土曜スペシャル 完成!ドリームハウス

土曜スペシャル(どようスペシャル)土曜スペシャル (テレビ東京)…テレビ東京系列(一部系列局を除く)で土曜日の18時30分 - 19時54分に放送されている特別番組枠・旅番組枠。土曜スペシャル (フジテレビ) …フジテレビで土曜日の午後に放送されている単発番組・再放送などの枠。通常時は関東ローカルで放送。その他の『土曜スペシャル』北海道文化放送で土曜日の13時00分から放送されている再放送及びプロ野球中継差し替えによる振り替え放送(雨傘番組を含む)の枠。日本テレビでかつて土曜日の19時30分から放送されていた特別番組枠。後(のち)の『土曜トップスペシャル』。NHK総合テレビでかつて土曜日の20時から放送されていた特別番組枠。福井放送(FBCラジオ)で土曜日の13時 - 16時に放送されているラジオ番組で、特別編成枠の『FBCラジオ土曜スペシャル』。毎週パーソナリティが変更する。別名はオールリクエスト。新潟総合テレビでかつて土曜14時30分より放送していた単発特別番組枠『NST土曜スペシャル』。テレビ大阪で土曜日に放送されている特別番組枠『OSAKA土曜スペシャル』。山陰放送での『火曜エンタテイメント!』の遅れネットによる放送枠。山陰中央テレビでのテレビ朝日のスペシャル番組の遅れネットによる放送枠。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年4月4日(土) 18:30~20:54
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
18:30~

オープニング映像。

密着363日 春だよ! 新生活SP (バラエティ/情報)
18:30~

2014年2月21日、渡辺正行は東京都台東区にある天ぷら酒処 天正を訪れた。天ぷら酒処 天正では「江戸っ子天丼」などのメニューがあり、60年続く老舗の味。ご近所のお年寄りの家限定で出前も行っている。なお、店は昭和30年創業で、建物は築88年という。

天正の店舗の上が住居となっている。居住区への階段は狭く、角度は60度。暗くて階段の踏み板が見えなかった。また、居住区のあちこちからすきま風が入っていた。なお、部屋は昼間でも電気を消すと真っ暗で、雨漏りもしていた。家には風呂がなく、銭湯通い。トイレは1階の店のトイレを利用しているという。

キーワード
江戸っ子天丼
台東区(東京)

密着363日 春だよ! 新生活SP (バラエティ/情報)
18:41~

天正の奥の狭い通路から行ける娘夫婦の住居も築88年。柱が浮いており、狭い通路で洗濯をしている。 居間は狭い玄関に隣接しており、すきま風が入ってくる。

階段には食器棚があった。2階の床はグラグラで、地震の際、施主がベニヤ板を張り付けて補修したという。2階は隙間風だけではなく、雨漏りもするという。

密着363日 春だよ! 新生活SP (バラエティ/情報)
18:51~

ベランダは朽ち果てているため、洗濯物は部屋干ししかできない。渡辺さんらは、それぞれ新しい家の希望を述べた。

今回、家を建て直すにあたり、隣と家がくっついているという問題があった。なお、お隣は酒屋の倉庫で、娘夫婦の家も隣の家と密着していた。この問題には、鳥越神社 例大祭などに参加したこともある建築家の川島茂が取組む。

2014年3月2日、営業最終日、午前4時30分に高木正子さんが目を覚まして店舗に降りてきた。仕事が始まる前に、店内の掃除を終わらせるのが日課だったという。高木正子さんは嫁いできてから40年間も店で過ごし、これまで脳出血など2度の大病を経験したという。この日、一時閉店を惜しむ客が続々と訪れた。

おさらいをした。今回、築88年の老舗を建て替える事になった。悩みは腐った床、すきま風、危険な階段、寒いトイレ、狭いお風呂、お隣の家と壁が密着している点。また、建て替えは、建築家の川島茂が担当する。

2014年3月8日、家では、出前に使っていた木箱などの整理が行われた。建て替えの間、娘家族は足立区のご主人の実家に住み、母は近くに部屋を借りて完成を待つ。

2014年3月17日、廃材が飛ばないよう防炎シートで保護し、解体を開始。壁の中から、1円札(昭和21年発行)のヘソクリなどが出てきた。竹小舞なども見られ、和式便器だった部分を、床の下地に再利用などされていた事も判明。関東大震災で、一帯は全壊し昭和に入って商店街が復興したという。

天井裏に別の天井も隠れており、看板建築もあった。看板建築は明治時代洋館の天井に施されていた装飾。解体業者は防塵マスクを着用して天井をはがした。その後、壁に穴を開けて、隣とくっついていた外壁を確認。

キーワード
鳥越神社例大祭
脳出血
足立区(東京)
竹小舞
関東大震災
防塵マスク
看板建築

密着363日 春だよ! 新生活SP (バラエティ/情報)
19:12~

壁に穴を開けて、隣とくっついていた外壁を確認したところ、隣の家の土壁の裏側が見えた。解体業者が雨養生も取り外したところ、隣の天井裏が丸見えになる等し、ブルーシートで応急処置をして、解体を進めた。また、解体中、壁の中から隣の家の窓が出てきた。なお、今回、重機が使えず、11日かけて人力での解体となった。

裏路地の隣家らと話し、お隣問題を解決。その後、隣家2軒分の壁補修を、トタンなどを使って開始した。

キーワード
トタン

密着363日 春だよ! 新生活SP (バラエティ/情報)
19:22~

天ぷら酒処 天正の敷地跡には14.4坪の家を建てることができる。2014年5月7日、掘削を開始。工事は3日間で無事終了した。

2014年5月16日、配筋を開始。片タスキではなく、両タスキというやり方で作業を行った。両タスキは、鉄筋に乗って作業をしてもズレにくい。その後、コンクリート打設を行った。これで基礎が完成。横幅は4歩となった。

渡辺邸プランを紹介した。

2014年5月29日、作業車のスカイタワー9.7BTW-Jを使っての作業が行われ、3階建ての鉄骨の骨組みが形となってきた。今回、矢萩鉄工の10cm四方しかない鉄工が使われた。

キーワード
スカイタワー9.7BTW-J

密着363日 春だよ! 新生活SP (バラエティ/情報)
19:36~

細い鉄骨を採用したのは空間の広さを確保するため。鉄骨業者は、ヘルメット・長袖を着用し、作業を行った。高木正子さんは、この作業中、作業員らにスイカの差し入れをした。なお、統合部が斜めとなっているのは、溶接棒の先が奥まで入るようにわざとしているという。

曲がった鉄骨を1階の真ん中に設置していった。

曲がった鉄骨を1階の真ん中に設置していった。これは地震対策として、丈夫な筋交いで1階を固め、建物全体が歪むのを抑えるためで、X型にする事で東西南北全ての方向の揺れに対処する狙いがある。

ALCはセメントと石灰とアルミを混ぜて発泡させた軽量発泡コンクリート。ALCを床として設置した。その後、モルタルを使って床の溝を埋めた。

キーワード
スイカ
ALC
モルタル

密着363日 春だよ! 新生活SP (バラエティ/情報)
19:50~

ALCの床の溝を、モルタルを使って埋めた。続いて、ALCを外壁として取り付けた。

2014年6月25日、外壁工事が開始され、石膏ボードを取り付けた。石膏ボードの上には断熱防水シート、さらに、押出成形セメント板を設置。3層あるが、厚さは44mmだった。なお、2階北側は娘夫婦の寝室のため、落ち着けるようあえて暗くしている。下位置の窓でも小さくすることで、道路からの目線を遮ることができる。

また、家の窓の大きさが全て違う。これは、自然と明るい場所にみんなが集まるという心理を用いて、集まる場所を作るためで、リビングが一番明るくなっている。

おさらいをした。今回、築88年の老舗を建て替える事になった。悩みは腐った床、すきま風など。土地は幅4歩の細長い土地でクレーンが使えない上棟だった。

2014年7月15日、サッシが取り付けられ、職人は鉄骨に泡のようなものを吹き付けていた。これはロックウールという素材で防火対策となる。その後、外階段が取り付けられた。外階段は延床面積に入らないので、室内空間を広くできる。

浴槽が到着。ユニットバスを採用した。細かな溝を床に入れることで、水を流れやすくした。高木正子さんらは、見学に訪れ、ユニットバスや3階などを見学。その後、石膏ボート施行、シナ合板施行が行われた。

2014年9月5日、家の見学に訪れた高木正子さんは、羽二重団子を大工らに差し入れした。

2014年9月11日、この日は渡辺さん一家が勢揃いで現場に訪れ、子供部屋でペンキ塗りを行った。このペンキは、ひまわり油を使った自然塗料。家族で塗る事で経費削減となる。

2014年9月15日、内装工事が開始し、ビニールクロスを壁紙にした。切り残しをわざと残すのは、切れ目を揃えるためという。

2014年9月16日、キッチンを搬入。しかし、廊下の幅が狭く、キッチンを中から入れる事ができなかった。そのため、外からの搬入となった。

キーワード
ALC
モルタル
石膏ボード
押出成形セメント板
ロックウール
ユニットバス
羽二重団子
ひまわり油

密着363日 春だよ! 新生活SP (バラエティ/情報)
20:20~

2014年9月16日、キッチンを外からの搬入し、設置を完了。

2014年9月17日、渡辺典人さんが自ら回転収納を作って経費を削減した。

2014年9月29日、以前使っていた冷蔵庫など調理器具を店内に入れ、店舗の照明調整を行った。

密着363日 春だよ! 新生活SP (バラエティ/情報)
20:30~

2015年2月15日、完成訪問に渡辺正行が訪れた。店前には渡辺真花さんが掘ったブロック看板もあった。1階はカウンター席をなくし、厨房は2倍近い大きさにした。

住居部分は、お店側の黒色とは違って、白色だった。外階段は日差しが入るようにしており、晴れた日は眩しいほど。2階の玄関を開けると、長い廊下となっており、渡辺典人さん手作りの収納が置かれていた。廊下と高木正子さんの部屋には壁を作らず、これらの収納を仕切り代わりとしている。高木正子さんの部屋は5.8畳。建て替え前は寒く、ガウンを着なくてはならなかったが、現在は普段着で快適に過ごせるという。

トイレは温水洗浄便器。洗面台もある。お風呂は建て替え前と比較して、脚が伸ばせる程に広くなった。廊下には、室内洗濯機置き場も設置。北側には夫婦の寝室がある。部屋の特徴は、低く付けられた窓で、布団は渡辺典人さんが作った回転収納に収められている。また、窓側にも収納が作られ、ワークスペースなどとして利用している。

夫婦の寝室と階段の間に壁を作らなかった。3階には7.7畳の子供部屋がある。この部屋も仕切りを無くした。この部屋からは、スカイツリーが見える。また、南側には、キッチンとリビングダイニングがある。壁にも収納を作った。

居間は明るく、家族が自然と集まる場所となった。ベランダは建て替え前と比べ、洗濯物を干すことができる。

エンディング (バラエティ/情報)
20:51~

渡辺邸の建築費用は4216万円だった。

家を建てたい人大募集のお知らせ。

土曜スペシャルの次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 4月4日 放送
  3. 次回の放送