ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ! 【ミステリー・食べ物名字半島】

放送日 2019年4月18日(木) 19:57~20:42
放送局 NHK総合

番組概要

ミステリー・食べ物名字半島 (バラエティ/情報)
19:57~

愛媛県愛南町にある由良半島は、松山市から県道を走らせること2時間半で到着した。島民に話を聞くと、ほとんどの人が魚に関する名字で、300m離れた集落では漁の道具の名前、500m離れた隣の集落では野菜の名字を持つ人が多かった。今回はこの集落のミステリーを追う。

キーワード
愛南町(愛媛)
由良半島

オープニング (その他)
20:00~

オープニング映像。

ミステリー・食べ物名字半島 (バラエティ/情報)
20:01~

今回の特集はゲストのウド鈴木さんは実家が農業をやっていて繋がる何かがあり、そして河北さんは父親が愛媛県今治市出身なので、愛媛の事をもっと知れるという。愛媛県南部に愛南町があり、その上が由良半島という。その半島の1番南から魚、漁具、作物の名字が並んでいる。由良半島は明治初期まで陸路がなかった行きづらい場所で、交易の場所だったという。ちなみに、鈴木の名前は魚ではなく稲わらを積んだものが由来だという。

なぜ、隣り合う集落でレア名字が集まったのか島民に話を聞くと、一帯の山と畑をもっていた「浦和盛三郎」が名字をつけたという。慶応2年、盛三郎は宇和島で学問と剣術を学んでいるとイギリス艦隊がやってきて、馬鹿にしてきた。盛三郎はイギリス艦隊に「我、南海僻隅の痴蛙なれど」と言って対抗した。この言葉の意味は南海の遠く離れた井の中の蛙だけど境遇に決して負けない決意があらわれていた。それから盛三郎は26歳の時に由良半島に戻り、江戸時代から時をとまったこの場所を名字で改革しようとした。

4代前の浦和家が半島に流れ着いて開拓を始めたので、山や畑を持っていた盛三郎は明治25年に亡くなったが、名字改革でその後も持続的に漁獲高が右肩上がりに上がっていたという。遡ること明治5年、戸籍法が編成されて国民全員が名字を登録していた。由良半島では様々な種類の魚が獲れていたが、当時は小型の魚を生活に必要な分だけ獲っていた。当時は内陸に繋がる道路がなく、輸送に時間を要して魚の出荷に加工が必要だった。そこで盛三郎は、水産加工場をつくって大型の魚でも加工できる施設をつくり、流通するように船会社も経営していた。

浦和盛三郎は棟梁や建築年月日を示す、魚類製造家屋の棟札をみると名字でとる魚を増やして集落が豊かになる道筋を示した事が判明した。海外では名字に食べ物の名前をつけるのは珍しく、お肉に称号をつけた例はあった。盛三郎は大きい魚を獲るために漁具名字もつけたが、農業に適していない由良半島でなぜ、野菜の名前がついたか疑問が残った。

由良半島の石垣をすすみ、1枚の写真を見ると平地が少ない半島での農作業は大変だったことが判明した。明治5年、盛三郎は名字を決める人を集めた。集落では焼酎などの原料になる芋や麦を畑で作っており、新たな野菜を作るようにすすめて大根などの名字を名付けた。盛三郎は季節ごとに違う野菜を植えていけば土地が痩せるのを防ぐことができ、持続可能な農業ができると考えて実践した。盛三郎は平地での大変な農作業を少しでもやる気づけるため、作物の名字を名付けて石を投げ、自分自身のためにいい物を作るように農民を奮起させていた。この景色は昭和30年代まで続いた。他にも盛三郎は、明治5年に小学校の制度が確立した時に自分で小学校を設立し、税金も貧しい人からも徴収して公共サービスを確立させていた。

由良半島で穫れる幻の魚と呼ばれ、養殖が困難とされている「スマ」や、色鮮やかな殻がついている「ヒオウギ貝」をそれぞれ番組出演者はいただいた。

由良半島の内浦湾で穫れるスマは、生態がよく分かっておらず珍しいので本マグロと同等な値段で取引されるという。スマは2年以内に養殖して全国に流通する見通しとなっている。このように新しい事に挑戦するスピリットは、地元の内海中学校でも受け継がれていた。愛南町では「ぎょしょく」教育を推進しており、魚の職業などを学んでいる。そして、浦和盛三郎のご子孫である加藤さんは、魚類製造家屋の蔵の錠前を見せてくれた。加藤さんは盛三郎の存在が薄くなった今、盛三郎の事を伝えていきたいという。

由良半島を帰るのが名残惜しく、スタッフが立ち寄ったのはカラオケが開催されていた公民館だった。公民館にいた人々は歴史上で因縁があった吉良さんと浅野さんなど、明治時代に和尚さんが「強い集落」にと戦国大名の名前にしたという。

キーワード
愛南町(愛媛)
由良半島
浦和盛三郎
内海支所
ヘンリー8世
サーロイン
ヒオウギ貝
スマ
内浦湾

エンディング (その他)
20:41~

エンディング映像が流れた。

NHKオンデマンドで配信のテロップ。

キーワード
NHKオンデマンド
  1. 前回の放送
  2. 4月18日 放送
  3. 次回の放送