スポーツクライミング ワールドカップ ボルダリング 八王子大会

放送日 2017年5月9日(火) 1:45~ 3:25
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
01:45~

オープニング映像。東京オリンピックの正式種目となったスポーツクライミング。 ボルダリングでは日本代表が快進撃を見せている。好調の日本代表が世界の強豪と繰り広げる熱戦を伝える。

クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会の大会説明。会場はエスフォルタアリーナ八王子。実況は伊藤慶太アナ、解説はプロのフリークライマー・平山ユージと元日本代表の杉田雅俊。

ボルダリングのルール説明。複数の壁を制限時間内で登った回数を競い、ホールドと呼ばれる突起物を使って移動、ゴールとなるトップホールドを目指す。ホールドのついた壁のことを『課題』と呼ぶ。課題は大会ごとに異なり、選手たちは競技直前のオブザベーションと呼ばれる下見の時間で初めて課題を見ることができる。

女子ボルダリング準決勝の結果を紹介。日本の野口啓代は2位。

準決勝2位となった野口啓代のインタビューを紹介。野口選手は「いい登りができました。決勝は楽しんで攻めていきたい」と語った。

女子ボルダリング準決勝の結果を紹介。決勝に残ったのは6人。日本からは2位の野口啓代、4位の野中生萌が決勝に挑む。

キーワード
東京オリンピック
スポーツクライミング
ボルダリング
エスフォルタアリーナ八王子
クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会
野口啓代
野中生萌
ヤンヤ・ガンブレット
ファニー・ジベール
ショウナ・コクシー
ペトラ・クリングラー

クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会 女子決勝 (スポーツ)
01:51~

選手たちが競技前にオブザベーション(課題の下見)を2分間行なった。競技中、選手たちは他の選手の競技を見ることができない。

クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会 女子決勝 第1課題のハイライト映像。6人全員が1回目のトライで完登。全員が同じ得点となった。

クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会 女子決勝 第2課題のハイライト映像。野口啓代がトップ、野中生萌は4位。

クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会 女子決勝 第3課題のハイライト映像。野口啓代が2位、野中生萌は3位。

クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会 女子決勝 第4課題のハイライト映像。野口啓代が2位、野中生萌は3位。

2位となった野口啓代のインタビュー。野口選手は「納得の2位。3課題目を1秒前に完登できたことが嬉しい瞬間でした。」と振り返った。

3位となった野中生萌のインタビュー。野中選手は「全完登はできなかったんですけど、アテンプト(トライ)も少なく登れたので内容は満足しています。自国開催で表彰台にのれて嬉しいです。」と語った。

優勝したヤンヤ・ガルンブレットのインタビュー。ヤンヤ・ガルンブレット選手は「課題のデザインも会場もすばらしかった。日本はオリンピックの開催に最適です。東京オリンピックが楽しみ。」と語った。

女子の結果を受けて、平山ユージは「表彰台に日本女子選手が2人上がったのは初めて。嬉しいの一言。」、杉田雅俊は「3課題目で野口選手の素晴らしいパフォーマンスが引き出せ、素晴らしいコース設定だったと思います。」と話した。

キーワード
ボルダリング
クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会
野口啓代
野中生萌
ヤンヤ・ガンブレット
ファニー・ジベール
ショウナ・コクシー
ペトラ・クリングラー
東京オリンピック
野口選手

クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会 男子決勝 (スポーツ)
02:35~

クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会の大会説明。会場はエスフォルタアリーナ八王子。実況は伊藤慶太アナ、解説はプロのフリークライマー・平山ユージとルートセッターとして活躍する杉田雅俊。

ボルダリングのルール説明。複数の壁を制限時間内で登った回数を競い、ホールドと呼ばれる突起物を使って移動、ゴールとなるトップホールドを目指す。ホールドのついた壁のことを『課題』と呼ぶ。課題は大会ごとに異なり、選手たちは競技直前のオブザベーションと呼ばれる下見の時間で初めて課題を見ることができる。

オープニング映像。

男子ボルダリング準決勝の結果を紹介。日本の渡部桂太が1位、石松大晟が3位、楢崎明智が4位、藤井快が9位となった。競技後、渡部選手は「3課題目が登れるか不安だったが登れてよかったと思います。」と語った。準決勝で敗退となった9位の藤井選手は「実力不足です。(うまくいかなかったところは)何がとかじゃなくて全部ですね。」と振り返った。

クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会 男子決勝 第1課題のハイライト映像。

クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会 男子決勝 第2課題のハイライト映像。楢崎明智がトップ、渡部桂太は2位、石松大晟が4位。

クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会 男子決勝 第3課題のハイライト映像。楢崎明智がトップ、渡部桂太は2位、石松大晟が4位。

クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会 男子決勝 第4課題のハイライト映像。楢崎明智が2位、渡部桂太は3位、石松大晟が6位。

クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会 男女の表彰式の様子。

優勝したアレクセイ・ルブツォフのインタビュー。アレクセイ・ルブツォフ選手は「強い日本の選手に勝てて嬉しい」と語った。

2位の楢崎明智のインタビュー。楢崎選手は「途中までは優勝が見えていたので悔しいです。」と語った。

キーワード
エスフォルタアリーナ八王子
クライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング八王子大会
ボルダリング
渡部桂太
石松大晟
楢崎明智
藤井快
アレクセイ・ルブツォフ
ヤコブ・シューベルト
ミカエル・マエム
野口啓代
野中生萌
ヤンヤ・ガンブレット

エンディング (その他)
03:22~

競技が終わり、平山ユージは「楢崎くんは2020年は喜びの涙に変えてほしい。」、杉田雅俊は「選手のレベルが上がっている。ルートセッター自身も進化して備えないと」と話した。

エンディング映像。

キーワード
楢崎くん

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 5月9日 放送