チコちゃんに叱られる! 「なぜ高齢者のことを“シルバー”という?ほか」

『チコちゃんに叱られる!』(チコちゃんにしかられる、英語: Chico Will Scold You!)は、NHK総合テレビで放送されているバラエティ番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月18日(金) 19:57~20:42
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
19:57~

オープニング映像。きょうはキョエちゃんがMCで、カラス目線の過去の傑作選を放送する。

チコちゃんに叱られる! (バラエティ/情報)
19:58~

チコちゃんが「高齢者のみなさんのことをシルバーというのはなぜ?」と岡村に質問。岡村は「白髪」と答えたが不正解でチコちゃんに叱られた。正解は「たまたま銀色の布が残っていたから」と紹介。

解説してくれるのは国語辞典編纂者の飯間浩明氏。番組スタッフは名付け親のJR東海営業課長の須田氏を訪ねた。当時国鉄の旅客局営業課課長だった須田氏は、私鉄とのサービス競争の中敬老の日にあわせて「高齢者のためのサービス」を実現するためインパクトのあるアイデアを探していた。座席ごと新しくするほどの財政的余裕はなく「せめて座席の色だけでも変えないと」と提案する。しかし2ヶ月後に迫った敬老の日に合わせて色を変えたいと要望するも工場からは「急に言われても無理」と断られてしまう。しかし後日浜松工場からたまたま銀色の生地が残っているとの連絡をうけ、1973年9月15日敬老の日の日に「シルバーシート」が誕生した。それから私鉄などにも「シルバー」という名称が広まった。またスタジオではチコちゃんが須田氏は1998年、NHK経営委員会の委員長に就任した等と話した。

充実している日が嫌いな大竹にチコちゃんが「大人になるとあっという間に1年が過ぎるのはなぜ?」と質問。「たくさん生きているから飽きちゃった」と解答、不正解だったので怒られた。正解は「人生にトキメキがなくなったから」。

千葉大学の一川教授が解説。大人と子どもの食事を比較、食事の中に子どもは疑問や好奇心があり長く感じるが、大人は食事をするだけなので短く感じる。トキメキが多いと過ぎた時間を長かったと感じ、逆に少ないと短かったと感じる。子どもの1年は1つ1つの出来事を認識するためトキメキが多いが大人は同じ作業で印象に残らずトキメキが少ない。

実際に子ども、大人に最近の生活について尋ねた。子どもはプール、ボール遊び、鬼ごっこ、祖母の家でご飯などのエピソードが出た。何も聞かされずインタビューされた岡村は夜ごはんに行ったというエピソードのみ。休日の過ごし方、昨年何したかなども同じく子どもは多くのエピソードが出たが大人は少なかった。自分の感じる時間と実際の時間は19歳ごろ同じになり、その後時間が早く過ぎるように感じる。岡村は19歳の頃、テレビに出て冠番組を持つことが夢だった。19歳の自分へ、もう少しハメを外しても良いと言いたいと話した。大人も時間をゆっくりに感じるためには、トキメキを感じることを生活に取り入れれば良いと教授が解説。

チコちゃんは朝6時から忙しくしておりトキメキっぱなしと話した。岡村は結婚、○○ランドなどトキメキを残していると話す。インタビュー後にスタッフに何か問題を出そうとしているか尋ねたところ「いずれ いずれ」と言われたとトーク。時間の経過を気にするとゆっくり感じる、楽しい時間を過ごすと時間の経過を忘れるなど、大人になると過ぎた時間を短く感じる理由に関しては諸説あると注釈。

チコちゃんが「タイムマシンがないのはなぜ?」と質問、誰も答えられなかったので怒った。正解は「タイムマシンはもうある」。

日本学術振興会の佐藤名誉教授がタイムマシンはもうできていると解説。新幹線で東京から博多まで向かった場合、10億分の1秒未来に行っているという。アインシュタインの相対性理論を理解するには「猿の惑星」が最適。地球上より高速で動く宇宙船の中の方が、止まっている物体の時間よりゆっくり進む。猿の惑星では自分は若いまま、地球は2000年後の未来になっていた。1971年にアメリカで行われた実験では、高速飛行するジェット機の中の時計が地上のものよりわずかに遅れていた。何百年も未来へ行くタイムマシンは、光速の乗り物が必要なため100年では足りないとも。また、別の方法として人間が粒子のように小さくなる方法を挙げた。大型ハドロン衝突型加速器に入り1年過ごせば理論上は1万年後にタイムトラベル可能。

チコちゃんは未来に行けたら、筒香選手が幸せかどうか確認しに行く。スタジオで、過去に戻る方法は見つかっていないと紹介。大型ハドロン衝突型加速器についてチコちゃんは知らなかった。

国語辞典編纂者の飯間さんが解説。1974年発行の三省堂国語辞典にはシルバーに高齢・老人の意味はない。1973年に国鉄に登場した優先席「シルバーシート」が由来。実際に名付けた相談役の須田さんは当時のJR東海の社長。須田さんは名前について、必然的、ケガの巧妙と語る。

シルバーシート誕生について映像で紹介。1973年7月、国鉄では私鉄に逃れた私鉄から客を取り戻す策を考えていた。須田さんは、お年寄りの為のシートについて話題性がほしいと考え敬老の日から導入することを決定。約2ヵ月の期間で議論を開始するも赤字財政が続いており新しい座席は作れなかった。当時の新幹線に使われた銀の生地が残っており、座る部分だけを銀にしてシルバーシートとした。その後、私鉄・バスにも広がりシルバーが高齢者を表す代名詞となった。他の色が残っていればその色の名前になっただろうと須田さんがコメント。

チコちゃんは全ての席が優先席だと思っていると話した。スタジオでピンクの生地だったら危なかったと話した。須田さんは1998年6月にNHK経営委員会委員長に就任していたと紹介。シルバーシートは対象者を年配・体の不自由な方に加え妊娠している方などに拡大するため優先席・優先座席などに改称したと注釈。

日本学術振興会の佐藤名誉教授がタイムマシンはもうできていると解説。新幹線で東京から博多まで向かった場合、10億分の1秒未来に行っているという。アインシュタインの相対性理論を理解するには「猿の惑星」が最適。地球上より高速で動く宇宙船の中の方が、止まっている物体の時間よりゆっくり進む。猿の惑星では自分は若いまま、地球は2000年後の未来になっていた。1971年にアメリカで行われた実験では、高速飛行するジェット機の中の時計が地上のものよりわずかに遅れていた。何百年も未来へ行くタイムマシンは、光速の乗り物が必要なため100年では足りないとも。また、別の方法として人間が粒子のように小さくなる方法を挙げた。大型ハドロン衝突型加速器に入り1年過ごせば理論上は1万年後にタイムトラベル可能。

チコちゃんは未来に行けたら、筒香選手が幸せかどうか確認しに行く。スタジオで、過去に戻る方法は見つかっていないと紹介。大型ハドロン衝突型加速器についてチコちゃんは知らなかった。

なぜ左利きピッチャーをサウスポーというのか?という問題。South Pawとは直訳すると南の手。メジャーリーグの公式ルールには、本塁から投手板を経て2塁に向かう線は東北東に向かっていることを理想とすると書いてあった。ヤンキー・スタジアムやブッシュスタジアムなど多くのスタジアムがルール通りの向きに作られていた。ピッチャーズマウンドに左投げ選手をおいてみると、南側に手があった。しかし野球用語辞典にはピッチャーの左腕が野球場の南側を向いていたという説は、幻想に過ぎないと書かれていた。リサーチを続けるとサウスポーにまつわる新しい情報を発見した。

ジョン・ソーンによるとサウスポーの期限はボクシングらしいとのこと。日本ボクシングコミッションの冨樫光明さんにサウスポーの由来を聞くと、ピッチャーが投げる方向が西向きになっていて、左ピッチャーは投げる時に南だからなどと答えた。さらに調べるも、なぜ左利きをサウスポーというのかはわからなかった。

岡村隆史は「東西南北のアレでいいんじゃないの?」などと話した。サウスポーの由来には諸説あり、アメリカ南部出身の大リーグ投手に左腕が多かったからという説もある。ピッチャーの左腕が野球場の南側を向いていたという説がなぜ幻想なのかには根拠があり、アメリカで野球が始まったのは1840年代だが、1813年のアメリカのコミック誌にサウスポーという言葉が登場していた。なので野球場が始まりだとは言えない。映画ロッキーにもサウスポーの由来について解説しているシーンがあるが意味がわからないという。シルヴェスター・スタローンにロッキーのセリフは真実なのかツイッターで質問を投げかけたがまだ返事はないという。

なぜ左利きピッチャーをサウスポーというのか?という問題。South Pawとは直訳すると南の手。メジャーリーグの公式ルールには、本塁から投手板を経て2塁に向かう線は東北東に向かっていることを理想とすると書いてあった。ヤンキー・スタジアムやブッシュスタジアムなど多くのスタジアムがルール通りの向きに作られていた。ピッチャーズマウンドに左投げ選手をおいてみると、南側に手があった。しかし野球用語辞典にはピッチャーの左腕が野球場の南側を向いていたという説は、幻想に過ぎないと書かれていた。リサーチを続けるとサウスポーにまつわる新しい情報を発見した。

ジョン・ソーンによるとサウスポーの期限はボクシングらしいとのこと。日本ボクシングコミッションの冨樫光明さんにサウスポーの由来を聞くと、ピッチャーが投げる方向が西向きになっていて、左ピッチャーは投げる時に南だからなどと答えた。さらに調べるも、なぜ左利きをサウスポーというのかはわからなかった。

岡村隆史は「東西南北のアレでいいんじゃないの?」などと話した。サウスポーの由来には諸説あり、アメリカ南部出身の大リーグ投手に左腕が多かったからという説もある。ピッチャーの左腕が野球場の南側を向いていたという説がなぜ幻想なのかには根拠があり、アメリカで野球が始まったのは1840年代だが、1813年のアメリカのコミック誌にサウスポーという言葉が登場していた。なので野球場が始まりだとは言えない。映画ロッキーにもサウスポーの由来について解説しているシーンがあるが意味がわからないという。シルヴェスター・スタローンにロッキーのセリフは真実なのかツイッターで質問を投げかけたがまだ返事はないという。

チコちゃんが「なぜサウスポーという?」とSHELLYに質問。岡村は「わからない」と答えチコちゃんに叱られた。

キョエちゃんがVTRふりをした。

キーワード
三省堂国語辞典 第二版
三省堂国語辞典 第三版
国鉄
JR東海
読売新聞
NHK経営委員会
セパタクロー
仮想通貨
庄司智春
新橋(東京)
日本学術振興会
アインシュタイン
相対性理論
猿の惑星
アメリカ
山手線
鶯谷駅
ジュネーブ(スイス)
大型ハドロン衝突型加速器
筒香選手
ウサイン・ボルト
三省堂国語辞典
敬老の日
シルバーシート
東海旅客鉄道
NHK経営委員
黒柳徹子
サウスポー
菊池雄星
ヤンキー・スタジアム
ブッシュスタジアム
ジョン・ソーン
長谷川穂積
ロッキー
シルヴェスター・スタローン
ツイッター

エンディング (その他)
20:40~

岡村に「いかがでしたか」と聞かれたキョエちゃんは「もう満足した」等と話した。

「チコちゃんに叱られる!」の次回予告。

「NHKオンデマンド」の紹介テロップ。

キーワード
NHKオンデマンド
  1. 前回の放送
  2. 1月18日 放送
  3. 次回の放送