謎の狩人バショウカジキ カリブ海大集結を追う 2017年3月14日放送回

放送日 2017年3月14日(火) 2:19~ 3:04
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
02:19~

カリブ海にいるバショウカジキについて伝える。バショウカジキは世界最速の魚で、その狩りの様子などを伝える。知られざる巨大魚の姿に迫ると伝えた。

キーワード
バショウカジキ
カリブ海

オープニング (その他)
02:19~

カリブ海にいるバショウカジキは世界最速の魚。知られざる巨大魚の姿に迫る。

キーワード
バショウカジキ
カリブ海

謎の狩人バショウカジキ カリブ海大集結を追う (バラエティ/情報)
02:21~

メキシコのカンクンには多くの観光客が集まると伝えた。このリゾート地の沖合で、バショウカジキがイワシの大群を襲うと伝えた。今回は岩田高志博士がバショウカジキを調査する。調査には刀祢和樹さんも同行すると伝えた。船に乗って沖合いに出るとマダライルカに出会った。バショウカジキを見つけるためには鳥の群れを見つける必要があると伝えた。

船でバショウカジキを探しまわっているとグンカンドリの群れを発見した。そこでその下を潜ってみるとバショウカジキが泳いでいるのを発見した。そこには沢山のイワシの群れがいたと伝えた。そこでバショウカジキがイワシの狩りをしている様子が伝えられた。

天気が大荒れになったので調査は難航した。それからバショウカジキが見つからないまま1週間が経過した。ムヘーレス島ではバショウカジキはカリブ海を代表する魚だという情報が伝えられた。そこで地元の漁師に話を聞いた。バショウカジキはとても釣るのが難しい魚だと話題になった。

バショウカジキがこの時期に集結する理由について、現地の海洋生物学者のラファエル・デ・ラ・パラさんに話を聞いた。大集結の理由は海底の地形と海流にあるとラファエル・デ・ラ・パラさんは語った。

調査を始めてから10日が経過してようやく天気が安定してきたと伝えた。今回はバショウカジキの行動を近くで見るために、バショウカジキにカメラを追わせるという新たな作戦を実行することになった。そこでバショウカジキの狩りの様子が映像として伝えられた。バショウカジキは顔の先端部分で魚を叩いている様子が伝えられた。エサに食いつく瞬間に背びれを開いている様子が伝えられた。

岩田高志博士は新たな調査のための準備を行っていると伝えた。岩田高志博士はバイオロギングという手法で調査を行うと伝えた。この方法は動物にカメラを取り付けて、その行動を解明する調査方法だと伝えた。調査はバショウカジキを釣り上げることから始まる。ただバショウカジキは警戒心が強いので簡単なことではないと伝えた。30分の格闘でなんとかバショウカジキを釣って記録装置を取り付けた。

翌日になって記録装置からGPSの位置情報が届き始めたと伝えた。GPSでは数キロしか絞り込めないので、あとは近くに行って、記録装置が発する電波を直接アンテナで拾って探すしかないと伝えた。そこで船で電波を探している様子が伝えられた。そして記録装置の回収に成功した。記録装置にはバショウカジキが泳いでいる様子が伝えられた。そこである特徴的な動きを発見したと伝えた。尾びれを激しく動かすと背びれが開いていると伝えた。方向転換をする際に背びれを出していることがわかったと伝えた。

キーワード
バショウカジキ
カリブ海
カンクン(メキシコ)
イワシ
マダライルカ
グンカンドリ
ラウンド・サーディネラ
ムヘーレス島

謎の狩人バショウカジキ カリブ海大集結を追う (バラエティ/情報)
02:21~

メキシコのカンクンには多くの観光客が集まる。このリゾート地の沖合で、バショウカジキがイワシの大群を襲う。今回は岩田高志博士がバショウカジキを調査する。調査には刀祢和樹さんも同行。船に乗って沖合いに出る。バショウカジキを見つけるためには鳥の群れを見つける必要がある。船でバショウカジキを探しまわっているとグンカンドリの群れを発見した。そこでその下を潜ってみるとバショウカジキが泳いでいるのを発見した。そこには沢山のイワシの群れがいる。カメラはバショウカジキがイワシの狩りをしている様子を捉えた。天気が大荒れになったので調査は難航した。それからバショウカジキが見つからないまま1週間が経過した。

天気が大荒れになったので調査は難航した。それからバショウカジキが見つからないまま1週間が経過した。ムヘーレス島ではバショウカジキはカリブ海を代表する魚だという情報が伝えられた。そこで地元の漁師に話を聞いた。バショウカジキはとても釣るのが難しい魚だと話題になった。

バショウカジキがこの時期に集結する理由について、現地の海洋生物学者のラファエル・デ・ラ・パラさんに話を聞いた。大集結の理由は海底の地形と海流にあるとラファエル・デ・ラ・パラさんは語った。

調査を始めてから10日が経過してようやく天気が安定してきた。今回はバショウカジキの行動を近くで見るために、バショウカジキにカメラを追わせるという新たな作戦を実行することになった。撮影をしていると、バショウカジキが顔の先端部分で魚を叩いている様子を撮ることができた。エサに食いつく瞬間に背びれを開いている。

岩田高志博士は新たな調査のための準備を行っていた。岩田博士はバイオロギングという手法で調査を行うと話す。この方法は動物に記録装置とカメラを取り付けて、その行動を解明する調査方法。調査はバショウカジキを釣り上げることから始まる。バショウカジキは警戒心が強いので簡単なことではない。30分の格闘でなんとかバショウカジキを釣って記録装置を取り付けた。

翌日になって記録装置からGPSの位置情報が届き始めたと伝えた。GPSでは数キロしか絞り込めないので、あとは近くに行って、記録装置が発する電波を直接アンテナで拾って探すしかないと伝えた。そこで船で電波を探している様子が伝えられた。そして記録装置の回収に成功した。記録装置にはバショウカジキが泳いでいる様子が伝えられた。そこである特徴的な動きを発見したと伝えた。尾びれを激しく動かすと背びれが開いていると伝えた。方向転換をする際に背びれを出していることがわかったと伝えた。

狩りのシーズンが終わりに近づいた3月のはじめに、バショウカジキの狩りを詳しく観察するために再度海に出ることになった。海に出るとペリカンが狩りをしていたので、その下を調べた。そこにはイワシの群れとバショウカジキがいた。水中を撮影するとイワシの群れと、狩りをするバショウカジキの群れがいた。狩りの際にはバショウカジキの背びれが開いている。捕食の瞬間や、途中からシワハイルカも狩りに参戦している映像が伝えられた。

翌日になって記録装置からGPSの位置情報が届き始めた。GPSでは数キロしか絞り込めないので、あとは近くに行って、記録装置が発する電波を直接アンテナで拾って探すしかない。船を出し、電波を探す。ついに記録装置の回収に成功した。記録装置にはバショウカジキが泳いでいる様子を捉えていた。その映像から、特徴的な動きを発見した。尾びれを激しく動かすと背びれが開いている。方向転換をする際に背びれを出していることが分かったのだ。

キーワード
バショウカジキ
カリブ海
カンクン(メキシコ)
イワシ
グンカンドリ
ラウンド・サーディネラ
ムヘーレス島
ペリカン
シワハイルカ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月14日 放送