ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ! 【レア名字の謎SP】

放送日 2019年2月21日(木) 19:30~20:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

オープニング映像が流れた。

今日は日本列島「レア名字」の謎に迫るので、各地のレア名字をいくつかピックアップした。例えば京都府は「舌」で、坂下さんも京都出身だという。

レア名字の謎SP (バラエティ/情報)
19:32~

富山県の新湊にやってきた銀シャリの2人は「海老」や「酢」といった食べ物の名字ばかりを発見した。この名字は江戸時代、海運ルートで食べ物を新湊で経由して北海道や大阪に運ばれていったことに由来している。食べ物を扱った人がそのまま、食べ物を名前を名乗ったという。

「室井」という苗字は、栃木県北部と福島の会津に集中して日本の半数近くが固まっているという。「室井」姓はビジネスチャンスを求めて富山に移ったとみられている。

愛媛に神がかった名字が多い謎について迫る。1988年、春の選抜決戦では明神と薬師神の2人の神の名字を持つ選手の活躍で、宇和島高校が初優勝した。この明神と薬師神は神社やパワースポットが多い愛媛ならではのレア名字だった。他にも、ロンドン五輪で最高齢で馬術に出場した「法華津」の名字を持つ馬術選手もいた。宇和海をおさめていた水軍だった「法華津」の名字は、命の危険を感じる海で仏様に縋ろうとしていたことから由来しているという。そもそもの愛媛県は、神様の名前から由来していた。

田中さんが出身の大阪のレア名字は「谷」が多く、坂下さん出身の京都のレア名字は「道」が多いという。

目立ちたがりの大阪、奥ゆかしい京都という県民性を探るためにまずは大阪府泉佐野市にやってきた。大阪では淡路谷など「谷」の名字がやはり多く、昔は屋号の「屋」を使っていたという。例えば大工だと「番匠谷」を名乗ったり、取引先の「淡路谷」を名乗る人もいた。職業を名字にすることで自己PRしていた大阪人は目立ちたがりだと紹介されていた。

冷泉為人さんは冷凍小路という通りに屋敷があったので、この名前を名乗ったと教えてくれた。このように通りの名前をつけていたのは庶民で、例えば塩を売っている人が通る道は「塩小路」などと名乗っていた。貴族の人たちが何に配慮したらいいのかという、奥ゆかしさから通りの名前をそのまま継承したという。大阪は明治で戸籍を登録する際に「谷」の字を「屋」に変えたという。

岩手のレア名字「躑躅森」は日本一画数の多いレア名字で、54画もあるという。この名字は岩手県雫石町に20名ほどいるという。テストの時に名前を書くと取り掛かるなど苦労の多い「躑躅森」姓の由来は、冬が厳しくツツジが咲く春を待ち望んでいる事から来ていた。他にもこの地域では、家の近くに美しく咲くサクラがあったことからつけられた「櫻小路」や「櫻糀」の名字もあった。このように、サクラのつく名前は東北に多い名字だという。

鹿児島のレア名字は、縁起の良い1文字名字が多いという。実際に奄美町役場をたずねると、12人中8人が1文字名字だった。これには、江戸時代に薩摩に支配されていた奄美が名字を1文字にする取り決めがあった。当時、中国と貿易をしたかった薩摩だったが、中国は琉球のみと取引をしていた。そのため、琉球と近い奄美を同じ地域と思わせるために、1文字名字にしたという。強制的に名乗らせた薩摩藩は島民に黒糖地獄という、年貢も強要させた。奄美出身のミュージシャンの中さんは、地元の島唄には奄美の人々の苦しい気持ちが描かれているという。薩摩藩の圧政は明治時代に終わり、奄美の人々は希望をこめるために縁起の良い1文字名字にしていた。

薩摩藩は地方にいる豪族を頻繁に配置換えし、豪族たちの力をそごうとしていたとみられている。地元に根づいているのは何かあった時、怖かったので鹿児島には3文字名字もいたという。

所さん!大変ですよの番組宣伝。

キーワード
新湊(富山)
春の選抜
ロンドンオリンピック
愛媛県
古事記
泉佐野市(大阪)
京都府
雫石町(岩手)
ツツジ
奄美大島(鹿児島)
  1. 前回の放送
  2. 2月21日 放送
  3. 次回の放送