ごごナマ 助けて!きわめびと あなたの親は大丈夫?悪質商法に立ち向かえ

放送日 2018年6月15日(金) 13:00~14:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
13:00~

オープニングの挨拶。13時台のテーマは「親の買い物トラブル」、料理は「パプリカの肉巻き」を紹介。14時台は「カレー ランクアップ術」。番組へのメッセージ・質問はメールかFAXで。

キーワード
パプリカの肉巻き
番組ホームページ

ニュース (ニュース)
13:01~

山陽新幹線「のぞみ」が 福岡県内で人と接触した事故で、北九州市八幡西区の線路上の約200mの範囲で人体の一部や衣類などが見つかったことがわかった。警察は身元確認を進めるとともに、線路に入った経路などを調べている。JR西日本は15日午後に記者会見を開く予定。

台風6号は16日にかけて沖縄県や鹿児島・奄美地方に接近する見込み。気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけている。

民泊新法では自治体に届け出れば、原則誰でも空き部屋などを有料で貸し出すことが出来るが、今月8日時点での届け出の物件は全国で2700件余りに留まっている。石井国土交通相は閣議後の会見で「相当数の関係者が自治体の窓口に相談に落とすれていると聞いていて、今後も届け出数は継続して増えていくと考えている」と述べた。一方、最大手「エアビーアンドビー」は観光庁からの通知を受けて、届け出をしていない物件への予約をキャンセルする事態となっていることについては「健全なサービスの普及をはかるため、引き続き全力を尽くしていきたい。」と話した。

日銀は経済政策決定会合で、目標とする2%の物価上昇率の実現に向けて短期金利と長期金利に誘導目標を設けた大規模な金融緩和策の維持を決定した。

参議院の選挙制度をめぐり伊達参議院議長は14日、「各党が法案を提出し国会で審議すべき」として与野党各党による調整を打ち切り、自民党などは定数を6増やすなどとした公職選挙法の改正案を提出した。これを受けて国民民主党・榛葉参院幹事長は「議長の対応として不適切であり極めて遺憾」だとして、各党の意見集約・あっせん案の提示に改めて努力するよう求めた。

為替と株の値動きについて伝えた。

キーワード
山陽新幹線
のぞみ
八幡西区(福岡)
台風6号
土砂災害
浸水
増水
民泊新法
エアビーアンドビー
石井国土交通相
日銀
物価上昇率
金融緩和
伊達参議院議長
自民党
公職選挙法の改正案
榛葉参院幹事長
国民民主党
日経平均株価
東証株価指数(TOPIX)
東京市場
東京外国為替市場

親の買い物トラブル (バラエティ/情報)
13:06~

オープニングトーク。濱田さんは「こないだウチにも電話がかかってきた。要らなくなった洋服を買い取りますと言われ断ったら、アクセサリー等々いろいろなことを聞かれた。断ろうと説明すると言い終わらないうちに切られた。」などと話した。

今日のテーマは「親の買い物トラブル」。最新の調査によれば、消費者被害・トラブルの総額は年間4.8兆円にのぼる。中には詐欺や悪質商法に発展するケースもあり、高齢者が狙われやすい。親世代でも簡単に実践できる断り方の極意、トラブルへの効果的な対処法を紹介する。

今日のきわめびとは消費者トラブル解決に携わって20年以上の弁護士・村千鶴子さん。高齢の消費者のお悩みは主に3つで「なかなか断れない」「相談できない」「もう手遅れ」。番組へのメッセージ・質問はメールかFAXで。

70代の母が悪質商法の被害にあったという人に話を聞くと「押し買い」の被害にあったという。母・和子さん(仮名)は「不用品 無料で引き取ります」という広告を見て連絡すると、作業後に業者に「使わなくなった貴金属はありませんか」と聞かれたという。10分以上押し問答を続け、結局ネックレスを2本渡してしまった。娘が知ったのは1週間後で業者の手がかりは一切残っていなかった。

今日のきわめびとは消費者トラブル解決に携わって20年以上の弁護士・村千鶴子さん。高齢の消費者のお悩みは主に3つで「なかなか断れない」「相談できない」「もう手遅れ」。番組へのメッセージ・質問はメールかFAXで。

村さんによると「うちにはございません」「ごめんなさい」「絶対ダメ!返してちょうだい」などの断り文句は法律的には不十分。この場合はに効果的なのは「契約しません。帰ってください。」だという。特別商取引法では断っている人を勧誘した場合は行政処分の対象になるとのこと。何度断っても帰らない場合は「110番する」と言うのがいいとのこと。自分で言いにくい人は扇子などに書いておくのがオススメ。

「相談できない」の解消法は「いやや」。全国共通の電話番号「188」は「消費者ホットライン」で、最寄りの消費者生活センターにつながるようになっている。本人からの相談が基本だが、子どもなどが補助するのは可能。チラシ・契約書・メモ・日記などを準備しておくとよい。

「クーリング・オフ」で重要なのは契約が発生したか。訪問販売などで消費者がもらっている契約書がルールを守っていない場合、どれだけ時間が経ってもクーリング・オフすることが出来る。販売担当者の名前がフルネームでない場合、商品が「一式」などと簡略化されて書かれている場合、クーリング・オフの説明が赤字・赤枠になっていない場合などは契約書に不備がある。

「クーリング・オフ」制度を使えば、一定期間なら理由なく解除できる。電話勧誘販売・訪問販売などは8日以内。マルチ商法などは20日以内。必ずハガキに書いてコピーも取り、特定記録郵便か簡易書留で出すことがコツ。ネット通販・テレビショッピング・店頭購入は適用外なので注意。

キーワード
消費者白書
消費生活総合センター
番組ホームページ
特定商取引法
訪問購入
消費者ホットライン
クーリング・オフ

ボルサリーノ関のまごころ旬ごはん (普遍情報)
13:44~

きょうの食材はパプリカ。ビタミンCが豊富で、1/2個で1日に必要な量を摂取できる。

「パプリカの肉巻き」のレシピ。パプリカを1/4にカットし、スライスチーズを詰めて別のパプリカを上下逆にしてはさむ。豚バラ肉に塩・こしょうをかけて、パプリカをほぐれないようにきつく巻く。かたくり粉を全体にまぶし、巻き終わりを下にして焼く。余分な油を拭き取り、酒・しょうゆ・みりん・黒酢・しょうが(すりおろし)・顆粒鶏ガラスープの素を混ぜたタレを加える。半分にカットして盛り付けたら完成。

「パプリカの肉巻き」を試食。濱田さんは「結構焼いたけどパプリカの歯ごたえが残っている。」とコメント。

キーワード
パプリカ
ビタミンC
パプリカの肉巻き
しょうゆ
みりん
黒酢
鶏ガラスープの素
スライスチーズ
かたくり粉
サラダ油
しょうが
サニーレタス
豚バラ肉
こしょう

エンディング (その他)
13:57~

視聴者からの質問・メッセージを紹介した。

14時台の予告。

  1. 前回の放送
  2. 6月15日 放送
  3. 次回の放送