ごごナマ おしゃべり日和▽怒髪天・増子直純さん山口智充さん 男盛りのナイショ話

『ごごナマ』は、NHK総合テレビジョンにて2017年4月3日から平日午後に生放送されている大型情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年9月27日(水) 13:05~14:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (バラエティ/情報)
13:05~

本日のゲスト、増子直純と山口智充を紹介した。2人は友人で番組スタッフがリサーチを進めると、さまざまな共通点が浮上した。

番組へのご意見 募集中。メールは番組HPから。FAX 03-3465-4910

キーワード
ホームページ
怒髪天
赤ら月

おしゃべり日和 (バラエティ/情報)
13:06~

本日のゲストは増子直純と山口智充。もともと共通の知り合いがいて、甲本ヒロトの家に遊びに行こうという企画があり仲良くなったという。

番組へのご意見 募集中。メールは番組HPから。FAX 03-3465-4910

テーマ曲:「フォークシンガー」なぎら健壱。

増子直純と山口智充の音楽の共通点は「売れ方のクセがすごい」。山口智充は芸人なのに3枚目のシングル「全てが僕の力になる!」でオリコン1位を獲得。宮迫博之とのユニット「くず」はもともとコントのキャラで、コントのたびに新曲を作っていた。ある時に世界柔道のテーマソングを作ってくれという依頼が来たという。くずの曲が1位になり、人気ロックバンドのGLAYが緊急会議を開いたという。くずは現在解散していて、今はソロで作詞、作曲をしている。

増子直純はリズム&演歌にこだわっている。怒髪天は結成から33年目を迎える。デビューからなかなか売れない日々が続きライブの観客が2人だけということもあり活動を休止した時期もあった。苦しんだ経験をいかし現代社会の哀愁を歌にするJapaneseR&E、リズム&演歌という独自のジャンルを確立し、歌詞やメロディーが多くのファンの心を掴んだ。メンバー全員が音楽だけで食べられるようになったのは40代になってからだという。リズム&演歌について増子直純は「R&Bはブルース。日本で言うと絶対に演歌なんですよ。アメリカの南部にいっておじいちゃんに歌ってって頼むと、たぶんブルースを歌う。日本だと浅草とかの飲み屋でおじいちゃんになんか歌ってっていったら絶対に演歌を歌いますから」などと話した。

番組へのご意見 募集中。メールは番組HPから。FAX 03-3465-4910

山口智充のものまねレパートリーは100種類を超える。「音飛びするCD」や「音痴のウグイス」などを披露した。ものまねの原点はミニカー遊びだった。ミニカーで遊んでる時に、シフトチェンジやブレーキなどの効果音もちゃんとやっていたという。山口智充は「ごっこですけども、リアルを追求していたんですね。そこから効果音を自分から発するというのが自然に身についてきたのかもしれません」などと話した。今もバイクが大好きで、海外の車やバイクをカスタムする番組にハマっている。

増子直純の特技は話術。トークや発言が支持されて若者やファンから兄貴と呼ばれている。発言力が見込まれNHKの「視点・論点」に4回出演した。番組の責任者になぜ増子直純を起用したかたずねると、「ユニークな視点でおもしろい話しができると思った」と答えた。増子直純は怒髪天活動休止中にプロレスのリングアナや実演販売人をやっていた。増子直純がスタジオで穴空包丁の実演販売を披露した。増子直純は「もともとパンクバンドから始まって、大人は社会の歯車だみたいな感じだったのが、実演販売を初めて、全国のお母さんたちとふれあい、いい人ばかりだと気付いた。そこから歌う内容とかが変わった。」などと話した。

番組へのご意見 募集中。メールは番組HPから。FAX 03-3465-4910

「船越のクエスチョン5」。5つの質問をするのでイエスかノーで答える。「オジさんばバンドと呼ばれるのは心外だ?」。増子直純はノーと答えた。「家電芸能の枠に入りたい?」。山口智充はノーと答えた。「本当は歌よりも演奏がしたい?」。増子直純はノーと答えた。「見た目どおりアウトドア派だ?」。山口智充はノーと答えた。「今夜は二人で飲みに行く?」。2人ともイエスと答えた。

「オジさんばバンドと呼ばれるのは心外だ?」という質問に増子直純は「もう50ですからね。うちのドラム、痛風ですからね」などと話した。「本当は歌よりも演奏がしたい?」という質問に増子直純は「楽器できないんですよ」などと話した。「見た目どおりアウトドア派だ?」という質問に山口智充は「自身持ってアウトドア派だとは言えない。外が好きです。なんか皆さんのイメージで、テント生活してたり、キャンプだとダッチオーブンで料理してみたいなイメージですけど、テントで寝たことない。無人島でサバイバルの仕事が来たけど、コンタクトレンズが煮沸できないって理由で断った」などと話した。

番組へのご意見 募集中。メールは番組HPから。FAX 03-3465-4910

山口智充は、職人などが使う前掛けを集めている。約40枚を持っていてお気に入りの前掛けがスタジオに登場した。山口智充は「見つけると絶対に購入しちゃいます」などと話した。全員で前掛けを付けた披露した。

増子直純はヘドラのフィギュアを集めている。自宅には約400体を所有している。1971年に公開した映画「ゴジラ対ヘドラ」で登場する怪獣。当時問題になっていた海のヘドロから生まれた怪獣。お気に入りのヘドラがスタジオに登場し説明した。増子直純は「異形で子供向けの怪獣じゃない。絶対に意思が通じない顔してるじゃないですか。そういう所に恐怖心を感じる、子どもの頃から好きなんです」などと話した。

増子直純のヘドラ愛が瑛太に影響を与えた。増子直純と瑛太は去年舞台「サンバイザー兄弟」で共演。瑛太は「楽屋でヘドラの話になり、その頃まだヘドラを知らなくて、まずいちばんんオーソドックスなヘドラのフィギュアをプレゼントしてくれた、僕もこの造形といい、映画のストーリーといいものすごくハマってしまった。ほぼ洗脳ですよね」などと話した。瑛太は立派なヘドラコレクターに成長し、とある番組で実際のヘドラに会うことができたという。

怒髪天は現在全国ツアー「怒髪天 GOLD N’ SILVER TOUR 2017 “きんは100歳、ぎんも100歳、俺達あわせて200歳”」の真っ最中。残りは東京と沖縄。

ぐっさんのニッポン国道トラック旅!の番組宣伝。

創立110周年を迎えた東北大学から中継。3時台の中継では東北大学の知られざる歴史を紹介する。小田和正の母校で、東日本大震災で被災した学生たちを励まそうと新たな歌を描き下ろした。

番組へのご意見 募集中。メールは番組HPから。FAX 03-3465-4910

「にっぽんトレッキング100」「ファミリーヒストリー」の番組宣伝。

番組へのご意見 募集中。メールは番組HPから。FAX 03-3465-4910

視聴者からのメッセージを紹介。「ライブにいくと最後に生きてまた会おうなと言われます、このセリフを言うと決めたきっかけはなんでしょうか?」というメッセージ。増子直純は「次もライブ絶対に行きますって言ってたのに、事故とかで亡くなったりとか何回かあったんで、なにしろ生きのびて次まで会う約束しようぜっていうのが一番大事だと思って言うようになった。」と答えた。

番組へのご意見 募集中。メールは番組HPから。FAX 03-3465-4910

キーワード
ホームページ
フォークシンガー
なぎら健壱
甲本ヒロト
全てが僕の力になる!
くず
GLAY
TAKURO
オトナノススメ
怒髪天
清水泰次
坂詰克彦
上原子友康
赤ら月
あおっぱな
視点・論点
痛風
ヘドラ
ゴジラ対ヘドラ
サンバイザー兄弟
怒髪天 GOLD N’ SILVER TOUR 2017 “きんは100歳、ぎんも100歳、俺達あわせて200歳”
東北大学
小田和正
  1. 前回の放送
  2. 9月27日 放送
  3. 次回の放送