ドキュメント72時間 「東京・阿佐ヶ谷 金魚の池のほとりには」

ドキュメント72時間(ドキュメントななじゅうにじかん)は、NHK総合テレビで放送されているドキュメンタリー番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年7月5日(金) 22:50~23:19
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
22:50~

今回は東京・阿佐ヶ谷の住宅街にある小さな釣り堀に密着する。

キーワード
阿佐ヶ谷(東京)

東京・阿佐ヶ谷 金魚の池のほとりには (バラエティ/情報)
22:50~

5月26日から密着スタート。受付で2人の男児が金魚を釣ったと話していた。ここは金魚専門の釣り堀だという。エサと釣り竿一本で1時間600円で、大正時代から続く老舗の釣り堀だという。50年やっているという男性がおり話を聞いた。男性はおでんの串を利用して釣り道具を自作しており、金魚釣りの師匠として崇められているという。他にも毎週末通い続けているという男性や10年通う男性、金魚釣りにハマっている保育士の女性、リフォーム業をやっているという男性、

5月27日。朝から金魚釣りをやっている男性に話を聞いた。男性は客が少ない月曜日の午前中を選んでやってきているという。男性は自分で作ったエサで釣りをしており、暇つぶしと楽しみを兼ねていると語った。他にも仕事の合間に釣りに来ている男性もいた。夕方になると運動会の振替休日のためやってきた男児がいた。男児は生き物が好きで海洋生物学者になりたいという夢があるという。

5月28日。開店早々にやってきた男性に話を聞いた。男性は美容師で、一日中仕事場にいるので外の空気を吸いたいと思いやってきたという。その後、奥さんも遅れて合流した。2人で通い続けて10年にもなると語った。受付でこの釣堀の昭和40年当時の様子を写真で見せてもらった。当時は倍以上の広さで連日賑わっていたという。釣り堀の一番の古株の男性は病気で釣りができないので、釣り道具を託すために釣り堀を訪れているという。また一組の親子が訪れて釣りをしていた。そこで隣の常連さんから金魚をもらうなどのやり取りがあった。

テーマ曲:松崎ナオ

5月29日。最後に出会ったのは週4で通っている常連さん。男性は最初は2時間で2匹しか釣れなかったことを悔しく思い、それから通うようになったという。

テーマ曲:松崎ナオ

キーワード
阿佐ヶ谷(東京)
松崎ナオ

エンディング (その他)
23:18~

エンディング映像。

NHKオンデマンドの宣伝テロップ。

次回予告が報じられた。

キーワード
NHKオンデマンド

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月5日 放送
  3. 次回の放送