大相撲名古屋場所 七日目 ▽北の富士語る(2)大関昇進

放送日 2018年7月14日(土) 16:00~18:00
放送局 NHK総合

番組概要

大相撲名古屋場所 七日目(中継1) (スポーツ)
16:00~

栃ノ心の休場を伝えた。

北の富士勝昭が大関昇進について語る。栃ノ心について、1年ぐらい前は怪我も多かったし、大関昇進とは思っていなかったという。昭和41年、予想外の大関昇進について、緊張はしたが、感動とか喜びはなかったという。北の富士は香車という愛称で呼ばれていたのが、大関になったとたん変わったという。大関になった重みについては、負けたときのショックがこれまでとは比べ物にならないほどだったと話した。

キーワード
栃ノ心

ニュース (ニュース)
16:07~

西日本と東日本では猛烈な暑さとなっている。午後3時までの最高気温は岐阜県多治見市で38.7度、京都市で38.5度など、ことし国内で初めて最高気温が38度を越えた。各地で熱中症に警戒が必要で、気象庁はこまめな水分・塩分補給などできるかぎりの対策をとるように呼びかけている。豪雨で大きな被害を受けた岡山県倉敷市真備町では男女11人が熱中症の疑いで業病院に搬送された。大気の状態が不安定なため、土砂災害・川の氾濫に十分注意が必要。

安倍首相はきのう、愛媛県の豪雨災害の被災地を視察した際に、足の付根に痛みを感じたことから、きょう慶応大学病院で診察を受けた。右足の股関節周囲炎と診断され。医師からは特段の治療は必要ないものの数日間できるだけ股関節を動かさず安静にするよう診断を受けたという。安倍首相はあすの広島県訪問を取りやめ、小此木防災相が視察を行うことになった。

キーワード
甲府(山梨)
多治見市(岐阜)
京都市(京都)
坂町(広島)
真備町(岡山)
熱中症
安倍首相
新宿区(東京)
愛媛県
広島県
股関節周囲炎
小此木防災相

大相撲名古屋場所 七日目(中継2) (スポーツ)
16:10~

東【十両三】琴勇輝(5勝2敗)。西【前頭十四】隠岐の海(4勝3敗)。琴勇輝の押し出し。

休場となった栃ノ心は今朝インタビューに答えた。足が踏めない、名古屋の皆さんに申し訳ない、と話した。春日野親方は責任感も強く痛みにも強いが相当痛いんだろうなと思うと話した。

東【前頭十四】琴恵光(2勝5敗)。西【前頭十六】北勝富(5勝2敗)。北勝富士の押し出し。

きょうの幕内の取組を紹介した。

東【前頭十六】明生(2勝5敗)。西【前頭十三】朝乃山(6勝1敗)。朝乃山の突き落とし。

東【前頭十三】栃煌山(5勝2敗)。西【前頭十五】竜電(3勝4敗)。栃煌山の寄り切り。

東【前頭十一】碧山(3勝4敗)。西【前頭十五】石浦(4勝3敗)。石浦の引き落と。

東【前頭十二】荒鷲(2勝5敗)。西【前頭十】錦木(3勝4敗)。荒鷲の小手投げ。

東【前頭十】千代丸(2勝5敗)。西【前頭十二】佐田の海(3勝4敗)。佐田の海の寄り切り。

東【前頭十一】阿武咲(4勝3敗)。西【前頭九】豊山(4勝3敗)。阿武咲の押し出し。

幕下上位、十両の結果を伝えた。

十両この一番。安美錦と明瀬山との一番を紹介した。

東【前頭九】妙義龍(5勝2敗)。西【前頭六】千代大龍(6勝1敗)。千代大龍の寄り切り。

東【前頭六】遠藤(6勝1敗)。西【前頭八】旭大星(1勝6敗)。遠藤の押し出し。

幕内の結果を紹介した。

キーワード
大相撲名古屋場所
明瀬山
安美錦

ニュース (ニュース)
17:00~

西日本と東日本では猛烈な暑さとなっている。午後4時半までの最高気温は岐阜県多治見市で38.7度、京都市で38.5度など、ことし国内で初めて最高気温が38度を超えた。豪雨の被災地を含む広い範囲で35度以上の猛暑日となり、広島県三次市で37.1度、岡山県高梁市で37度、愛媛県大洲市で36.2度となっている。岡山・広島・愛媛では熱中症jの疑いで搬送される人が相次いでいる。気象庁はこまめな水分・塩分補給などできるかぎりの対策をとるように呼びかけている。大気の状態が不安定なため、局地的な雷雨のおそれがあり、土砂災害・川の氾濫に十分注意が必要。

福岡県大刀洗町の橋の橋脚が傾いて沈み込んでいる。橋は鉄筋コンクリート製で長さ約60メートルある。近くの小中学校の通学路になっていた。巻き込まれた人の情報はない。大刀洗町は記録的豪雨で増水した際に川底が削られ、橋脚の1つが傾いたのが原因とみて調べている。

キーワード
気象庁
多治見市(岐阜)
京都市(京都)
真備町(岡山)
熱中症
西予(愛媛)
三次市(広島)
高梁市(岡山)
大洲市(愛媛)
三島(静岡)
大刀洗町(福岡)

大相撲名古屋場所 七日目(中継3) (スポーツ)
17:03~

東【前頭七】大栄翔(4勝3敗)。西【前頭五】嘉風(0勝7敗)。大栄翔の押し倒し。

東【前頭五】大翔丸(2勝5敗)。西【前頭八】千代翔馬(2勝5敗)。千代翔馬の寄り切り。

あすの十両、幕内の取組を紹介した。

東【前頭七】宝富士(4勝3敗)。西【前頭四】輝(3勝4敗)。輝の押し出し。

東【前頭四】魁聖(5勝2敗)。西【前頭二】千代の国(4勝3敗)。魁聖の突き落とし。

東【小結】玉鷲(4勝3敗)。西【小結】松鳳山(1勝6敗)。玉鷲のはたき込み。

東【前頭一】琴奨菊(2勝5敗)。西【関脇】御嶽海(7勝0敗)。御嶽海の寄り切り。

東【関脇】逸ノ城(3勝4敗)。西【前頭二】勢(2勝5敗)。逸ノ城の寄り切り。

東【前頭一】正代(2勝5敗)。西【大関】栃ノ心(5勝2敗)。栃ノ心休場のため、正代の不戦勝。

東【前頭三】阿炎(2勝5敗)。西【大関】高安(5勝2敗)。高安の寄り倒し。

東【大関】豪栄道(4勝3敗)。西【前頭三】貴景勝(4勝3敗)。貴景勝の突き落とし。

勝利した貴景勝のインタビュー。2日連続で大関に勝利したことについては、よくも悪くもない、自分の相撲だけ考えていた、1日1日目の前の相手に向かっていくだけだと話した。

本日の取組結果を紹介した。

きょうの取組、明生-朝乃山、妙義龍-千代大龍、遠藤-旭大星、琴奨菊-御嶽海の取り組みを紹介した。

あすの取組紹介した。

キーワード
大相撲名古屋場所
千代大龍
妙義龍
明生
朝乃山
旭大星
遠藤
御嶽海
琴奨菊
  1. 前回の放送
  2. 7月14日 放送
  3. 次回の放送