ごごナマ オトナの遊び場「気になる!?ブームの今むかし プロレス大特集」

『ごごナマ』は、NHK総合テレビジョンにて2017年4月3日から平日午後に生放送されている大型情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年3月8日(木) 15:08~16:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
15:08~

オープニング挨拶とゲスト紹介。きょうのラインナップを伝えた。プロレス大特集。

テーマ曲:フォークシンガー/なぎら健壱

メールHP、FAX03-3465-4910

キーワード
なぎら健壱
フォークシンガー
HP
プロレス

ドコでも隊 (バラエティ/情報)
15:08~

メールHP、FAX03-3465-4910

千葉・富津の牧場より中継。生まれて1カ月の羊の赤ちゃんをリポート。稲塚貴一が赤ちゃんを抱き上げた。ここにいるのは生まれた子と母。父は基本的に子育てをしないという。さらに小さい赤ちゃん羊を紹介した。ここでは毎日新しい赤ちゃんが生まれる。今日の昼に生まれた赤ちゃん羊の体重を測った。

キーワード
HP
富津(千葉)

なぎら健壱の昭和の楽園 (バラエティ/情報)
15:21~

メールHP、FAX03-3465-4910

視聴者から寄せられた昭和を感じる写真を紹介。1枚目はトタンの家などの写真。2枚目は日本電信電話公社のマークが入ったマンホールの写真。これらはまだ見られるとなぎら健壱がコメント。3枚目は帝都高速度交通営団のマンホールの写真。4枚目は歌が入ったカセットテープの写真。カセットテープはどの家庭にも必ずあったなどと話した。

キーワード
HP
日本電信電話公社
帝都高速度交通営団
マンホール
カセットテープ

気になる!?ブームの今⇔むかし (バラエティ/情報)
15:30~

メールHP、FAX03-3465-4910

今回はプロレス大特集。今プロレスが大人気、プロレスを愛する女性をプ女子と呼ぶ。いたばしプロレスリングは商店街公認、レスラーはそれぞれの商店街の代表として戦いを繰り広げる。プロレス解説者の柴田惣一が解説。ファン代表として玉ちゃんも参加。柴田惣一は若い女性が多くなっている、昔もプ女子はいたが若い女性だったなどと話した。

棚橋弘至など代表的なイケメンレスラーを紹介。玉ちゃんはオカダ・カズチカの試合が見事だった、中邑真輔はアメリカで有名などと話した。

つづいて昭和のプロレスブームを振り返る。30年代は力道山。街頭テレビが力道山の人気に一役買った。当時の映像を公開。なぎら健壱は力道山の試合を見ていたという。柴田惣一は戦後復興の象徴だったとコメント。また当時はプロレスでショック死をした人もいたという。

40年代に入るとBI砲。ジャイアント馬場とアントニオ猪木。ジャイアント馬場はアメリカに修業にいった、16文キックは偶然生まれたという。16文のサイズを紹介。当時は個性豊かな外国人レスラーも登場した。柴田惣一はタイガー・ジェット・シンの取材で蹴られたなどと話した。

昭和50年代は異種格闘技戦がスタート。最も有名な試合はアントニオ猪木vsモハメド・アリ。ルールがガチガチでアントニオ猪木はやれることがなかった、そのため批判されたという。しかし今では評価されている。アントニオ猪木の入場曲は元々はモハメド・アリのものだった。またミル・マスカラスのテーマ曲も有名。本当は失恋の歌だという。美保純はこの時代は女子は入れなかったとコメント。

さらにインパクトを与えるマスクマンの初代タイガーマスクが登場。アニメのタイガーマスクから生まれた。最初のマスクは手づくり、試合を見て観客が熱狂した。そのあと話題になったのがハルク・ホーガン。ある試合で対戦したアントニオ猪木は失神した。

柴田惣一はプロレスは勝ち負けだけではないとその魅力を語った。美保純は女子にも語らせてほしいとコメント。またまだまだ紹介しきれていないなどと話した。

あすのごごナマの番組宣伝。

キーワード
HP
プロレス
プ女子
DDT
いたばしプロレスリング
なかいたへそマスク
グレートぴかちゃん
棚橋弘至
オカダ・カズチカ
中邑真輔
力道山
ジャイアント馬場
アントニオ猪木
16文キック
タイガー・ジェット・シン
アブドーラ・ザ・ブッチャー
アンドレ・ザ・ジャイアント
モハメド・アリ
ミル・マスカラス
ジャンボ鶴田
藤波辰巳
天龍源一郎
長州力
初代タイガーマスク
タイガーマスク
ハルク・ホーガン
  1. 前回の放送
  2. 3月8日 放送
  3. 次回の放送