日本水泳 こんやの注目! 第4日

放送日 2018年4月6日(金) 16:20~16:50
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
16:20~

オープニング映像。

日本水泳 こんやの注目! (バラエティ/情報)
16:20~

第94回日本水泳選手権の番組宣伝。

きょうから「第94回日本水泳選手権」の後半戦が始まる。解説はシドニー五輪代表の萩原智子さんも交えて行う。きょうの準決勝と一部決勝は6時からBS1で、決勝は総合で7時30分から放送することなど伝えた。きょうの萩原さんの注目は「男子200m個人メドレー がむしゃらに!」「男子200mバタフライ戦国時代!19歳の挑戦」「女子50m自由形 進化と刺激」。

第94回日本水泳選手権の番組宣伝。

第94回日本水泳選手権男子200m個人メドレーは萩野公介が最も得意とする種目。今年勝った場合は大会7連覇に。萩原さんによると、今大会は調子が悪いそうで、初日の400m自由形は2位に終わり、代表権を獲得できず。翌日の200m自由形は棄権しているという。

男子200mバタフライは、今日のレースが世界に通じる高いレベルになるという。萩原さんが注目するのは19歳の幌村尚選手。現在早稲田大学生で、大学を卒業した先輩に当たる坂井選手、瀬戸選手を追いかける立場にある。幌村選手は昨年、坂井選手と一緒に練習をしたいということで大学に進み、昨年1年は寮生活も共にしたという。世界のトップ選手が隣りにいて練習ができるという最高の環境の中、大きく成長したと萩原さんはコメントした。この3人が出場した昨日の準決勝を振り返る。

今夜6時からの準決勝、7時30分からの決勝の放送予定を伝えた。小関也朱篤選手は今日の200m平泳ぎ予選で15位となった。飛び込んだ瞬間に足が攣ってしまったという。渡辺一平選手は2位通過となった。背泳ぎの入江陵介選手はリラックスした泳ぎがみられたという。長谷川涼香選手は世界を見据えた泳ぎに期待。

第94回日本水泳選手権の番組宣伝。

第94回日本水泳選手権男子200m個人メドレーにの萩野公介ついて萩原は「すべて吹っ切れた泳ぎ。彼が一番得意とする背泳ぎはバサロキックを使いスピードに乗って泳げていたテンポもものすごくよく、クロールもちょっと余裕を残す感じで泳いでいた」など述べた。萩野が7連覇を取るポイントについては「がむしゃらに!」「いまは調子が悪く弱音を吐くところがあるがそれでいい。金メダリストだから強いじゃなく、かっこ悪くてもいいので何が何でも代表権を取るんだという強い気持ちを持ってせめて貰いたい」など述べた。女子200m注目の大橋悠依については「昨年の大学4年生から日本代表入りした遅咲きのスイマー。なめらかな柔らかい効率のいい泳ぎをする。背泳ぎは水によく浮いていてすばらしい技術を持つ。日本代表権の内定を持っていて、そういう意味では気持ち良く200m個人メドレーを進めますね」など述べた。200m個人メドレー決勝は女子が夜7:15ごろ、男子は夜7:23ごろ開催。

昨日行われた男子200mバタフライ 準決勝。第1組レースは5レーンが坂井聖人、リオ五輪の銀メダリストで去年のこの種目で優勝した。瀬戸大也は6レーン。100m地点では1位に梅本、2位坂井、3位瀬戸となった。残り50mで坂井が梅本と入れ替わりトップに立ったが、瀬戸が逆転。1位が瀬戸で1分55秒77、2位坂井、3位梅本でゴールした。第2組には3レーンが幌村、4レーンが矢島。100m地点で先頭は矢島、2位に幌村が続いている。矢島に比べ幌村は上下動が少なく、手の位置も水面ギリギリのところを捉えている。150m地点で幌村がトップに立ち、矢島とトップ争い。結果1位は矢島1分55秒67、2位幌村、3位寺田でゴールした。

第94回日本水泳選手権の番組宣伝テロップ。

第94回日本水泳選手権男子200m個人メドレーでは萩野公介が首位。2位は竹内、3位は藤森太将。

第94回日本水泳選手権の番組宣伝テロップ。

池江璃花子選手について。今回は下半身の強化がうまくいき、質力が上がりスピードが出たとのこと。心身ともに好調なのが泳ぎや肌ツヤからわかるという。

昨日行われた池江璃花子選手の女子50m自由形を振り返る。途中までは日本記録を上回るペースだったが24.75秒でフィニッシュした。

池江璃花子選手の泳ぎについて。まだ7~8割の泳ぎだという見解。途中で1回呼吸を入れていたが、決勝ではおそらく入れないとのこと。女子50m自由形の決勝のスタートリストが紹介された。決勝でのポイントは「進化」と「刺激」。他の選手にも刺激を与えているという。男子の注目は中村克選手。少し力を抜く泳ぎにしていて、水を押す力に集中している泳ぎ方に変えているという。

萩原さんは「坂井選手は切れのある泳ぎになった」とコメント。瀬戸選手は横を向いて呼吸をするなど、余裕のある泳ぎをしているとのこと。幌村選手はスイマーとしては少し小柄の170cmだが、水の抵抗を受けにくい大きな動きができているという。矢島選手は今大会好調でベスト記録を出している。

キーワード
第94回日本水泳選手権
シドニー五輪
日本水泳選手権
萩野公介
幌村尚選手
平井コーチ
早稲田大学
坂井聖人
瀬戸大也
松本
竹内
藤森
リオオリンピック
藤森丈晴
池江璃花子
溝畑
梅本
大橋悠依
今井月
寺村美穂
幌村尚
矢島
中村克
塩浦選手
小関也朱篤
渡辺一平
入江陵介
長谷川涼香
矢島選手
幌村選手
寺田
明治大学
  1. 前回の放送
  2. 4月6日 放送