あの日 あのとき あの番組 どう分かち合う 夫婦の老後

放送日 2019年6月16日(日) 13:50~15:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
13:50~

オープニング映像。

あの日 あのとき あの番組 (バラエティ/情報)
13:50~

オープニング映像。

日本人の平均寿命は女性87.26歳、男性81.09歳。高齢化が進む中、長くなる夫婦の老後に妻と夫それぞれがどう向き合うべきかが関心事になっている。今回は夫婦2人だけの暮らしを描いたNHKスペシャル。見えず聞こえずとも、夫婦2人の里山暮らし。目が見えず、耳が聞こえない妻といつも側に寄り添う夫。2人の細やかな心の通い合いが綴られている。番組は夫婦の絆、老後の生き方について何を語りかけるのか。

今回は山里に生きる一組の夫婦を追ったドキュメンタリーを通し、パートナーと豊かに暮らすヒントを探る。石田と東尾の2人は今年結婚10年で錫婚式を迎えた。石田は夫婦での10年について「自然であっという間だった」などと語る。夫婦の役割について東尾は「得意な方が得意なことをやる」といい、石田は「夫婦は最終的に旦那が奥さんに安心を与え、奥さんは安らぎをくれるような夫婦になりたい」と語った。

キーワード
NHK

NHKスペシャル 見えず 聞こえずとも ~夫婦ふたりの里山暮らし~ (バラエティ/情報)
13:54~

京都府京丹後市弥栄町中津に暮らしている梅木さん夫婦を密着取材。好彦さんは丹後半島に移り住んで30年以上になり、14年前に結婚した妻の久代さんは目も見えず耳も聞こえないという。久代さんは畑仕事に出かける夫のために弁当を作り、手で触れて様々なことを感じながら料理をするという。夫婦が結婚以来続けていることが朝の連続テレビ小説を見ることで、好彦さんは触手話と言われる方法で久代さんにドラマの内容を伝えている。

農作業へと向かう好彦さんは、集落から車で20分ほどの離れた味土野という地区を訪れ、過去に暮らしていたという作業小屋で準備をし、あちこちに散らばった土地で農作業を行った。

好彦さんが農作業をしている頃、久代さんは家の掃除をしていた。浴槽をピカピカに洗い上げ、手で触った感覚を頼りに暮らしているためにわずかな汚れやぬめりも気になってしまうという。掃除が一段落するとパソコンに向かい、昼休みに作業小屋に帰ってくる好彦さんにメールを送っていた。

夫婦ふたりで里山暮らしをしている梅木さん夫婦の生い立ちを紹介。好彦さんは親の反対を押し切って、集団生活をしながら自給自足の暮らしを目指した。自分一人で一から農業を始めてみたいと全国を放浪し、30歳を過ぎてようやく見つけたのが山深い丹後半島の村だった。人から見れば不便で孤独な毎日も好彦さんには理想の暮らしだったが、40歳を過ぎた頃に気持ちに変化が現れて目の見えない人を支える活動に参加するようになり、そこで知り合ったのが久代さんだった。

裁縫が趣味の久代さんは、若い頃に手に職をつけようと和裁士の資格を取得したという。久代さんは大阪・岸和田で表具屋を営む家庭の次女に生まれ、2歳で耳が聞こえなくなった娘に父親は毎日日記を書かせて懸命に言葉を教えたという。高校の先生の助言で和裁の学校に進学し、資格を習得。22歳で最初の結婚をしたが、結婚生活は長続きせずに離婚し、追い打ちをかけるように視力まで衰え始めたという。周りの世界から1人取り残される恐怖から自殺も2度試みたという。そんな苦しみの中で、久代さんは40歳の頃に眼科の先生から『目の病気というよりも心の中に目があるから心の持ち方が非常に大事』と言われ、最初はわからなかったがそのかけられた言葉がその後の人生の道標になったという。

久代さんが40代の頃に知ったのが“触手話”の存在で、目と耳の両方に障害があっても他の誰かと会話ができると、久代さんは次第に本来の明るさを取り戻していった。触手話ができる介助者をお願いしては積極的に外に出かける毎日で、そんな時にボランティアを始めたばかりの好彦さんと出会ったという。その時は手話を覚えている最中で、しゃべるのが精一杯だったが何度か外出するうちに交際するようになった。

2人は2年の交際を経て、2001年4月に結婚。好彦さん54歳、久代さん51歳。山深い丹後の村で、久代さんも一緒に土と生きる暮らしが始まった。

2014年秋。稲刈りを終えると農作業は一段落となり、2人が散歩する時間も増えるという。好彦さんは季節の変化を見つけては久代さんに触手話で伝えていた。久代さんはこの時期になると、初めて体験した稲刈りを思い出し、好彦さんが農業一筋だということに気が付いたのだという。

久代さんは自分でも植物を育て始めている。知人からもらったという苔玉に水を与え、毎日指先で小さな変化を確かめている。

丹後半島の長く厳しい冬。好彦さんは自作のかんじきを履いて山奥にある作業小屋の様子を見に来ていた。作業小屋は過去に梅木さん夫婦が一緒に生活を始めた場所だったが、そこでの生活は久代さんに大きな負担を強いることになってしまったという。

里の集落に生活の拠点を移すようになって以来、好彦さんの暮らしは大きく変わった。それまで食べ物のほとんどを自分で作ってきた好彦さんだが、久代さんの好みに合わせて買い物に付き合うようになったという。

久代さんに嬉しい出来事があり、大事にしていた苔玉から新しい芽が出てきたということで好彦さんに嬉しそうに報告していた。

2015年春、2人は結婚15年目を迎えた。この日も久代さんは台所に立って朝食の準備をし、2人で朝ごはんを食べ、日課となっている朝の連続テレビ小説を2人で仲良く見ていた。

出かける準備をしていた久代さんは、好彦さんと久しぶりに山の家に向かった。2年ぶりに訪れるかつての我が家で、雪の重みでボロボロになった屋根の修理に取り掛かった。久代さんはかつての我が家の中を掃除し、休憩時間には一緒に久代さんが作った料理で昼ごはんにしていた。

家の前に春を告げる福寿草が根を出し、鮮やかな黄色の花を咲かせていた。好彦さんは久代さんの手をとって福寿草のある場所まで案内し、久代さんが摘んだ福寿草を自宅に持ち帰った。

京都府京丹後市弥栄町中津に暮らしている梅木さん夫婦を密着取材。2人が手話で自己紹介を行った。

キーワード
中津(京都)
触手話
味土野(京都)
福寿草

あの日 あのとき あの番組 (バラエティ/情報)
14:43~

東尾理子は、あーゆう風に年を重ねて仲良く微笑み会える関係っていいなと言った。石田純一は、大変なことも大変と思ってないが素敵で、お互い気を使ってないけど気にしていると言った。また東尾理子は、女性ってかわいらくないといけないのかなと思ったという。石田純一は手を握ることが必要だが、あれが大切になっていると言い、森田美由紀が愚痴を言い合った後に手を握るのは大事かもしれないと言った。

東尾理子が初めてのデートのエピソードもかわいかったと話した。森田美由紀は好彦さんは久代さんのために山から降りてきたと言い、石田純一は、自分の一番やりたいことを時には曲げないといけないことがある、そういうところで人生に折り合いがつくと言い、東尾理子は10年になるが主人からこれをしなきゃだめなど言われた事がない、すごく感謝していると話した。またフクジュソウを千切ったシーンについて、東尾理子が、好彦はちぎんない方が良かったと文句ではなく見守っている雰囲気が暖かかったと言った。そして石田純一は、基本女性が自由であるのが夫婦の理想像で男が作らなきゃと思うと話した。ドラマを見るシーンについて、東尾理子はあそこまではなかなか出来ないと思ったと言った。

2人の今について。今年の3月に好彦さんが71歳で亡くなられた。去年の3月に脳梗塞で倒れ、一度退院したが新たな病が見つかって闘病生活が続き、久代さんに看取られて亡くなられたという。周りの人によると、 好彦さんが入院されたことで2人の絆が強まったように見えたという。現在は久代さんが一人で中津で暮らし、週1回ホームヘルパーが来ているという。久代さんに近況を聞いた所、「大切な夫がいなくなって2か月がすぎた、今はまだ生きている感じがする」「周りの人から支援者の多い都会へ引っ越したらどうかと言われるが、住み慣れた家から出たくない、思い出の多い家です。」「一人暮らしは不便かも知れませんが笑顔で生きていきたいと思います。」「周囲の人々からあいされて、とても幸せだと感じています。好彦さんは私の心の中に生きています。どんなことがあっても生き抜いていきたいと思います。」などとメールをもらった。石田純一は、普通なら大変なのにしっかりしてて安心したと言った。東尾理子は、心の中のつながりが強かったから、もしかしたら今も好彦さんと心で会話しているのかもしれないと言った。

森田美由紀によると、今回の放送があると久代さんに言ったら大変喜んでいたという。森田美由紀から今日の番組で夫婦をどう感じたか聞かれ、石田純一はかけがえのないもの、強いつながりがあると答え、森田美由紀は、2人は目が見えてても同じ様な夫婦だったと思う、相手を認め合うつながりの強さを感じたと言った。また森田美由紀は今以上に主人を大切にしようと気持ちになったと言い、石田純一は言わなきゃわからないことも多いと言った。森田美由紀が、番組の一番最初の語りの問いかけが「あなたは最近、大切な人の手を握っていますか」だった、長くこれから幸せに行く中でも大事なところかもしれないと言った。

テロップ:www.nhk.or.jp/archives facebook.com/NHKarchives

キーワード
触手話
好彦さん
久代さん
フクジュソウ
中津(京都)
www.nhk.or.jp/archives/
facebook.com/NHKarchives

エンディング (その他)
14:59~

NHKの動画サイト「NHK アーカイブス」の案内。

キーワード
NHK アーカイブス

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月16日 放送
  3. 次回の放送