静岡スペシャル 「ラグビーワールドカップ 熱戦の魅力!」

放送日 2019年9月19日(木) 2:30~ 2:58
放送局 NHK総合

番組概要

五郎丸歩が語るラグビーワールドカップ (バラエティ/情報)
02:30~

主将のリーチマイケルについて、五郎丸歩さんは「本当に彼は苦労したと思う」と、15歳でニュージーランドから札幌山の手高校に留学し、2013年には日本国籍を取得するなどしたリーチの半生を振り返った。リーチは主将として、海外選手の文化や考えも理解しながら、日本人の大事にしているところも知っている、チームの架け橋となるかけがえのない存在だという。

「ラグビーワールドカップ」の番組宣伝テロップ。

NHKラグビーテーマソング:ECHO/Little Glee Monster

キーワード
リーチ マイケル
札幌山の手高校
ECHO
Little Glee Monster

オープニング (その他)
02:31~

オープニング映像。

元ラグビー日本代表の小野澤宏時、スタジアムで観戦するなどラグビー好きの吉木りさ、後藤キャスターが挨拶。

キーワード
ラグビーワールドカップ2019
ラグビーワールドカップ2015

ラグビーワールドカップ 熱戦の魅力! (バラエティ/情報)
02:33~

スタジオではラグビーワールドカップ2019の日程、出場国をおさらい。出場する20チームは5チーム毎に4プールに割り当てられ、各プールの上位2チームが決勝トーナメントに進出する。日本は世界ランク1位のアイルランド、7位のスコットランドと同じプール。吉木りさは前回のワールドカップで日本が敗北したスコットランドにリベンジして欲しいと語った。

後藤キャスターはラグビーの基本情報としてポジションについて説明。フォワードは8人、バックスが7人で、前者は激しいプレー、後者の選手は得点に絡む。小野澤は現役時代、バックスの左ウイングで活躍した。五郎丸歩はフルバックの選手で、相手の攻撃を食い止めたり、キックで得点に絡んだ。小野澤曰く、今の日本代表は史上最強と謳われ、お家芸である細かいパスワークにキックの多用という戦術、フィジカル面も強化。小野澤が注目するのは福岡堅樹で、健脚を持ち、リスクあるプレーもこなす。吉木りさが挙げたのはフォワードの姫野和樹。日本人離れしたフィジカルを持つ他、社会人1年目で日本代表に選ばれるなどスター街道まっしぐらの逸材だという。日本代表は開幕戦でロシア、エコパスタジアムでアイルランドと相まみえる。

静岡・葵区にある店では「実は簡単!ラグビーの楽しみ方」という会が毎週開かれていて、ワールドカップ出場国の料理の楽しめる。会を主催するのが店長の大橋永義さんで、来店客にラグビーの面白さを紹介するために資料を用意したり、映像と共に解説してくれる。戦いの前の儀式は「War Cry」と呼ばれ、味方の団結力を高めつつ、相手を威嚇する。ニュージーランド代表の「ハカ」で有名。大橋さんによると、ハカを行う選手だけでなく、見る側の選手の反応も面白いという。他にも出場国の国歌を覚えることで、敵味方もない、ノーサイドの精神を培えるとか。

ラグビーの楽しみ方を質問された吉木りさはスタジアムに足を運び、ラグビー好きのファンから情報を収集していたといい、「熱くなって解説してくれた」と振り返った。

静岡県ではワールドカップを一過性のイベントにせず、大会後もラグビーを根付かせようとしている。20人の高校生たちは試合が行われるエコパスタジアムを訪問したり、静岡で開催される意義について学んでいる。清水南高校ラグビー部で副キャプテンを務める白井僚真さんは上記の20人の1人で、ラグビーの魅力が理解されないことを気にかけてきた。研修会ではワールドカップを盛り上げるための広報誌に掲載する内容のアイデアを出した。また、ワールドカップでは日本戦を観戦する他、他国との試合ではボールボーイを務める。日本ラグビーの未来はワールドカップの成功にかかっているという。

小野澤宏時は静岡にラグビーが少しでも根付けばと期待を寄せ、イベントも開催しているということで吉木りさも招待した。

吉木りさは「日本でラグビーワールドカップが開催されるのは一生に一度かもしれないので、日本の皆さんと日本チームを応援したい」と語った。ラグビーワールドカップの開催はまもなく。

NHKラグビーテーマソング:ECHO/Little Glee Monster

キーワード
ラグビーワールドカップ2019
五郎丸歩
福岡堅樹
姫野和樹
葵区(静岡)
War Cry
エコパスタジアム
静岡県立清水南高等学校・中等部
白井謙伍さん
秋葉山公園
清水区(静岡)
ECHO
Little Glee Monster
  1. 前回の放送
  2. 9月19日 放送