南極 氷の下のタイムカプセル 2017年9月17日放送回

放送日 2017年9月17日(日) 1:45~ 1:50
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
01:45~

地球はどのようにして多様な生命を育む星になったのか?その謎を解く鍵が南極の氷の下にあるとのことで、2016年NHKは研究チームに同行し氷の下の湖の撮影に挑んだ。そこにはタイムカプセルに閉じ込められた原始の地球の光景があった。

キーワード
南極
8K

南極 氷の下のタイムカプセル (バラエティ/情報)
01:45~

ケープタウン国際空港から各国の基地で働く研究者と共に南極へと向かう。出発から5時間半、海に浮かぶ氷山が見えてきた。そして氷の滑走路があるノボラザレフスカヤ基地に到着。ここからはスノーモービルで移動する。

スノーモービルで8時間かけて向かったのは1年中分厚い氷で覆われているアンターセー湖。最初にテントの設営を行い2か月に渡って研究を行う。ドリルを使って氷に穴を開けていくと3日後に人が通れる穴が出来た。これまでテレビカメラが入ったことのない氷の穴に初めて8Kカメラが入った。氷の下は深い青色に包まれており、底には最初に酸素を作った微生物シアノバクテリアの塊があった。この酸素のおかげで地球は生命に満ち溢れたのだった。

SETI研究所のデール・アンダーセン博士は「この微生物が織りなす不思議な光景は、まさに30億円年前の地球の姿だと考えられている」と語った。

「コズミック フロント☆NEXT」の番組宣伝テロップ。

キーワード
ケープタウン国際空港
南極
ノボラザレフスカヤ基地
南アフリカ共和国
アンターセー湖
シアノバクテリア
SETI研究所

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月17日 放送
  3. 次回の放送