SONGS 「LUNA SEA 30周年ヒット曲ライブ」

放送日 2019年8月17日(土) 1:10~ 1:40
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
01:10~

今夜のアーティストはLUNA SEAで、現在放送中の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」でオープニングテーマ曲を手掛けている。番組責任者の大泉洋は「ビジュアル系バンドの音楽とは無縁だった」と語る。LUNA SEAは今年で結成30周年を迎え、親交のあるアーティストが魅力を語る。

キーワード
LUNA SEA
機動戦士ガンダム THE ORIGIN
INORAN
SUGIZO
RYUICHI
真矢
YOSHIKI

LUNA SEA × 結成30周年 真価のライブ (バラエティ/情報)
01:12~

NHKで最も大きい101スタジオにて、LUNA SEAは結成30周年のスペシャルライブを開催。ファンに感謝を伝えるためにライブという形式にこだわったという。

LUNA SEAはビジュアル系と呼ばれた奇抜なルックスとパワフルな演奏で人気を博した。94年に出演した音楽番組では結成当時の自分たちについて語っていた。

若き日のLUNA SEAについて、YOSHIKIは「最初からある種の光を放っていた。その光を僕はとても魅力的に感じていたんでしょうね。それに魅了されないってことはないんじゃないかぐらい、当時のライブハウス時代から輝いていた。XJAPANの方が先輩だけど、見習うところがたくさんあるバンド」などと明かした。

SUGIZOは「活動当初は異端の存在として扱われた」と振り返り、ドラムの真矢は「尖っていなければ怖かったんだと想う。自分たちが」、Jは「とにかく他の人達と違うことがやりたい。他と一緒だと僕らがいる意味がない。俺たちが作るしかないよね、自分たちがドキドキできるものを」と明かした。

LUNA SEAが「ROSIER」を披露した。

大泉洋はLUNA SEAの結成30周年ライブに惹かれ、観客として見たかったので一応は声をかけて欲しいとスタッフに要望した。

LUNA SEAが結成30周年ライブで「I FOR YOU」、「STORM」、「宇宙の詩~Higher and Higher」などを披露した。

松岡昌宏は「LUNA SEAメンバーそれぞれが個人プレイヤーとして成り立っているところが好き。バンドとしては1+1+1+1+1じゃないっていうことになってる。同じ表現者としては素晴らしいと思いますし、30年もやってたら大変だと想うんですけど、そこの絆はこれからも続いていって欲しい」と語った。

結成10年目に紅白歌合戦に出場を果たしたLUNA SEAはメンバー間の方向性の違いから進むべき道を失い、2000年に無期限活動停止となった。それぞれが理想の音楽を求めた後、07年に一夜限りのライブのために再結集。真矢は「メンバーそれぞれが我を出しても深層心理では5人で音を出したいって思った結果が今なんじゃないですか」と話す。そして、RYUICHIが肺腺がんを切除する手術を行った今年、結成30周年を迎えた。SUGIZOはメンバーが元気でいて、一緒にステージに立てることに感謝しかないという。

LUNA SEAがオープニングテーマ曲を手がける「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」でmiwaが歌うのは第三期のエンディングテーマ。SUGIZOとの共作で、miwaは「音楽への探究心、新しいものに対して興味を持ってやってみる、長続きの秘訣なのかって感じました」と語った。SUGIZOは「30年やっていても未だに素人の気持ち。いまだに50のロック小僧」と話す。INORANは「進化を止めてしまうと神様が出会わせてくれた5人の中で負けてしまう。LUNA SEAとして成立しなくなるので、進化するしか無い」と語った。

LUNA SEAが「悲壮美」を披露した。

YOSHIKIはLUNA SEAに向け、「バンドの存在、音楽をすばらしい魅力をもっと世の中の人達に伝えてください」と語った。

キーワード
LUNA SEA
TIME IS DEAD
BS流行歌最前線
ROSIER
I FOR YOU
STORM
宇宙の詩~Higher and Higher
gravity
TONIGHT
TRUE BLUE
第49回NHK紅白歌合戦
THE FINAL ACT TOKYO DOME
肺腺がん
X JAPAN
悲壮美
A Red Ray
機動戦士ガンダム THE ORIGIN

エンディング (その他)
01:39~

SONGSの次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 8月17日 放送
  3. 次回の放送