FIFAワールドカップ ハイライト 2018FIFAワールドカップ デイリーハイライト

放送日 2018年7月3日(火) 22:25~23:10
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
22:25~

オープニング映像。

BGM:2018NHKサッカーテーマ Suchmos「VOLT-AGE」

今日は試合内容や日本代表選手の声などを伝える。番組で応援メッセージを募集していると伝えた。

キーワード
Suchmos
VOLT-AGE
#サッカーみたいNHK
特設サイト

2018FIFAワールドカップ デイリーハイライト (バラエティ/情報)
22:26~

決勝トーナメント1回戦 日本vs.ベルギーのハイライト映像。

追い詰めたが何が足りないのだろう、3点目を取れるチャンスはありゲームコントロールできた時間帯もあったが本気のベルギーがあったと西野監督が話した。

2-0までは良いゲームだったがそこからの試合運びが甘かったと長谷部が話した。

日本を称賛する、試合運びびは完璧だったとマルティネス監督がコメント。

E.アザール選手は、とても厳しい試合だったが諦めなかったことが勝利につながった、今日の自分たちのプレーを誇らしく思うと話した。

早野は勝ててもおかしくない試合だった、ベスト8の経験が足りなかっただけと話す。サッカーの自主性が出たため次への目標が明確になったとした。90分の間、怖気づかず戦い続けることを次も続けられるかが重要とも。アディショナルタイム、3点目を取られた際の映像を紹介。最後の最後にベルギーの早い攻撃があり、それを抑え続けられたことは日本の功績とした。選手が相手と向き合いサッカーをしようという自主性を持てたため2点取れた、ある程度対応出来ていたため悔しいとした。

原口は、良いチームになっていたからこそ上に行きたかったがW杯が終わってしまった寂しさがあると語る。

乾は、信じてくれていたファンらや出場できなかったメンバーにには申し訳ない気持ちがあると話した。

昌子は、悔しい意外イマイチ覚えていない、悔しい思いをしてまでなぜサッカーをしているのだろうと思う、一生忘れないと語る。

長友は、プラン以上の2点を取れて一瞬夢を見たが甘くなかった、世界のレベルを学んだと話した。

柴崎は、思った以上に大きな魚、ベルギーとは少しの差ではないことを痛感したスコアと語る。

川島は、受け入れるのは難しいがこれが本当のサッカー、壁が自分らに力を与えてくれると話した。

酒井は、良い試合をしたというだけでは強さを照明出来ない、個々が厳しく追求するべき場所。可能性は示せたと語る。

吉田は、優勝候補に良い試合をしたという美談で終わらせるのではなく、現実的に次に向け課題を見つめ直し4年後に備えたいとかたった。

香川は、3度目の挑戦でも壁を登れなかったのは悔しい、現実を受け止めまだまだ足りない部分をもっとレベルアップするしかないと話した。

本田は、W杯優勝という自身の目標を達成出来ず3回目のW杯が終わる、次の世代にバトを渡し優勝を目指す若い世代に期待したいと話した。

武藤は、自分のちからのなさが浮き彫りになった、今のベテラン選手が抜けた後下の選手が後を担わなければならないと話した。

大迫は、ここで勝てるチームを目指さなければならない。これをベースに質・量を増やすことでチャンスが見えるのではとした。

運が悪く負けたという選手がおらず、日本人の強さを感じたとスタジオでコメント。メンタルを強く持ち、勝ちに執着すべきとした。直前で監督交代があった今大会は日本代表にとって、選手の自主性を尊重することの効果がでていたため継続してほしい、若い選手はそれを受け継いでほしいなどと語った。

決勝トーナメント1回戦 ブラジルvs.メキシコのハイライト映像。

ネイマールは、チームメイトを褒めたい、苦しい場面を乗り越えた。メキシコは優秀で試合は厳しかったが力を発揮出来たとコメント。

ブラジルは7大会連続ベスト8進出を決めた。1次リーグから安定感が増しており余裕があったなどとコメント。ネイマールの1点目が攻撃のスイッチだとも。

ネイマールを起点とし、仕掛けにディフェンダーが対応し守備が翻弄されたと話す。ネイマールとウィリアンがポジションを入れ替わっている。

W杯の通算得点を一覧で紹介。ブラジルが単独トップに立った。これまでの大会の優勝回数が多い国。次試合はカズミーロが累積警告で出場出来ないがフェルナンジーニョが出場する。メキシコは7大会連続で決勝トーナメント敗退。

決勝トーナメント表を紹介、トーナメント表を見た早野氏は「開催国のロシアが残ると大会が盛り上がる」などとコメントした。

2018FIFAワールドカップ デイリーハイライトの映像。

きょうの1枚は、日本対ベルギーの試合終了直後の写真。香川選手にエデン・アザール選手が手を差し伸べた瞬間を選んだ。

今夜の注目の紹介。コロンビアは怪我をしているロドリゲスの出場は微妙だがファルカオを中心とした攻撃は上り調子、2大会連続のベスト8へ準備は整っている。対するイングランドはケインが1次リーグ5得点をあげチームを牽引する。イングランドが優勝国と予想する橋詰氏は「攻撃陣が好調、層が厚い」などとコメントした。

コロンビアvsイングランドの告知テロップ。

今大会でキャプテンを務めた長谷部誠選手が日本代表を引退すると表明した。

キーワード
昌子源
乾貴士
原口元気
長友佑都
柴崎岳
川島永嗣
吉田麻也
香川真司
本田圭佑
武藤嘉紀
ネイマール
ウィリアン
カゼミーロ
フェルナンド・ルイス・ローザ
2018FIFAワールドカップ
香川選手
エデン・アザール選手
ロドリゲス
ファルカオ
Ju.クアドラード
ケイン
長谷部誠選手

エンディング (その他)
23:09~

エンディングトークでは選手達があさって帰国予定と報告した。

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月3日 放送
  3. 次回の放送