SONGS 山崎まさよし

放送日 2013年7月20日(土) 23:10~23:40
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
23:10~

今回は「僕はここにいる」などのヒット曲を送り出した山崎まさよしが三田尻中関港(山口・防府)などを訪れ、ふるさと山口で原点を見つめる旅をする。

キーワード
三田尻中関港
防府(山口)
僕はここにいる
One more time,One more chance
セロリ

第256回 山崎まさよし (バラエティ/情報)
23:11~

20歳まで過ごした防府市を訪れた山崎まさよしは春日神社を訪れた。小学2年で防府市に引っ越してきた山崎まさよしは神社で太鼓の練習をして地元に溶け込んでいった。小学校の担任だった田中深幸先生と当時の思いでを語った。山崎まさよしは当時漫画家になりたいと夢を記していた。

山崎まさよしが「セロリ」を披露した。

山口・周南にある「LIVE HOUSE Gumbo」を訪れた山崎まさよし。彼はこのライブハウスでシンガーソングライターを夢見るようになった。山崎まさよしはマスターの森永正志さんに進められてライトニン・ホプキンスの曲を聴いて、ブルースをやることになった。

山崎まさよしが「星空ギター」を披露した。

山口県防府市にある三田尻中関港。山崎まさよしは高校卒業後デビューを夢見ながらここで1年半働いていた。食べていくという基本的なことをここで教えてもらったと山崎まさよしは語った。

山崎まさよしが「僕はここにいる」を披露。

山崎まさよしが「アルタイルの涙」を披露した。

当時の映像では山崎まさよしと森永正志さんが2人でブルースセッションを行なっていた。その森永さんは去年の夏、食道がんでこの世を去った。山崎まさよしは森永正志さんによりブルースを通じてシンガーソングライターへと導かれたと語った。

そして山崎まさよしは、仕事をしていた当時の現場監督である原田日出男さんと再会した。原田さんは山崎まさよしがホウキをギターに見立ててうたを歌ったというエピソードを話した。その後オーディションで音楽関係者の目に止まり20歳で上京した。原田さんは山崎まさよしの歌がテレビで流れると嬉しいと思うと話した。

今回の故郷への旅を振り返り山崎まさよしは、出会いと別れが今の自分を作ったと思うと語り、次の曲は美しい出会いと悲しい別れに涙する男の歌だと紹介した。

キーワード
防府市(山口)
セロリ
ライトニン・ホプキンス
森永正志さん
星空ギター
三田尻中関港
防府(山口)
僕はここにいる
アルタイルの涙
周南(山口)
ブルース

エンディング (その他)
23:38~

SONGSの次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 7月20日 放送
  3. 次回の放送