旬感☆ゴトーチ! 「名物市場で旬ざんまい〜青森 八戸市〜」

『旬感☆ゴトーチ!』(しゅんかんゴトーチ)は、NHK総合テレビジョンで2018年4月2日から2019年3月27日まで放送された紀行バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年3月25日(月) 12:20~12:45
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
12:20~

今日は青森県にある日本有数の巨大な市場から情報をお届け。タコの白子はチーズのような感触で、珍味として親しまれている。八戸にある八食センターは新幹線の八戸駅から車で約10分の距離にある。ゴトーチハンターは蕪島の名物ガイド・佐藤孝子さん。蕪島にはこの時期、約3万羽のウミネコが繁殖のために集まる。

オープニング映像が流れた。

キーワード
サクラマス
カレイ
タコ
ホタテ
八戸市(青森)
蕪島(青森)
ウミネコ

旬感☆ゴトーチ! (バラエティ/情報)
12:23~

青森・八戸市から中継。やってきたのは創業100年以上という老舗の魚屋。この道50年以上というご主人・福田さんは東京・築地でも腕をふるっていた。これから見せてもらうのは尾頭付きの二枚おろし。魚の口先から尾の先まで真っ二つにきれいに割くワザ。頭から尾びれまでキレイにカットされた。ここでは魚を選んで買って帰るだけでなく、バーベキューをその場ですることもできる。福田さんのオススメは「ホッキ貝」や「ホタテ」「キンキン」など。迷う人には「バーベキューセット」もある。店によって価格が違っており、その場でさばいてもらうことができる。バーベキューセットとキンキンをさばいてもらうことにした。

八戸の近くには日本海・津軽海峡・陸奥湾・太平洋と4つの海が近くにある。八戸港は日本有数の港で3年連続で水揚げ日本一になったこともある。中でも有名なのがイカで、昭和47年から水揚げはトップを独走している。イカに加え取り扱っている魚介類は約200種類。トゲクリガニは青森名物のカニで、見た目は小ぶりだが味が濃厚だという。センター内では、イカを焼いてその場でさきイカに加工していた。

青森・八戸市から中継。蕪島休憩所観光ガイドの佐藤さんは、「私がいま傘をさしているのは雨が降っているからではないんです。それはウミネコが空から落としてくるフンを避けるために蕪島で用意されているものなんです。ウミネコのフンはここでは『ウミネコ爆弾』と呼ばれています。でもこのウミネコ爆弾は体についてしまってもがっかりしなくて良いんです。それは神社の社務所に貼られた張り紙。『神様の使いウミネコより運を体または衣服に授かった方には、記念として開運証明書を差し上げます』とあります。つまり『幸運』ということです」などと伝えた。

青森・八戸市から中継。先程見ていたホタテやホッキ貝で炭火で焼かれている。市場の中にあるこのコーナーでは市場で購入したものを焼いていただくことができる。塩・コショウなどの調味料もついて、2時間・350円で借りることができる。松本さんが「ホッキ貝、いかがでしょうか」と言うと、福田さんは「刺身でも食べられますからちょうどいいですよ」などと言った。ホッキ貝をいただいた松本さんは「コリコリしていて…半生具合が美味しいですね」などと感想を言った。またイカはここでの特有の食べ方、腑をタレにしていただく。松本さんは「柔らかい!腑のお味噌の渋みがまた良いですね」などと感想を言った。

蕪島ではこの時期、3万羽のウミネコが飛び交っている。このウミネコはカモメの仲間で、鳴き声がネコの声に似ているため「ウミネコ」という。蕪島休憩所は蕪島とウミネコの情報がいっぱい。ウミネコは地面に巣をつくるため、蕪島ではあちこちでウミネコの巣を見ることができる。

キーワード
築地
サクラマス
ホッキ貝
ホタテ
キンキン
八戸市(青森)
イカ
トゲクリガニ
八戸(青森)
日本海
津軽海峡
陸奥湾
蕪島
ウミネコ
コショウ
つがる市(青森)
蕪島(青森)

番組宣伝 (その他)
12:43~

「ひよっこ2」の番組宣伝。

「ブループラネット 完全版」の番組宣伝。

「星野源スペシャル」の番組宣伝。

「竹内まりや Music&Life」の番組宣伝。

「解体キングダム」の番組宣伝。

「全日本大失敗選手権大会」の番組宣伝。

「君は超人を見たか」の番組宣伝。

「コウケンテツの世界幸せゴハン紀行」の番組宣伝。

「極上!スイーツマジック」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 3月25日 放送
  3. 次回の放送