情熱大陸 2012年12月23日放送回

『情熱大陸』(じょうねつたいりく、英字:JOUNETSU - TAIRIKU)は、毎日放送の制作により、TBS系列局で日曜日の23時00分 - 23時30分(JST)に放送されている人間密着ドキュメンタリー番組である。本項では、本番組の第39回から使用されている葉加瀬太郎作曲のテーマ曲「情熱大陸」についても記す。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年12月23日(日) 23:00~23:30
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
23:00~

オープニング映像。

お笑いアーティスト 鉄拳 (バラエティ/情報)
23:01~

東急ハンズで売っているドウランでメイクをして、営業でネタを行った鉄拳。彼は今年3月にネットで公開した「振り子」というパラパラ漫画で再ブレイクを果たした。BGMにはMUSEの曲が使われた。そしてRAM WIREの「名もない毎日」のミュージックビデオなど、自身のパラパラ漫画が採用されるようになった。

鉄拳は週に一度、唯一のレギュラー番組であるテレビ東京の「おはスタ」の収録に参加した。鉄拳は「この番組があるから、『鉄拳』という役を維持できているかな」と語った。

鉄拳は、会社などで人が上司という役割を演じるように、自分も「鉄拳」を演じていると語った。そんな彼が、守ってきたものをさらけ出し、今回この番組の取材を受けることになった。

彼が育ったのは長野県・大町市。実家は理容店を営んでおり、3か月に一度帰省し鉄拳ヘアにスタイリングしてもらっている。鉄拳は高校1年で「ちばてつや賞」の入賞者に名を連ね、24年後にパラパラ漫画家の顔を手に入れた。帰省するたび母の墓参りに訪れる鉄拳は、「振り子」のモデルは両親であると語った。

鉄拳が今一番描きたい物をパラパラ漫画で表現してくれないか、そんなお願いを投げかけた。鉄拳の独創的なアイデアはふとした日常から生まれ、彼は早速新作漫画のアイデアを練り始める。20人の友人にリサーチし、インスピレーションを沸かせた。

鉄拳は吉本興業の東京本部で、ミュージックビデオやCMの打ち合わせなどを行った。自宅に戻り、作品のイメージに合わせた曲を聞きながらパラパラ漫画の制作を行った。原画は6コマ/秒。例えば「振り子」は上映時間4分30秒に対して原画枚数は1500枚。執筆期間は3ヵ月に及んだ。部屋には「水戸黄門」のネタなど、スケッチブックのネタ帳が800冊積まれている。

いよいよ執筆活動を開始。鉄拳は下書きなしでペンを走らせ、道具・アイデアは生活半径で揃えている。自宅では缶詰で執筆活動に励み、アシスタントはペットの小鳥一羽だけだという。

鉄拳は営業でネタを披露し、楽屋でもメイクをしたまま、パラパラ漫画の執筆を続けた。

キーワード
MUSE
振り子
おはスタ
スケッチ
東急ハンズ
RAM WIRE
名もない毎日
ちばてつや賞
吉本興業
大町市(長野)
水戸黄門

お笑いアーティスト 鉄拳 (バラエティ/情報)
23:23~

鉄拳は完成したパラパラ漫画を取材陣に渡した。鉄拳は、「つらい思いをした時に、楽しいことを思うとそれを振りきれるかな、ということを伝えたかった」と作品のテーマを語った。

鉄拳のパラパラ漫画「いつも心に太陽を」を放送した。

CMのあと、プロインタビュアー吉田豪。

キーワード
いつも心に太陽を
吉田豪

エンディング (その他)
23:28~

情熱大陸の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 12月23日 放送
  3. 次回の放送