民進党代表選候補共同会見 2016年9月2日放送回

放送日 2016年9月2日(金) 13:30~14:05
放送局 NHK総合

番組概要

民進党代表選候補共同会見 (ニュース)
13:30~

民進党本部に設けられた特設会場には民進党代表候補者が集まった。岡田代表の任期満了に伴う民進党の代表選挙は今日告示された。本日の会見では届けで順位発言をした後、記者からの質問に答えることになっている。3人は自らの政策や党運営について説明することになっている。

蓮舫代表代行から会見が始まった。掲げるのは新世代の民進党。信頼を取り戻してワクワクするような政治を作り、この党を引っ張って行きたいと話した。参議院選挙で全国を回ったが、全国には不安が横たわっていた。少子化は止まらず、2人に1人が貧困であるという。2人大学に行ったら1人は奨学金。大学を出たら4人に1人が非正規社員のこの現状は自己責任とは言えないと話した。雇用の不安が広がっていると話した。年金や介護の不安も広がっている。全てのステージで安心を広げたいと話した。3人は同じ方向を見て、素晴らしい国を作りたい。愛すべき国を作りたいと話した。道半ばなのが行政改革。闘いは厳しく抵抗もすごかった。この3年9か月行政改革という言葉が遠のいた。東京オリンピック・パラリンピックでは女性知事になって始めてメスを入れる。政府は何をしているんだという気持ちになり、行政改革の必要性を感じたという。全ての世代に納得した納税の結果を返したいと話した。

私は旧民主党選挙の戦犯1人だと思っている。政治は結果責任。旧民主党では何も出来なかったという潔さ、そして国民の前に土下座をして我々にもう一度チャンスを与えて下さいと土下座をする先頭は、戦犯である私だからこそ相応しいのではないかと思っている。『ALL For ALL』という新たな考えを皆さんに提示し、民進党の新たな考え方にしたい。『皆が皆のために』。格差是正といえば、お金持ちから税金をたくさん取って貧しい人に移転をするというのがこれまでの我が国の考え方だった。企業を儲けさせ株価を上げさせて、皆いずれ豊かになるだろうと言ってもなっていない。国民の不安に応えるには皆が少しづつでも負担をし合い、皆が受益者になり、納得して税を収めサービスを供給して、結果として格差がなくなり、多くに人の不安が払拭される。そんな社会を作らなくてはいけないのではないか。その中核は子どもとお年寄り。0歳から5歳までの就学前教育は無償化する。お年寄りについても看護の体制を整えて、安心をしっかりと提供していく、人への投資が経済成長に繋がる。そういう社会を作るために先頭に立たせて頂きたい。そう思って立候補した。

私たちは変わらなければならない。民進党は残念ながら国民の信頼を集めることができていない。我々は根っこから変わっていかなくてはならない。今回の出馬でも若すぎる・当選回数が少ないと何度言われたか分からないし、私自身がそう思っている。でも、そんな私がこの代表選挙に出馬をし、変革の思いをがむしゃらに訴えないと国民に届かない。国民に、民進党が本気で変わろうとする覚悟を見せることが出来ないと思ったから今回の出馬を決定した。 今回の代表選挙を通じて新しい民進党のページを開いていきたい。 具体的な政策が1つあり、私は借金してでも子育て政策5兆円。GDPの1%分を倍の2&とし、どんな家庭に生まれても安心して子育てをし、教育を受れられる為の環境を整備したい。20年で100兆円の子ども子育て支援を増額をし、安心して生きていける社会を作り上げていきたい。

民進党本部からの中継。民進党代表選共同記者会見で蓮舫代表代行は安倍政権との対立軸について、分配のありかただと語った。また蓮舫代表代行は再投資・再分配を考えるべきだと語った。

民進党本部からの中継。民進党代表選共同記者会見で前原元外相は安倍政権との対立軸について、アベノミクスをまったく評価していないと語った。また前原元外相は好循環を作っていくことが政策だと思っていると語った。

民進党本部からの中継。民進党代表選共同記者会見で玉木国体副委員長は安倍政権との対立軸について、自民党は短期のことしか考えていないと語り、構造的な問題に挑戦したいと語った。

民進党本部からの中継。民進党代表選共同記者会見で前原元外相は憲法改正への姿勢について、平和主義を脅かす憲法9条改正には反対であると語った。また自衛隊の位置づけを討論すべきだという考えを示した。

民進党本部からの中継。民進党代表選共同記者会見で玉木国体副委員長は憲法改正への姿勢について、憲法裁判所の必要性について積極的に議論すべきだと語った。

民進党本部からの中継。民進党代表選共同記者会見で蓮舫代表代行は憲法改正への姿勢について、憲法9条は守りたいと考えていると語った。また憲法については調査会が必要か、代表に選ばれた後に考えたいと語った。

民進党本部からの中継。民進党代表選共同記者会見で玉木国体副委員長は他候補との違いについて、自分が1番田舎者であり、不安を感じて暮らしている人に近い所でくらしていると語った。

民進党本部からの中継。民進党代表選共同記者会見で蓮舫代表代行は他候補との違いについて、自分が女性であることだと語った。

民進党本部からの中継。民進党代表選共同記者会見で前原元外相は他候補との違いについて、失敗の経験をたくさんしていると語った。

民進党の代表選共同記者会見について解説された。蓮舫氏は新世代の民進党を強調していた。前原氏は旧民主党時代の深い反省という言葉を強調した。玉木氏は変革という言葉を強調した。

キーワード
蓮舫代表代行
前原元外務大臣
玉木国会対策副委員長
民進党
民進党代表選
少子化
子どもの貧困
行革
前原元外相
格差是正
生活保護
玉木国体副委員長
自民党
国債
GDP
安倍政権
アベノミクス
自衛隊
9条
憲法改正
蓮舫
岡田代表
参議院
東京オリンピック
東京パラリンピック
民主党本部
子育て支援策

気象情報 (ニュース)
14:03~

全国の天気予報を伝えた。

経済情報 (ニュース)
14:04~

東京外国為替市場の為替、東京株式市場の日経平均株価・東証株価指数の値動きを伝えた。

キーワード
東京外国為替市場
為替
日経平均株価
東証株価指数
東京株式市場
  1. 9月2日 放送