SONGS 「電気グルーヴ」

放送日 2019年2月2日(土) 23:00~23:30
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
23:00~

今回のアーティストは今年で30周年を迎える電気グルーヴ。メンバーであるピエール瀧は中村勘三郎主演の大河ドラマ「いだてん」、映画「64-ロクヨン-」などに出演。「龍馬伝」で共演した大泉洋は「凶悪」で見せたピエール瀧の怪演に驚かされたといい、「できれば、アーティストに専念していただきたい」とコメント。そんな大泉は電気グルーヴに人々が惹かれる理由を知りたいという。

キーワード
石野卓球
ピエール瀧
中村勘三郎
電気グルーヴ
FUJI ROCK FESTIVAL’16
Shangri-La
龍馬伝
あまちゃん
凶悪
いだてん
TROPICAL LOVE TOUR 2017
N.O.
64-ロクヨン-

電気グルーヴ × 30年愛される理由 (バラエティ/情報)
23:02~

これまでのキャリアを振り返り、ピエール瀧、石野卓球はグアムの空港で脱ぎたてのチノパンが何故か、落ちていたエピソードを語った。

宮藤官九郎は電気グルーヴを「徹底して真面目じゃない。ふざけているのを見るとほっとする」と語った。ピエール瀧はステージ上で楽器を持たず、動き回って観客を盛り上げるスタイルで、宮藤は「俳優志望の人には出せないリアリティーがある」とコメント。大河ドラマ「いだてん」でピエールは足袋職人を演じているが、宮藤曰く、堂に入っていたという。そんな宮藤は電気グルーヴの2人に最近、何でケンカをしたか質問。ピエールは「ケンカはないです。教育的指導みたいなものはちょいちょい」とと回答。

お互いの第一印象について、ピエールは「木の実みたいな感じ」、石野卓球は「コイツと30年以上、一緒にやっていくなと瞬時に思った」と吐露。

電気グルーヴは1989年に結成し、2年後にメジャーデビューを果たした。ホップなテクノサウンドと独特な歌詞が注目され、日本武道館ライブも成功させてきた。また、人を食ったようなユーモアも特徴とする。

電気グルーヴがスタジライブで「人間大統領」を披露した。

高橋幸宏は電気グルーヴの魅力に掴みどころがない点を挙げた。YMOの曲を小学校のときに聴いて衝撃を受けたという石野卓球は「YMOなしに電気グルーヴはない」と語る。また、高橋は「何がヒットするかわからないから、海外に進出して欲しい」と期待を寄せた。

電気グルーヴのファーストアルバムは新人ながらイギリス・マンチェスターでレコーディングし、石野卓球は海外の製作方法に触れることができて刺激になったという。また、30年前と現在を比較すると、石野は「コアの部分は変わっていない」と語る。さらに海外での公演について、石野とピエールは「武者修行」と表現する。電気グルーヴにとって最大のヒット曲は「Shangri-La」で、2人は作曲時のエピソードを語った。

電気グルーヴが「Shangri-La feat. Inga Humpe」を披露した。

ピエール瀧は映画「凶悪」で日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞し、石野卓球は日本を代表するDJ、音楽プロデューサーとして活躍。異なる才能を持つ2人が結集したバンドが電気グルーヴで、長く活動を続けてこられた秘訣に、石野は「なるべく自分を殺す、瀧ファースト」と語った。また、今後の展望について、ピエール瀧は「目指さないほうがマシ。僕らは」、石野は「もう辞めようがない」とコメント。

電気グルーヴが「Baby’s on Fire」を披露した。

大泉洋は番組を振り返り、「ふざけるということに関する考え方はなるほど。武器にもなるし、魔法なものだということなんでしょうね」とコメント。

キーワード
グアム(アメリカ)
電気グルーヴ
ガリガリ君
いだてん
あまちゃん
少年メリケンサック
FUJI ROCK FESTIVAL’16
新幹線
wire01
電気ビリビリ
TROPICAL LOVE TOUR 2017
FLASHBACK DISCO
ポップジャム
MEGA ROCK SHOW
ノイノイノイ
富士山
人間大統領
YMO
ライディーン
FLASH PAPA
マンチェスター(イギリス)
Shangri-La
Shangri-La feat. Inga Humpe
凶悪
WIRE12
日本アカデミー賞
Baby’s on Fire

エンディング (その他)
23:29~

SONGSの次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 2月2日 放送
  3. 次回の放送