あさイチ 進む風化 子どもたちに戦争をどう伝える

『あさイチ』(ローマ字表記: asaichi)は、NHK総合テレビジョンで2010年(平成22年)3月29日から平日朝に放送されている情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年8月6日(水) 8:53~ 9:58
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
08:53~

有働由美子と井ノ原快彦が挨拶し今日の朝の連続テレビ小説の内容について振り返った。視聴者に対し、ぼく・私にとって「戦争」とは?というお題でメッセージを募集した。FAXか番組HPで応募可能。また、ゲストの浜島直子と玉ちゃんを紹介。

キーワード
あさイチ

あさイチ (バラエティ/情報)
08:55~

東京千代田区にアスリート食堂がオープンした。ここではごはんとお味噌汁の他に15種類のおかずから3種類を選べる。鹿屋体育大学の公認スポーツ栄養士監修のもと、スポーツ栄養学に基づいたバランス定食が作られており、メニューには栄養素とカロリーが表示されている。この食堂は特に運動をしていない女性にも人気。アスリート食を学ぶ一般向けの講座も人気で、受講者はスポーツをする子供がいる母親やスポーツ愛好家などすでに5000人を超えている。道端カレンも資格をもっており、低いカロリーで筋量を増やせる食事を研究していた。

中村真衣さんや清水エスパルスの栄養サポートをしてきたこばたてるみさんに夏バテに効く料理を教わる。まずは「鶏と厚揚げとカラフル野菜の黒酢煮」。筋力アップ向きのメニューで、食材の組み合わせがポイント。

6種類の具材が入った「洋風おこわ」を教わる。糖質をとるときはビタミンB1を一緒に取ることがポイントだそうで、まず枝豆、鮭、とうもろこしを入れた物を紹介。

紹介されたアスリート食についてスタジオでトーク。また、ビタミンB1を含む食材として、豚肉・レバー・ハム・しゃけ・あじ・枝豆・豆腐などがあることも紹介した。

キーワード
千代田区(東京)
鹿屋体育大学
中村真衣さん
清水エスパルス
鶏と厚揚げとカラフル野菜の黒酢煮
洋風おこわ

ニュース (ニュース)
09:03~

全国の天気予報。

日経平均株価など経済情報。

キーワード
日経平均株価
東証株価指数

あさイチ (バラエティ/情報)
09:08~

東京で10歳の若者35人に聞いたところ、8月6日が原爆の日だととっさに答えられたのは35人中8人だった。今年5月、被爆地の長崎で被爆の語り部として動いている森口さんが騒がしくしていた修学旅行生を注意したところ、暴言を吐かれた。森口さんたちはこれまでの伝え方を見つめなおさなければならないと考えており、語り部たちの模索が続いている。

視聴者からの「正直、戦争の悲惨さなどはわからない」、「何故大人は戦争するのかなと思う」などのメッセージを紹介。“戦争”に関する体験・子どもたちの意見などはFAXか番組HPから応募可能。また、瀬田宙大が語り部たちの悩みは何度も聞いてきた事を話し、子どもたちに何を届ければいいのか、などに悩んでいることも説明した。

山口もえさんは今年4月に亡くなった祖母の山口キヨさんから教わっていたのはごく僅かなことだった。食べるものがなくて、今なんでも食べられるのはそれだけで幸せなことだと教わったと話す。キヨさんが体験した戦争がどういったものなのかの手がかりは空襲前に之徳さんから届いた手紙と2枚の写真だけだった。

キヨさんの自宅が空襲の時にどうなったのか、東京大空襲・戦災資料センターを山口もえと瀬田宙大が訪れた。学芸員の山辺昌彦さんにキヨさんと之徳さんの写真を見て貰った。手紙に書かれていた南清島町は上野駅から浅草方面へ600m離れた場所にあり、焼け残っていたことがわかった。

当時、一面の焼け野原となった浅草にその様子を知る手がかりはないかと浅草寺を訪ねた。岡崎屋惣次郎さんに案内されたのは境内のイチョウの木で、戦災樹木と呼ばれているものだった。

焼け野原に生きた祖父母の気持ちに迫りたいと自宅のあった旧清島町付近を訪ねた。戦前からこの地域に暮らし続けている毛塚さんを訪ねた。毛塚さんの父親は食料を手に入れるために近所の人と協力して走り回っていたそうだ。山口もえは、歴史を知れば知るほど両親への感謝とかを身近に感じることができる、などと話した。

浜島直子が自身の祖母が戦後の食料不足で子供を2人亡くしていることを話し、玉ちゃんも祖母から苦労した話を幼いころから聞いていたことを話したが、ふたりとも自身に子供ができるような歳になって初めて分かることが出てきた、などと話した。他にも森公美子さんや藤本美貴さんらの、母親が仙台で空襲にあった、防空壕に入れなかった祖母が奇跡的に生き残った、などという体験も紹介した。また、視聴者からの「授業で聞くうちに恐怖症になった」、「戦争は人ごとではないことを子供に教えてあげたい」などのメッセージを紹介した。”戦争”に関する体験・子どもたちの意見はFAXや番組HPから応募可能。

栃木県那須烏山市に住む渡邊さん親子を訪ねた。今回は戦死した海人くんのひいおじいさんについて調べる。まずは海人くんの祖母に当たる一枝さんを訪ね、ひいおじいさんの写真や当時の一枝さんの思いなどを伺った。

有力な手がかりがあると知り、一枝さんとひさえさんは栃木県庁を訪ねた。高齢対策課には兵籍簿が置かれており、ひいおじいさんにはついては戦没者調査票が残っていた。戦死した日時や場所が詳しくわかた。この資料を使ってひいおじいさんが戦死した場所を調べてみると台湾の沖合だとわかった。海人くんは戦没者調査票の中に書かれていたひいおじいさんが戦死した時に所属していた部隊の名前が気になったようだった。

船砲1連というひいおじいさんが所属していた部隊がどのようなものなのかを調べるために東京新宿にある平和祈念展示資料館を訪ねた。ここでは戦争を経験した証言や資料を見ることができる。さっそく山口隆行さんに「船砲1連」について尋ねると、物資を運ぶ船を守る重要な部隊であることがわかった。そして、山口さんは3人に展示されている当時の日本兵隊の制服を見せてくれた。

最後に一枝さんは海人くんを、ひいおじいさんが出征する時に一枝さんが後ろ姿を見送ったという畑に案内した。

VTRを見た出演陣がスタジオでトーク。思い出のある場所でじっと思いを巡らすということも大事なのかもしれない、などと話した。また、視聴者からの「戦争がなければ私は生まれなかった。戦争は悪だが自分の命について考えてしまう」、「戦争がこれから起こるかもしれないと思うようになった」などというメッセージも紹介した。“戦争”に関する体験・子どもたちの意見などはFAXや番組HPから応募可能。

キーワード
長崎市(長崎)
あさイチ
山口キヨさん
之徳さん
浅草(東京)
キヨさん
森公美子
藤本美貴
六角精児
内藤剛志
那須烏山市(栃木)
新宿(東京)

エンディング (その他)
09:53~

「子供の七夕の短冊に去年も今年も、戦争が起こりませんように、と書かれており、それを見て泣きそうになった」、「出兵していたのは数年だが、祖父の心の中の大半は戦争の頃の思い出が占めていたのだと思う」などという視聴者からのメッセージを紹介した。

  1. 前回の放送
  2. 8月6日 放送
  3. 次回の放送