ピョンチャンオリンピック ◇スピードスケート 女子1000m(中継)

放送日 2018年2月14日(水) 19:30~20:50
放送局 NHK総合

番組概要

ピョンチャンオリンピック (バラエティ/情報)
19:30~

ピョンチャンオリンピック NHK放送テーマソング:サザンカ/SEKAI NO OWARI

杉浦友紀らの挨拶。スピードスケート女子1000mは今前半が終わってトップはオランダのイレイン・ブスト選手。上村愛子は「3人とも頑張って欲しい」などと話し、このあとの予定を伝えた。10組に郷亜里砂、14組に高木美帆、15組に小平奈緒が出場する。

スピードスケートで金メダルが期待されている小平奈緒。小平奈緒の飛躍の舞台裏を探った。小平奈緒の滑りの軌跡とスピードの推移を示したグラフをみると、強さの秘密はトップスピードに達するまでの速さにあった。3年前と今シーズンの滑りを比較した。トップスピードになるのが3年前と比べると100mも手前になっていた。ソチ五輪に小平は前傾姿勢のフォームで挑んだが5位だった。オリンピックの2ヶ月後小平は単身、オランダへ渡った。するといきなり自分のフォームを否定されたオランダ選手と比べると前かがみになりすぎているため、もっと状態をおこし足を大きく動かすようアドバイスを受けた。小平はオランダ流のフォームを自分流に取り入れようよ思考錯誤を積み重ねた。帰国しオランダで学んだ事を下地に究極のフォームを模索した。カーブを曲がる時に骨盤が斜めに傾く欠点がわかった。そこで骨盤周辺の筋肉を片方ずつ鍛えた。オリンピックシーズン最初のレースで国内最高記録をたたきだした。

上村愛子は「強くなるために最善の選択をしてるなというのを感じました」などと話した。1500mで銀メダルを獲得している高木美帆、そのうらにはある転機があったという。

スピードスケーター 高木美帆を紹介した。高木美帆が一躍有名になったのは2010バンクーバー五輪。15歳で出場し1000mでは最下位、1500mでは23位だった。ソチ五輪では代表に落選してしまった。そんな時高木は「今の自分がオリンピックに出ても何もできない、もっと真剣になって向き合わなければならないところで逃げていた」ということに気づいた。逃げずに戦い抜くと誓った4年間、その努力が実りW杯1500mで4連勝した。

上村愛子は「金メダルを撮るために努力してきていると思うので1000mものすごく良い滑りをしてくれるんではないでしょうか」などと話した。1000mは早いスピードをどれだけ維持できるかがポイント。1分14前半くらいで走るとメダル争いに入れるという。

キーワード
サザンカ
SEKAI NO OWARI
イレイン・ブスト
小平奈緒
高木美帆
ソチ五輪
信州大学
バンクーバー五輪

スピードスケート 女子1000m(中継) (スポーツ)
19:44~

スピードスケート 女子1000m 9組の中継。

スピードスケート 女子1000m 10組の中継。

スピードスケート 女子1000m 11組の中継。

スピードスケート 女子1000m 12組の中継。

スピードスケート 女子1000m 14組の中継。

スピードスケート 女子1000m 13組の中継。

スピードスケート 女子1000m 15組の中継。

試合後の様子を伝えた。金メダル、ヨリン・テルモルス、銀メダル、小平奈緒。銅メダル、高木美帆となった。

高木美帆のインタビュー。高木美帆は「体の状況で自分が想定していた以上のレースをすることができたので、そこは1500以上に自分を褒めてあげたい」などと話した。

試合後の様子を伝えた。金メダル、ヨリン・テルモルス、銀メダル、小平奈緒。銅メダル、高木美帆となった。日本勢が2つメダル採ったはアルベールビルオリンピック以来。女子がスピードスケートで複数の選手がメダルで表彰台にあがるのは初めて。

セレモニーと表彰式の様子を伝えたを伝えた。金メダル、ヨリン・テルモルス、銀メダル、小平奈緒。銅メダル、高木美帆となった。

小平奈緒のインタビュー。小平奈緒は「今日はとにかく順位とかメダルよりも、氷としっかり対話して、自分の好きなように氷を味わおうと思って滑りました。もう一段高いところで2人で並べたら最高だったんですけども。自分の得意な500mにしっかり集中していきたい」などと話した。

郷亜里砂のインタビュー。郷亜里砂は「このタイムが自分の実力かなと思うので500mに繋がるレースがしっかりできたかなと思います」などと話した。

キーワード
平昌オリンピック

ピョンチャンオリンピック (バラエティ/情報)
20:35~

スピードスケート 女子1000m。銀メダル、小平奈緒。銅メダル、高木美帆となった。上村愛子は「もうしびれました」などと話した。

スピードスケート 女子1000m、高木美帆と小平奈緒のハイライト。

スピードスケート 女子1000mの結果を伝えた。金メダル、ヨリン・テルモルス、銀メダル、小平奈緒。銅メダル、高木美帆となった。郷亜里砂は13位だった。スピードスケートの放送予定を伝えた。小平奈緒、郷亜里砂は18日女子500mに出場。高木美帆は19日女子団体パシュート予選に出場する。

スノーボード男子ハーフパイプのメダルセレモニーの映像。平野歩夢は銀メダルを獲得した。金メダルはショーン・ホワイト

平野歩夢は「4年に一度の大会だけあって、感動というか、ここで改めてまたオリンピックを実感できた。ソチより重い感じがします。すべての人にただただ感謝してます」などと話した。

杉浦友紀がショーン・ホワイトに突撃インタビュー。ショーン・ホワイトは「いつだって金を取るのは大変だ。決して簡単なことではないし重みも変わらない。ソチ五輪では残念なパフォーマンスだったからどうしても金を取りたかった。歩夢が1440をやったのは僕に抵抗するためだと思うよ。歩夢がやってるのを見たことで自分もやるというモチベーションが生まれた。歩夢にはライバルとして自分を後押ししてくれたことに感謝している」などと述べた

杉浦友紀は「ショーン選手は時間がないのにたくさんしゃべってくれて、精神的にも人格者なんだなって思いました」などと話した。ノルディック複合で渡部暁斗選手が銀メダルに輝いた。今日までに銀メダルが4個、銅メダルが3個になった。

キーワード
平野歩夢
ショーン・ホワイト
渡部暁斗

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月14日 放送
  3. 次回の放送