感音難聴
赤羽一番街
俺たちの明日

エンディング (その他)
01:58~

SONGSの次回予告。

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 1月31日 放送
  3. 次回の放送