ピョンチャンオリンピック デイリーハイライト

放送日 2018年2月13日(火) 22:30~ 0:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
22:30~

「いくぜ!ピョンチャン NHK」のスポット映像。

オープニング映像。

キーワード
NHK
ピョンチャンオリンピック
ピョンチャンパラリンピック

ピョンチャンオリンピック デイリーハイライト (バラエティ/情報)
22:30~

酒匂飛翔らが挨拶。本日は放送枠を伸ばして放送すると伝えた。ゲストとして百田夏菜子さんや岩垂かれんさん、浅田舞さんを紹介した。

「フェニックススノーパーク」で行われたスノーボード女子 ハーフパイプ決勝のハイライト映像。1位はクロエ・キム、2位は刘佳宇、3位はアリエル・ゴールド。日本代表として出場した松本遥奈は6位、冨田せなは8位だった。

競技後の冨田せな選手のインタビュー映像。冨田選手は「緊張したけど楽しめたので良かった」など話した。

競技後の松本遥奈選手のインタビュー映像。松本選手は「ここまできたならやるしかない」と試合の心境をなど話した。

スノーボード女子 ハーフパイプ決勝を振り返りトーク。優勝したクロエ・キム選手について「惚れ惚れするような演技だった」「凄いとしか言いようがない」など話す。また、競技前に優勝したクロエ・キム選手が攻めの滑りをするとは思わなかったと岩垂かれんと述べた。

日本勢の滑りについて松本選手はとても調子が良さそうで、大会で初めて決めた技があったなど話す。冨田選手について現在18歳で、今大会が初めてで良いルーティンを決めることが出来たのではと話した。

男子スノーボードで注目される平野歩夢選手。初日から「ダブルコーク1440」という大技を披露していた。平野選手はW杯で2回優勝する活躍をしている。しかし、大技にはリスクが伴っている。加子には「左ひざ靭帯 損傷」し3ヵ月の重体となったこともある。一時恐怖に悩まされていた事もあったが歩みを止めず練習ができない間も動画をみるなどした。

さらに平昌オリンピックに向けて平野選手は秘策を用意していた。その秘策が披露されたのは先月開催の「Xゲーム」で4回転ジャンプを2連続決めた。得点は99点、会場を驚かせた。平野歩夢選手は「全開でパフォーマンスしてもそれを上回る滑りを常に目指している」と意気込みを語った。

フェニックススノーパークにて行われたスノーボード 男子ハーフパイプ予選のハイライト映像。予選1位はショーン・ホワイト選手、2位はスコッティ・ジェームズ選手、3位は平野歩夢選手、5位は片山來夢選手、10位は戸塚優斗選手。13位の平岡卓選手は予選敗退。平野選手は「予選なので、まだ出していない技も決勝にとりだめているので、決勝では自分ができるすべてを本番で出せればいい」と語った。

岩垂かれんは平野歩夢選手の予選の滑りについて、「まだまだ技をだしてない。予選なので、確実に決めれる技をまずやってきていると思います。」とし、予選トップ通過のショーン・ホワイトについては「彼も隠している技があります。決勝は3本あるので、最初から攻めてくるのか守ってくるのか楽しみです。」と述べた。

「ピョンチャンオリンピック スノーボード 男子ハーフパイプ 決勝」の番組宣伝。

きょう行われたメダルセレモニーの様子を紹介。スピードスケート女子1500mの高木美帆選手が銀メダルを、フリースタイル男子モーグル原大智選手が銅メダルを、スキージャンプ女子ノーマルヒル高梨沙羅選手が銅メダルを手に、笑顔を見せた。

ソルトレークシティーオリンピックのショートトラック男子1000m決勝を振り返る。5人のうち4人がゴールライン直前に転倒。少し離れていた選手が金メダルを獲得した。選手たちは考えながら滑っているが、運も勝敗を分けることとなる。

カンヌンアイスアリーナにて行われた、ショートトラック男子1000m予選と5000mリレー予選のハイライト映像。1000mで転倒した坂爪亮介であったが、一緒に転倒した相手選手の反則となり、救済措置で準々決勝へ進んだ。また、吉永一貴も準々決勝進出。渡邊啓太は予選敗退となった。5000mリレーでは日本は転倒、順位決定戦にまわることとなった。

予選で惜しくも転倒してしまったショートトラック男子5000mリレー。勅使河原郁恵は「45周の中で一番大事なのはタッチ。自分の加速を次の選手に預けるために、タイミングをあわせなければならない。」とした。吉永一貴選手については「1位で通過した韓国の選手をぴったりマークできていた。」と話した。

ショートトラックの今後の予定を紹介。17日(土)には男子1000m準々決勝、女子1500m予選・決勝、20日(火)には男子500m予選、女子1000m予選が行われる。

ショートトラック男子5000mリレーの控え選手に選ばれていた齋藤慧選手が競技前のドーピング検査で陽性反応を示していたことが分かり、CAS(スポーツ仲裁裁判所)から暫定的な資格停止処分を受けた。齋藤選手は「禁止薬物を摂取した記憶はない。思い当たる節はない」としており、大会のあとに審議が行われることになった。

チョンソンアルペンセンターにて行われたアルペン男子複合のハイライト映像。金メダルはマルセル・ヒルシャー、銀メダルはアレクシ・パンテュロー、銅メダルはビクトール・ムッファジャンデ。

スキーアルペンの“絶対王者”、マルセル・ヒルシャー。今回の決勝では、滑降で12位と出遅れたものの、回転でトップのタイムを出して逆転し、金メダルを獲得した。

スピードスケート 男子1500mのハイライト映像。金メダルはK・ナウシュ。小田卓朗選手が5位に入り5大会ぶりに入賞した。ウイリアムソン師円は10位、中村奨太は24位となった。

先ほど、スケートショートトラックのドーピング問題に関するコメントで、ショートトラック日本代表の齋藤団長と伝えたが、正しくは日本選手団の齋藤団長だったと訂正した。

大会連覇の期待がかかるフィギュアスケートの羽生結弦選手が、初めてリンクで練習を行った。羽生選手は練習後の会見で、「これ以上ない事をしてきたので、何も不安要素はない」と自信を示した。浅田舞は「練習の映像を見ている限り、しっかりときれいなジャンプを跳んでいましたし、羽生選手ですから技術に関しては全く問題ないと言ってもいいと思います。」と話した。現地にはすでに日本のフィギュアスケートファンの皆さんが到着し始めている。

韓国・フェンゲ村にはタクシーが全部で30台しかない。オリンピックが始まってからというもの、フル回転が続く。タクシーは足らないが、海外からの観光客は次々やって来る。そこでこのピンチに駆けつけたのが、オリンピックのボランティアの方々。公共の交通機関や、シャトルバスの使い方を案内していた。ものは試しと、取材したカメラマンがタクシーに乗ってみる。英語が話せないという運転手。微妙な空気の中、運転手が取り出したのはスマートフォンの翻訳アプリ。翻訳アプリでの会話もあまりうまくいかなかったが、なんとか目的地へ到着した。ビッグイベントに揺れる、小さな村の一コマである。

ピョンチャンオリンピック、あす14日の見どころを紹介。スノーボード男子ハーフパイプは決勝が行われる。注目は平野歩夢選手。カーリングでは男女ともに予選リーグが始まる。スキーノルディック複合には、渡部暁斗選手が登場。スピードスケートの女子1000メmでは、きのう銀メダルを獲得した高木美帆選手、小平奈緒選手が出場する。

キーワード
冨田せな
平昌オリンピック
フェニックススノーパーク
松本遥奈
アリエル・ゴールド
刘佳宇
クロエ・キム
アメリカ
中国
ダブルコーク1440
Xゲーム
左ひざ靭帯 損傷
戸塚優斗
片山來夢
平野歩夢
平岡卓
ピョンチャンオリンピック
スコッティ・ジェームズ
ショーン・ホワイト
スノーボード
ハーフパイプ
高木美帆選手
原大智選手
高梨沙羅選手
ソルトレークシティーオリンピック
ショートトラック
カンヌンアイスアリーナ
吉永一貴
坂爪亮介
渡邊啓太
齋藤慧選手
ドーピング
CAS
チョンソンアルペンセンター
アルペン複合
トーマス・ドレッセン
アクセル・ルント・スビダル
マティアス・マイヤー
ビクトール・ムッファジャンデ
マルセル・ヒルシャー
アレクシ・パンテュロー
小田卓朗
スピードスケート
K・ナウシュ
ウイリアムソン師円
中村奨太
齋藤慧
羽生結弦選手
フィギュアスケート
フェンゲ村(韓国)
タクシー
平野歩夢選手
カーリング
スキーノルディック複合
渡部暁斗選手
小平奈緒選手

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月13日 放送
  3. 次回の放送