首都圏ネットワーク 2014年7月16日放送回

『首都圏ネットワーク』(しゅとけんネットワーク、SHUTOKEN-NETWORK)は、茨城県を除く関東地方のNHK総合テレビジョンで祝日を除く月曜〜金曜の夕方に放送されているローカルニュースワイド・情報番組。1997年4月1日放送開始。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年7月16日(水) 18:10~18:52
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
18:10~

一昨日のレギュラーガソリンの小売価格は先週より値上がりし169.9円となり、12週連続の上昇となった。東京世田谷区のガソリンスタンドでは利用客が、エコな運転を意識すると話した。これはイラク情勢による情勢悪化による原油価格の上昇分を小売価格に転嫁する動きが広まったためとされる。こうした中、割引率の高いプリペイドカードを用意するガソリンスタンドも出ている。ガソリンスタンドの木村文彦副所長は「安い価格でみなさん気軽に来てもらえるのが理想」と話した。一方で今後の見通しについて石油情報センターは「小売価格に添加する動きが一段落すれば来週は値下がりに転じる可能性が高い」とした。

先月24日に東京池袋で脱法ドラッグによる事故があった事を受け、厚生労働省は昨日、脱法ドラッグに含まれていた、幻覚などを引き起こす2種類の成分を、薬事法で規制できる薬物に緊急指定した。しかし罰則が課せられるのは25日であり、それまでの間の阻止として東京都は豊島区など都内の店に緊急の立ち入りを行った。これまで緊急指定された薬物を含む商品は19種類を確認されていて、店ではこれら商品の一覧表を提示し在庫として残っているものの提出を求めた。

東京東大和市の交差点で東京武蔵村山市の会社員の男性がトラックにひき逃げされて死亡した。警視庁はひき逃げ事件として捜査し、まもなく現場に戻ってきた埼玉県日高市のトラック運転手が逮捕された。容疑者は「脇見運転をしていた」と供述している。

都内で務める鳥居恵子さんは、これまで本棚がいっぱいになると読み終えた本を捨てていた。しかし会社の呼びかけ古本による寄付を知り、社会貢献できることに魅力を感じたという。鳥居恵子さんは「こちらもハッピーな気持ちになるし有効に活用してもらえればお互いにいいのかなと思いました」と話した。鳥居さんが寄付をした東京文京区の犯罪被害者支援に取り組むNPOでは4年前から古本による寄付を取り入れこれまでに330万円が集まっていた。全国被害者支援ネットワークの後藤峰登事務局長は、すごく大きな数字だと話した。大手の本の買取業者の調査によると日本人一人あたりの所有する本は356冊でこのうち3分の1が読まれずに眠ったままとされている。日本ファンドレイジング協会の徳永洋子事務局長は、もともと日本人はものを大事にするが寄付につながると知ると今度は惜しくなくなる、と話した。

緊急指定後の罰則が課せられる25日までは周知期間となっているが、東京都はその期間も販売者に厳しい姿勢で臨むことにしている。東京都は新宿区など都内の68店舗中先週で44店舗に立ち入った。残りの3割の店は、入り口が閉まっていたり回収に応じなかったりなどしていて、東京都は今日も立ち入りを続けた。一方でネットの取り締まりでは、悪質な業者がサイトの名前を頻繁に変えるなどしていて、取り締まりが難しい状況となっている。

千葉市は子供たちにより多くの本でもらおうと感想などを記録する読書ノートを配布した。今日は千葉市長が千葉市中央区の市立弁天小学校に訪れ、子ども達の代表にノートを手渡した。千葉市の児童一人が一ヶ月に読む本の数は26.7冊で、全国平均の10.5冊を大きく上回っている。千葉市中央図書館の松尾修一館長は「夢を広げていってもらいたい」と話した。

一昨年全国で売れた古本の金額は944億円であった。JR国立駅では8年前に工事が始まるまで別の駅舎が建っていた。前の駅舎は三角屋根で街のシンボルとして市民に親しまれていた。国立市役所ではこの三角屋根を復活させる計画が進行している。国立市が費用集めの一つとして行っているのが古本を使った寄付金集め。古本による寄付はまず古本を持つ人が買取業者が連絡し金額を査定され、その後普通は所有者に支払われる買取額が指定された団体に寄付されるというもの。国立市では呼びかけから1ヶ月で105人から16万円が集まり、担当者は手応えを感じていた。この古本による寄付が広がり始めたのは約6年前で、今ではNPOや大学など多くの団体が利用し、寄付の額も年々増え続けている。

キーワード
木村文彦副所長
脱法ドラッグ
徳永洋子
世田谷区(東京)
石油情報センター
東京都
池袋(東京)
豊島区(東京)
新宿区(東京)
警視庁
千葉市
文京区(東京)
東大和市(東京)
武蔵村山市(東京)
日高市(埼玉)

気象情報 (ニュース)
18:26~

関東各地の気象情報紹介。

視聴者から寄せられた季節感たっぷりの写真が紹介された。

キーワード
村上公男さん
安部清實さん
平徹志さん

ニュース (ニュース)
18:30~

原発事故による福島県の避難者の定住を支援しようとバスツアーが開催された。バスツアーに参加した人たちは、5年以上定住することなどを条件に市貝町で無償提供されている土地を見学した。市貝町は年々人口が減少していて、こうした支援とあわせた政策を行っている。市貝町の入野正明町長は「すぐにでも家が建てられる状況」などとバスツアー参加者に説明した。この日バスツアーに参加した神内俔子さんは、家族と離れ避難生活を余儀なくされ、さいたま市大宮区の借り上げ住宅で3年間一人で生活している。夫を病気でなくし原発事故までは家族6人で生活していたが、学校などの都合で家族は福島県内に移り住みバラバラになったという。神内さんは、もう一度家族と自分の家で暮らしたいと考え、今回バスツアーに参加することにした。栃木県市貝町は家族が住む故郷にも近いという利点があるが、家族たちを呼び寄せ一緒に生活できるのかなかなか決断ができないと話した。

佐賀県唐津市で開かれていた全国知事会議が閉会し、地方の税財源について、都市と地方の間の格差の是正を求めるとした一方、本来地方税の充実によって対応すべきという意見もあるといった文言が加わり、都市部にも配慮した形となった提言がまとめられた。東京都の舛添知事は、財源については本来国が考えてくれないといけないが、国のガードが非常にかたい中で、各地域が地方行政をやっていくなかで必要だということで妥協してきている、と話した。

東海道新幹線が開通して50年経つことを記念し、横浜市西区の原鉄道模型博物館で今日から特別展が始まった。開通当日の切符など東海道新幹線にまつわる品々およそ80点が展示されている。原鉄道模型博物館の原丈人副館長は「子どもたちの将来を作るような感激をここでぜひ味わって欲しい」と話した。

キーワード
入野正明町長
舛添知事
原丈人副館長
原丈人
大宮区(埼玉)
唐津市(佐賀)
東海道新幹線

ニッコウキスゲ 群馬 中之条町 (バラエティ/情報)
18:39~

群馬県中之条町の野反胡でニッコウキスゲが今月いっぱい楽しめる。

キーワード
ニッコウキスゲ
野反胡(群馬)

ニュース (ニュース)
18:40~

長野県南木曽町の大規模な土石流の発生から今日で1週間となり、現場では犠牲となった中学生を悼む姿が見られた。南木曽町役場の臨時の朝礼では職員全員が犠牲者に黙祷を捧げた。土石流で壊れた県道の橋の代わりとして仮設の橋が架けられ住民などは一週間ぶりに通れるようになった。また橋桁がえぐり取られるなどして一部区間で不通となっているJR中央線では土砂の撤去などが進められた。

南木曽町では土砂災害から1週間となるが、再び土石流が発生するのではないかと住民に懸念されている。土石流が起きた梨子沢沿いに住む山川あゆみさんは、土石流が起きたとき自分では全く気づかず、周りの人に「逃げろ」と言われて気づいたという。その後、家族と近くの集会所に避難し、3日後に自宅に戻った。その日から大勢のボランティアにより土砂を取り除いたりした。山川あゆみさんは「こんなに早く若い子たちが来てくれてすごくうれしいですよ」と話した。しかし、沢の上流には大きな岩や土砂がたまったままとなっていて、2次災害の不安が拭えない状況となっている。山川さんは2次災害を心配し、玄関に着替えなどを準備している。住民には雨を気にしながらの不安の日々が続いている。

キーワード
南木曽町(長野)
JR中央線
梨子沢(長野)

ストップ詐欺被害!私はだまされない (バラエティ/情報)
18:45~

今日のキーワードは「書類を間違って送ってしまった」。先週10日に埼玉県で79歳の女性が長男を名乗る男に電話でこのように言われて泣きつかれ、350万円をだまし取られた。このような被害は先週埼玉県内で相次いだ。視聴者に注意を促した。

ニュース (ニュース)
18:47~

横浜 中区の伊勢佐木警察署が振り込め詐欺防止コンクールを開き、地元の小中学生から寄せられた標語よ絵画の中から最優秀賞を選んだ。標語部門で最優秀賞となったのが「合言葉 それは家族の愛ことば」で、中学2年生の山井若葉さんが考えたものとなった。絵画部門で最優秀賞の小山田優さんは「私のおじいちゃんやおばあちゃんに電話が来たらすぐに向こうから電話してほしい」と語った。岩倉利光署長は掲示板などに貼らせてもらって高齢者の方に注意喚起をしていきたいと語った。

オレオレ詐欺で現金をだまし取ろうとしたとして男5人が逮捕された。警察はグループが詐欺を繰り返し2億円をだまし取っていたとみて捜査している。5人は容疑を否認している。

情報処理推進機構はサイバー攻撃に対応するサイバーレスキュー隊を発足した。このレスキュー隊は、ネット上の情報の分析を行うなどして被害の拡大を防ぐとともに復旧を支援する。サイバーレスキュー隊の青木眞夫主任研究員は「具体的にどんな対策が必要かみていく」と話した。

小田急新宿駅の改札を通った乗客が相次いで紐に引っかかり、警視庁はイタズラ目的ではられたものとして調べている。

キーワード
岩倉利光署長
古本忠士容疑者
青木眞夫主任研究員
中区(横浜)
情報処理推進機構

エンディング (その他)
18:51~

「明日も暑くなりそうです。」と話した。

  1. 前回の放送
  2. 7月16日 放送
  3. 次回の放送