パン旅。 「ゆったり味わう!鎌倉の絶品ナチュラルパン」

放送日 2019年1月2日(水) 6:15~ 6:45
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
06:15~

女優の木南晴夏とニッチェの江上敬子が鎌倉にやってきた。今日は2人で鎌倉の絶品パンをめぐる旅。江上は鎌倉にはパンのイメージがないと話した。実は鎌倉にはパン屋が100軒以上あるという。木南が行きたい店を3軒厳選した。

オープニング映像。

キーワード
鎌倉(神奈川)
ニッチェ
パン

パン旅。 in 鎌倉 (バラエティ/情報)
06:16~

1軒目は地元の人が集まる場所にあるという。2人は鎌倉市小町にある鎌倉野菜を販売している鎌倉市農協連即売所を訪れた。市場の奥にパン屋があった。毎朝10時半から焼き立てのパンが並ぶ。店主は勝見淳平さんで、パンの特徴は小麦粉で描かれた模様や意外な具材の組み合わせ。あんぱんは竹炭を練り込んだ真っ黒の生地でこしあんの中にはクランベリーが入っている。江上は「みそ&クリームチーズ&オリーブ」をいただいて「お味噌がすごい」とコメントした。勝見さんは毎朝市場で選んだ野菜で作るパンを決めるという。野菜探しに同行すると、黄色のにんじんと紫大根を型でくり抜いた飾り野菜に目をつけた。勝見さんは飾り野菜でフォカッチャを作った。フォカッチャを食べた木南は「野菜のうまみがすごい」と話した。

大佛の小径には大正時代の風情ある民家などが残る。作家大佛次郎の家を発見。大佛はパン好きで毎朝バターたっぷりのトーストを食べていたという。2件目は37年続くドイツパン専門店。街のケーキ屋さんみたいで可愛いなどと2人がコメント。ドイツではライ麦を使ったパンが主流。このお店の主力のラインナップは創業以来変わっていないという。シンプルで添加物を使わないパンが人気だそう。プレッツェルは腕組の形を模しているそう。噛みごたえのある塩ツノはドイツパンによく使うキャラウェイシードなどがトッピングされている。店の隣のカフェでは買ったパンを味わえる。ドイツパンとドイツビールをいただく。もちもちして香ばしい、食べやすいなどと2人がコメント。先代も登場。プンパニッケルにバターとクリームチーズを塗って食べ、絶対美味しい、世界一などとコメント。さらにはちみつをかけ美味しいとびっくりするする2人。初代店主の明さんは30歳の時ドイツパンに惚れ込み脱サラ。4年間の修行後この店をオープン。以来看板のプンパニッケルを作り続けている。お客さんからこの店は幸せの香りがすると言われた時はいい仕事をしたという実感があると明さん。身にしみます、それを守りたいと2代目。

続いて3軒目は鎌倉へ江ノ電で向かい、店主の瀧澤さんが経営するパン屋へ、酵母にこだわったパンなど約20種類ほどを作っているという。常連客は甘酒カンパーニュがおすすめだなどとコメントした。木南さんらが甘酒カンパーニュを食べ、じんわり染みる。いろんな甘みが感じられるなどとコメントした。味の秘密は福井の老舗みそ蔵が100年近く蔵に住み着いた菌を付着させ作った麹の酵母を使っており自家製のパンに活かしているという。瀧澤さんは6年前に開業し丹念に作り続けている。

キーワード
小町(神奈川)
鎌倉野菜
紅菜苔
こしょう草
にんじん
紫大根
フォカッチャ
大佛次郎
鞍馬天狗
ライ麦パン
プレッツェル
塩ツノ
プンパニッケル
鎌倉市(神奈川)
雪ノ下(神奈川)
江ノ電
メロンパン
甘酒カンパーニュ ホール
甘酒カンパーニュ ハーフ
食パン 1山
自然栽培の玉ねぎロール

エンディング (その他)
06:43~

木南さんは鎌倉はスローペースに進む街なんだと発見したなどとコメントした。江上さんはシンプルでいいものを受け継いでいきたい人たちばかりだったなどとコメントした。

番組宣伝 (その他)
06:44~

もふもふモフモフの番組宣伝。

玉木宏 音楽サスペンス紀行の番組宣伝。

「築地市場 魚河岸の誇りと涙~別れと始まり~」の番組宣伝。

日々、新たなりの番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 1月2日 放送
  3. 次回の放送