シブヤノオト 2019年6月9日放送回

シブヤノオト(SHIBUYA NOTE)は、2016年4月24日より、NHK総合テレビジョンで日曜日に放送されている音楽番組で、『MUSIC JAPAN』の後番組であり、『NAOMIの部屋』の姉妹番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月9日(日) 0:05~ 0:35
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:05~

渡辺直美ら出演者が挨拶。生放送ということで、ゲストの大森靖子が番組ツイッターで生ツイートを行う。

キーワード
シブヤノオト ツイッター

シブヤノオト (バラエティ/情報)
00:05~

SEVENTEENが「Happy Ending」を披露した。

SEVENTEENのメンバーは4月にジャパンツアーを行った際、大阪と福岡の温泉に行ったといい、時間があれば足を運びたいという。

心地良くもクセのあるサウンドが持ち味のTempalayはBTSのRMがツイッターで楽曲を紹介するなど、押さえておくべきアーティストとして位置づけられている。メンバーを掘り下げると注目すべき情報のオンパレード。フジロックの前日に小原は骨折し、たまたまいた友人をギタリストとして出演して貰った。また、藤本夏樹はドラムプレーを披露する前にルックスで採用されたらしい。

Tempalayが「のめりこめ、震えろ。」を披露した。

徳井義実は大森靖子の旦那さんに言及すると失言だったことに気づき、渡辺直美が進行を進めた。

同性カップルの日常を描いたドラマのエンディングテーマを手掛けたのがフレンズで、ドラマにはチャンカワイも出演。原作コミックを読み、作詞したという。メンバーが生ライブの準備中、チャンカワイは「イントロめっちゃポップ、サビめちゃめちゃポップ」などとプレゼンテーション。

フレンズが「iをyou」を披露した。

5月23日の収録後、徳井義実、渡辺直美がユニットを組み、曲を出すというプロジェクトが始動。ユニット名は「クロワッサンムーンシャイネス」。坂本龍一、米津玄師ら著名なアーティストに作曲を依頼し、将来的には紅白出場を狙うが全ては白紙段階。まず、プロデューサーに抜擢されたのはひろせひろせで、大森靖子が生ツイートのため写真撮影。

悩める10代女子の本音を痛烈な歌詞で表現する大森靖子が「青春全てを捧げた存在」と評する峯田和伸とコラボレーション。峯田は大森とのメールのやり取りなどを明かし、大森は「峯田さんのロックは生き様だから」などと話すも、峯田に口を塞がれた。徳井は「2人とも酔っ払ってんの?」と語った。峯田は今回のライブで友人に「大丈夫じゃないかもしれないけど、大丈夫だと伝えたい」と意気込み。小原綾斗も大森と同じく銀杏BOYZが好きだという。

大森靖子feat.峯田和伸が「Re:Re:Love」を披露した。

キーワード
SEVENTEEN
Happy Ending
革命前夜
RM
BTS
どうしよう
ツイッター
Tempalay
フジロック
のめりこめ、震えろ。
シブヤノオト ツイッター
フレンズ
iをyou
坂本龍一
米津玄師
銀杏BOYZ
大森靖子feat.峯田和伸
Re: Re: Love

エンディング (その他)
00:32~

大森靖子と峯田和伸によるパフォーマンスに渡辺直美、徳井義実は感嘆していた。そして、SEVENTEENはWEBスペシャル動画の告知、渡辺が番組の次回予告を行った。

キーワード
SEVENTEEN

番組宣伝 (その他)
00:34~

逆転人生の番組宣伝。

プロフェッショナル 仕事の流儀の番組宣伝。

スポーツ酒場語り亭の番組宣伝。

ダークサイドミステリーの番組宣伝。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月9日 放送
  3. 次回の放送