ニュース 2013年3月9日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年3月9日(土) 12:00~12:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
12:00~

オープニング映像と井上二郎アナの挨拶。

ニュース (ニュース)
12:00~

中国の楊潔篪外相は北京の人民大会堂で悪化した日本との関係について、「現在の関係は日本が一方的につくりだしたもの」と日本側を強く批判した。日中間には尖閣諸島をめぐる問題などがあるが、楊外相は対話による問題解決を望むと述べた。また、金正恩第一書記率いる北朝鮮については核実験の強行を非難した。映像ではピョンヤンで民衆の前に現れた金正恩第一書記の姿が流れた。

国連安全保障理事会が制裁決議で北朝鮮に対して制裁を大幅に強化する措置に対して、北朝鮮外務省はさらなる核実験などの挑発を示唆した。北朝鮮はあさって以降朝鮮戦争の休戦協定や韓国と互いに武力侵攻しないとした合意を無効にすると宣言しており関係各国は警戒を強めている。

西日本・東海・北陸の各地で黄砂が観測された。福岡では黄砂飛来とともにPM2.5の値が高くなる見通し。午後も広範囲に飛散すると予想され交通影響などに注意を呼びかけている。一方中国・北京ではPM2.5の平均濃度が政府基準値の1.5倍から2倍の状態が続いており大気汚染の更なる深刻化が懸念されている。

福島県内の避難区域で損壊により除染できない住宅について、政府が除染前に修理費用を補助することに決めた。住民が業者などに依頼し費用を政府・東京電力が補助する方向。環境省は地元の強い要望に帰還早く進めるため補助が必要と考えたとコメントしている。

大規模な災害が起きた際、迅速に被害者の心のケアに当たるため、厚生労働省は、精神医療や介護のチーム(DPAT)を派遣する組織を設立することを決めた。医療分野はDMAT が診療に当たっている。

津波の被害で入学する生徒が減少し、今月で閉校することになった宮城県石巻の「大川中学校」で今日、最後の卒業式が行われた。

キーワード
楊潔篪外相
北京(中国)
人民大会堂
尖閣諸島(沖縄)
ピョンヤン(北朝鮮)
核実験
国連安全保障理事会
北朝鮮外務省
北朝鮮
韓国
名古屋(愛知)
福岡市(福岡)
黄砂
PM2.5
福島県
除染
DPAT
DMAT
厚生労働省
石巻(宮城)
津波

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 3月9日 放送
  3. 次回の放送