SONGS キャンディーズ

放送日 2012年1月11日(水) 1:30~ 2:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
01:30~

5万人もの熱狂的な声援に送られて解散したアイドルグループ、キャンディーズ。ファンに愛された珠玉の名曲を紹介。

キーワード
キャンディーズ

第202回 キャンディーズ (バラエティ/情報)
01:30~

中学生の時に音楽スクールで出会った田中好子、伊藤蘭、藤村美樹の3人は1972年『歌謡グランドショー』にアシスタントとして出演。その年の紅白歌合戦にスクールメイツの一員として出場した。

『あなたに夢中』でレコードデビューしたキャンディーズ。同じ年に桜田淳子、山口百恵が次々デビュー。当時はソロのアイドルが全盛で、キャンディーズは不遇のスタートを切った。

『危い土曜日』など、キャンディーズは当初注目を浴びなかった分、自由なスタンスで、ロック、ソウルなど最新の洋楽を取り入れた歌謡曲に果敢に挑戦した。

シングル5枚目、当初B面にする予定だった『年下の男の子』。ランをメインボーカルに据えて、キャンディーズは活発なお姉さんへとイメージチェンジを目指した。

ちょっと大人びた恋心を描いた歌詞で次々とヒットを連発したキャンディーズが出した7枚目のシングル『その気にさせないで』はびしょ濡れの妖艶な3人のジャケット写真が話題となった。

キャンディーズは8枚目のシングル『ハートのエースが出てこない』でさらにその音楽性に磨きをかけていく。

キャンディーズは人気急上昇中のこの時期に1年前のアルバム『年下の男の子』に収録されていた曲『春一番』をニューシングルとしてリリース。デビュー以来最大のヒットを放つ。

キャンディーズはライブにも積極的に挑戦し、MMPとの共演を果たした。また、音楽番組『レッツゴーヤング』でも司会を務め、コミカルなトークも披露している。蔵前国技館でのライブの模様が流れた。

キャンディーズはレコード大賞の常連、人気作詞家なかにし礼と三木たかしによる『哀愁のシンフォニー』をリリース。ミニスカートからワンピースへとイメージチェンジをはかった衣装も話題を呼んだ。

キャンディーズはハイヒールの靴音からはじまる『やさしい悪魔』は、フォークソング界のヒーロー、吉田拓郎に作曲を依頼。親指と小指を立てるデビルサインが有名となる。

キャンディーズは14枚目のシングルとなる『暑中お見舞い申し上げます』をリリース。作曲は『およげ!たいやきくん』の大ヒットを放った佐瀬寿一。

そして、キャンディーズ突然の解散宣言。応援してくれたファンに直接解散を発表したい、4年間アイドルを走り続けてきた3人の悩んだ末の結論だった。日比谷野外音楽堂での映像が流れた。

キャンディーズの解散は社会的にも大きなムーブメントとなっていく。解散宣言の直後にリリースされた『アン・ドゥ・トロワ』は大人の女性へと成長したイメージチェンジも手伝い大ヒットする。

キャンディーズ16枚目のシングル『わな』では、シングルでははじめてミキがメインボーカルを務めた。実現したのは、ランとスーの提案によるものだった。

キャンディーズ解散コンサートの直前にリリースされた17枚目のシングル『微笑がえし』で、初のヒットチャート1位を獲得した。後楽園球場の映像が流れた。

キャンディーズの3人は解散までの残り少ない時間、自身でも作詞や作曲に真剣に取り組んできた。眠る間も惜しんで歌詞を書き続けた。後楽園球場最後のステージで『つばさ』という曲を披露した。

キーワード
歌謡グランドショー
紅白歌合戦
スクールメイツ
田中好子
藤村美樹
伊藤蘭
あなたに夢中
桜田淳子
山口百恵
キャンディーズ
危い土曜日
年下の男の子
その気にさせないで
ハートのエースが出てこない
春一番
MMP
レッツゴーヤング
蔵前国技館
哀愁のシンフォニー
なかにし礼
三木たかし
レコード大賞
やさしい悪魔
吉田拓郎
佐瀬寿一
暑中お見舞い申し上げます
およげ!たいやきくん
日比谷野外音楽堂
アン・ドゥ・トロワ
わな
微笑がえし
後楽園球場
つばさ

エンディング (その他)
01:58~

SONGSのホームページアドレスがテロップ表示。

「SONGS」の次回予告。

キーワード
SONGS 番組公式ホームページ

キャスト

この番組の出演者は登録されていません。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 1月11日 放送
  2. 次回の放送