秋元康の10時間ラジオ 2017年6月3日放送回

放送日 2017年6月3日(土) 0:55~ 2:55
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:55~

秋元康の10時間ラジオにカメラが密着し、放送する。

キーワード
秋元康
AKB48
キングレコード
願い事の持ち腐れ
おニャン子クラブ

秋元康の10時間ラジオ (バラエティ/情報)
00:56~

秋元康の10時間ラジオがスタートし、秋元康らが挨拶する。

スタジオでは山本彩が「365日の紙飛行機」を披露した。

収録の前日は秋元康の59歳の誕生日でスタジオでは誕生日を祝った。

続いて山本彩が「疑問符」について紹介。この曲について山本彩の世界観について誰も山本彩のことを分からないと想うがそのわからなさを何か形にしたいと思ったと話した。

菊池桃子の「青春のいじわる」について菊池桃子はデビュー曲なので思い入れは大きいなど話す。秋元康も作詞家としてもまだ若手の頃でこんな子が意地悪って言ったらいいななど作詞当時の思いを語った。そして、菊池桃子の曲でシングルチャート1位となったのは秋元作品4曲目の「卒業-GRADUATION-」で景色が見えなきゃいけなかったなど話した。

「BOYのテーマ」は菊池桃子が映画主演の主題曲で、秋元も菊池桃子のイメージではなく映画側に寄せているなど話した。そして、杉山清貴とデュエットした「風の記憶」について詞が出来て、それを見て杉山さんと秋元先生は天才と改めて思ったなど話す。

「おニャン子」について解散してから30年が経っているなど説明。そして、スタジオにいるおニャン子メンバーが会員番号と共に自己紹介した。そして、ここから岡田圭右が参加。当時のムーブメントについてメンバーは余り感じなかったと話す。秋元先生はヒットの法則として、メンバーを金網越しに見るような共犯意識みたいのがヒットに繋がったなど話す。

解散30年!おニャン子総選挙を発表。10位は城之内早苗でメンバーとしては異色の演歌でデビューしたなど話す。

9位は渡辺満里奈。岡田圭右は出てきたときから華があったと話す。秋元先生もオーディションでこの娘はスゴいなと思ったなど話す。

8位は河合その子。秋元先生は河合その子について元祖塩対応と話し、サービス精神はなかったがそこが良かったのではなど話す。

第7位は立見里歌。秋元先生は票が怪しいのではと感想を述べる。立見さんについてイロモノという意見が多かったが、なにかあったときに助けてくれる印象があるなどの意見があった。その意見を聞いた秋元先生は指原に近いかもなど話す。

6位は高井麻巳子。メンバーからも美少女だったなど話す。高井麻巳子は秋元先生の奥さんでコメントしにくいはと述べた。

5位は新田恵利。新田恵利について秋元先生はガツガツしていないような今で言う前田敦子的な存在と話す。

4位は内海和子。歌を褒める人がとても多かったと話す。ここで片岡鶴太郎と電話が繋がる。10時間もつのか心配したり、デビュー時は素人感が良かったなど話す。

3位は国生さゆり。女性ファンの票が多かったと話し、「自分たちも頑張ればおニャン子になれるのではという気持ちにさせてくれた」など紹介。国生さゆりも当時、おニャン子のメイクの仕方などを習ったなど話す。

2位は岩井由紀子。岡田圭右はふにゃふにゃしている小動物のような印象と話す。すると岩井由紀子についてスゴい毒舌で裏表が無いからズバズバ言うなど明かされた。また、放送後に喜びのコメントが届いたなど紹介。

1位は渡辺美奈代。岡田圭右はちょっとワルのような印象が良かったなど話す。おニャン子には清純派やドジっ子などいろんな種類がいたなど紹介。

スタジオでは内海和子らが「20歳」や「私は里歌ちゃん」などを披露し、それ以外「夏を待てない」などを紹介。

元AKBの小嶋陽菜と電話が繋がったとお知らせ。小嶋陽菜は詩を見て歌うことはあまりなかったと話し、「青春の日々に反抗していた」の「反抗」を「判子」と思っていたなど明かす。

続いて登場したのは稲垣潤一さん。「クリスマスキャロルの頃には」の歌詞についてしつこいかなと思ったがそこが良いと話し、そのままにしたなど話す。「ドラマティック・レイン」は繰り返しの部分はないがハマるかハマらないかで中々印象がかなり変わると話し、「レイン」の部分の着地が難しいなど話した。

80年代の秋元ソングとして「なんてったってアイドル」などを紹介。長渕剛とはオールナイトニッポンの構成をやっていて毎晩一緒に飲んでいたなど話し、何かやろうかと話し出来たのは「GOOD-BYE青春」だった。

向井地美音ら4人が登場。差し入れとしてハンバーガーもってきた。そして、岡田圭右は時間なので退出した。

AKBの新曲「願いごとの持ち腐れ」について、タイトルについて「腐れ」と入っていてびっくりしたなど話す。秋元先生は「願い」について叶ったら嬉しいが底に至るまでが一番楽しいなど述べた。

北野武から電話で出演。北野武に歌でも出して紅白でも出ないかと秋元先生が述べると北野武は「良いですね」と回答するも「NHkが警戒して絶対に出さないと思います」となど話した。

乃木坂46の「制服のマネキン」について、言いなりばっかりになっているとマネキンになってしまうよなどの意味があるなど話す。また、「願いごとの持ち腐れ」のカップリング曲「点滅フェロモン」について松井珠理奈は20歳になりその辺を意識したのではなど話す。

ここで欅坂46の菅井が合流。秋元先生はAKBグループを集めるとファンがごちゃごちゃにするなと怒られるなど話す。欅坂の「サイレントマジョリティー」の笑わないアイドルというコンセプトについて世界観でファンらがイメージにしたと話し、別に笑わないアイドルとして意識したものではないなど話す。

松井珠理奈は「夏よ、急げ!」で乙女心をとても感じるなど話し、秋元先生は「俺の中に乙女がいる」など話した。

AKBの総監督の横山由依はスタッフとの打ち合わせやメンバーの事を見たりするのは大変であるが、すごく楽しいと述べる。その一方で泣く機会は増えたと話す。

ここで映画監督の堤幸彦監督が登場。秋元先生とは仕事を通じて知り合い、現在も「フライングゲット」のMVも撮影したと話し、「フライングゲット」の場合は3分ほどの打ち合わせだったなど話す。

とんねるずの「ガラガラヘビ」について麻雀をやっているときに深夜の映画で西部劇がやって来て「ガラガラヘビには気をつけて」というセリフから出来たなど話す。他にも俳優の伊武雅刀にも曲を作っているなど紹介。

ここで欅坂の平手友理奈が電話出演。秋元先生は欅坂はメンバー間とても仲良いと話し、「不協和音」は意見をもう少し主張してほしいというメッセージが込めてあるなど話す。

美空ひばりの「川の流れのように」がリクエストされた。秋元先生は美空ひばりが活躍していた頃秋元先生は20歳の頃、今までのファンも逃げないかつ新しいファンも聞いてほしいちょうど中間点の曲であるなど話す。また、「RIVER」について「川の流れのように」のように人生を川に例えているのではと視聴者から質問。秋元先生は売れ続けるのは大変であるなどのメッセージがあるなど話す。

ここで前半が終了し、ニュースなどを挟んで7時半から後半が放送される。そして、元おニャンこの城之内早苗らからメッセージ。城之内早苗の「あじさい橋」は「川の流れのように」と同じコンビで作られ「川の流れのように」より3年早く作られたなど話す。新田恵利は当時の頃、1番の歌詞を歌っているときに2番の歌詞がFAXで送信されたなど話した。

後半がスタートし、ゲストに古舘伊知郎が登場。古舘は長丁場で大変そうであるなど感想を述べた。さらに電話で高見沢俊彦が登場。番組についてもう年齢考えた方が良いなど話した。

秋元先生は古舘さんについて、言葉の魔術師と評し褒める。古舘さんも秋元先生を尊敬していると褒め返す。また、古舘さんらはショートメールで連絡を取るが暗黙のルールでボケ合戦になるとその一部を紹介した。そして、古舘伊知郎の「おまえがいれば」を紹介した。

ここで、小室哲哉が合流。秋元先生は後半はおじさんばかりになったなど感想を述べた。小室哲哉についてすごく変な人と話す。秋元の奥さんが小室哲哉がチーズが好きと聞いたので代官山でわざわざ用意したが、コンビニの普通のチーズが良いと言われたと明かす。ヒット曲について小室哲哉は最近の自分の聞いていたがあまり良くない状態だったなど話す。

秋元先生と小室哲哉の作詞家などとしてスタートが異なると話し、言葉を主にするか音楽を主にするかも違うなど話す。作詞のペースについて小室哲哉は秋元先生について継続していてスゴいなど話す。そして、次、一緒にやるときは全く新しいのを2人で出来るような気がするなど話す。

ここで、戸田恵子が登場。秋元先生は女優や歌手などやって日本を代表するエンターテイナーであるなど話し、40年以上前からの知り合いなど話す。戸田恵子の「ささやかなジュゲーム」やジェロの「海雪」などのついて解説した。

そして、指原莉乃がスタジオに到着。秋元先生の誕生日を祝いながらスタジオ入り、秋元先生はバラエティー向けの人であると話す。また「恋するフォーチュンクッキー」の話をもらった時、指原はもうだめだと思っていたなど明かした。

秋元康ソングの大賞を視聴者の意見などから「過ち」に決定した。

キーワード
秋元康の10時間ラジオ
365日の紙飛行機
あさが来た
疑問符
青春のいじわる
卒業-GRADUATION-
BOYのテーマ
風の記憶
杉山清貴
おニャン子
セーラー服を脱がさないで
おニャン子クラブ
城之内早苗
あじさい橋
渡辺満里奈
深呼吸
河合その子
深呼吸して
指原莉乃
高井麻巳子
シンデレラたちへの伝言
新田恵利
冬のオペラグラス
前田敦子
IEKI吐くまで
バレンタイン・キッス
岩井由紀子
天使のボディーガード
PINKのCHAO
20歳
私は里歌ちゃん
夏を待てない
夏休みは終わらない
真赤な自転車
AKB48
クリスマスキャロルの頃には
ドラマティック・レイン
過ち
山本彩
小泉今日子
長渕剛
なんてったってアイドル
GOOD-BYE青春
乃木坂46
SKE48
願いごとの持ち腐れ
松村邦洋
NHK
紅白歌合戦
制服のマネキン
点滅フェロモン
欅坂46
サイレントマジョリティー
夏よ、急げ!
AKB
ヘビーローテーション
フライングゲット
とんねるず
ガラガラヘビがやってくる
情けねぇ
一番偉い人へ
伊武雅刀
子供達を責めないで
本田美奈子
1986年のマリリン
欅坂
不協和音
美空ひばり
川の流れのように
RIVER
言葉にしたくない
アルフィー
おまえがいれば
やしきたかじん
その時の空
ささやかなジュゲーム
いつか
イ・ビョンホン
アニメじゃない-夢を忘れた古い地球人よ-
ジェロ
藤谷美和子
少年隊
海雪
Get down
愛が生まれた日
デカメロン伝説
恋するフォーチュンクッキー

エンディング (その他)
02:54~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 6月3日 放送