大相撲 夏場所 八日目

大相撲(おおずもう)は、日本相撲協会が主催する相撲興行。がっぷりと四つに組んだ力士同士の力が拮抗する取組。取り組みがおおよそ4分を超えると「水入り」になる場合がある。公益財団法人日本相撲協会が主催する大相撲(おおずもう)は、世界中で行われる相撲興行の中で、最も有名かつ権威のある競技興行である。東京での開催場所は国技館である(詳しくは国技館、国技#日本の国技を参照)。土俵に立つものおよび出場できるものは男性に限られる(見た目が男性であるゲイやトランスジェンダー、あるいは半陰陽に関する規定は無い)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年5月17日(日) 16:02~18:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
16:02~

オープニング映像。解説者などを紹介した。

関取訪問 (バラエティ/情報)
16:02~

練馬区にある峰崎部屋、唯一の関取である荒鷲を三瓶宏志アナが訪問。この日は塩ちゃんこを食していた荒鷲だが、日本での食事で一番好きなのはちゃんこ鍋だと話し、「おかみさんが作ると特別おいしい」「おかみさんはお母さんのような存在」「自分のことについて、おかみさんが話したほうが早いかもしれない」という。おかみさんは荒鷲について「すごくやさしい」「声を荒らげるようなことは絶対ない」と話した。

荒鷲は初土俵から所要68場所で新入幕、外国人力士では市場2番めに遅い入幕。幕下時代には肩の脱臼を10回ほど重ね、脱臼するたびにモンゴルに帰ろうと思ったが、格闘家であった父の顔をつぶすと思い留まった。寝る前に、モンゴルの子どもが食べる離乳食でまず体を大きくしたという。カーシャというその離乳食を試食した三瓶アナは「味がしない」「全部飲むのは大変ですね」と話した。荒鷲は現在140キロ、2年で22キロ増量した。

幕内昇進後、5年ぶりにアメリカに住む家族に会いに行った際、父は思った以上に喜んでくれたというが「もっと強くなって恩返ししたい」「お父さんの嬉し涙が見てみたい」「まずは相撲を頑張って、いい人がいたら結婚したい」などと話した。

荒鷲へのインタビューを振り返り、舞の海秀平は「シャイではにかみ屋さんという印象」と話した。カーシャを食べて体を大きくしたエピソードについて「軽量の力士は1キロでも増やしたいというのが切なる願い」「しっかりと着実に体重を増やしている。ここまで来れば負けても体重のせいにできない」などとした。

キーワード
練馬区(東京)
カーシャ
荒鷲

大相撲 夏場所 八日目(中継) (スポーツ)
16:09~

東【十両三】朝赤龍(4勝4敗)。西【前頭十四】旭天鵬(5勝3敗)。朝赤龍の寄り倒し。

幕内のきょうの取組を伝えた。

東【前頭十六】貴ノ岩(5勝3敗)。西【前頭十三】千代丸(2勝6敗)。貴ノ岩の寄り切り。

休場力士を伝えた。

東【前頭十二】荒鷲(0勝8敗)。西【前頭十三】富士東(1勝7敗)。富士東の押し出し。

東【前頭十五】常幸龍(2勝6敗)。西【前頭十二】豊響(3勝5敗)。常幸龍の突き落とし。

東【前頭十六】阿夢露(6勝2敗)。西【前頭十一】旭秀鵬(7勝1敗)。旭秀鵬の引き落とし。

新序出世披露の様子を紹介。

東【前頭十】勢(5勝3敗)。西【前頭十五】琴勇輝(6勝2敗)。琴勇輝の突き出し。

舞の海秀平の幕下現役時代の映像を振り返った。

東【前頭十四】嘉風(5勝3敗)。西【前頭十】隠岐の海(6勝2敗)。嘉風の上手投げ。

東【前頭九】誉富士(4勝4敗)。西【前頭九】遠藤(1勝7敗)。誉富士の押し倒し。

東【前頭十一】魁聖(7勝1敗)。西【前頭七】佐田の富士(2勝6敗)。魁聖のすくい投げ。

幕下上位、十両の結果を伝えた。

十両の取組をピックアップして紹介。

東【前頭六】臥牙丸(3勝5敗)。西【前頭八】高安(7勝1敗)。高安の寄り切り。

幕内のここまでの結果とこのあとの取組を伝えた。

逸ノ城-日馬富士の過去の取組を振り返った。

東【前頭八】豪風(3勝5敗)。西【前頭六】碧山(5勝3敗)。碧山の押し出し。

あすの十両、幕内の取組を伝えた。

東【前頭五】北太樹(2勝6敗)。西【前頭二】安美錦(3勝5敗)。安美錦のはたき込み。

東【前頭一】宝富士(5勝3敗)。西【前頭三】佐田の海(4勝4敗)。宝富士の小手投げ。

東【関脇】照ノ富士(7勝1敗)。西【前頭五】玉鷲(2勝6敗)。照ノ富士の小手投げ。

東【前頭一】栃ノ心(3勝5敗)。西【関脇】妙義龍(3勝5敗)。栃ノ心の突き落とし。

東【大関】稀勢の里(6勝2敗)。西【小結】栃煌山(3勝5敗)。稀勢の里の押し出し。

東【前頭四】徳勝龍(4勝4敗)。西【大関】豪栄道(5勝3敗)。豪栄道の下手投げ。

東【横綱】白鵬(7勝1敗)。西【前頭三】大砂嵐(4勝4敗)。白鵬の不戦勝。

東【前頭二】豊ノ島(3勝5敗)。西【大関】琴奨菊(4勝4敗)。豊ノ島の肩すかし。

東【小結】逸ノ城(2勝6敗)。西【横綱】日馬富士(7勝1敗)。日馬富士の寄り切り。

琴奨菊を破った豊ノ島にインタビュー。「きょうは左が入らなかったが思い切っていってよかった」などと話した。

幕内あすの取組と放送予定を伝えた。

キーワード
大砂嵐

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月17日 放送
  3. 次回の放送