ガッテン! めざせ健康長寿 大注目の検査はこれだ!

『ガッテン!』(GATTEN)は、NHK総合テレビが2016年4月13日より放送を開始した生活情報番組・科学番組である。毎週水曜日の19:30 - 20:15(JST)に放送される。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年5月10日(水) 19:30~20:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

健康長寿の秘訣が最新研究でわかってきた。将来平均寿命は100歳を迎えると伝えた。また長寿のカギは血液検査で簡単にチェックできる。

BGM:「ジューダム」椎名林檎

キーワード
椎名林檎
ジューダム

めざせ健康長寿 大注目の検査はこれだ! (バラエティ/情報)
19:31~

健康長寿の最新研究のチェックについてスタジオでは話題になった。山根千佳は90歳、笑福亭笑瓶は100歳、LiLiCoは105歳まで生きたいと語った。

福岡県筑紫郡に居る92歳の阿南重継さんに話を聞いた。阿南重継さんの趣味はジョギングで足腰もしっかりしている。阿南重継さんは病気はしたことないと語った。阿南重継さんは161歳の最高齢ペアでフルマラソン完走したということと、家族三世代でマラソンを完走した合計最高齢というギネス世界記録を持っていると伝えた。

アメリカ・ミネソタ州にある最新研究が可能な病院のメイヨー・クリニックにあるヴァン・デューセン博士の研究室を訪れた。ヴァン・デューセン博士は慢性炎症を止めれば健康長寿を得ることができると語った。

スタジオでは慢性炎症について話題になった。慢性炎症を止めるとがんのリスクも減らせることができ、より健康に年をとることができると伝えた。病気にならずに天寿をまっとうする方法だと伝えた。血液検査の中に慢性炎症を教えてくれる項目があり、それは「CRP」という項目だと伝えた。

血液検査で分かる「CRP」が慢性炎症には重要な項目。東京臨海病院では救急で患者の状態を把握するのに「CRP」が重要だと伝えた。「CRP」は炎症の指標として救急の現場で使われている項目だと伝えた。炎症がひどければ数値が高くなる。慢性炎症は本人に自覚がない弱い炎症で、長く続くと動脈硬化やガンなどを引き起こす。また機械で「高感度CRP」というものができて、CRPの詳しい内容が分かるようになったと伝えた。「高感度CRP」によって慢性炎症が分かるようになったと伝えた。

体の中の小さな炎症を調べることができるのが「高感度CRP」。少数第2位まで検出されていれば、高感度CRP検査だと伝えた。人間ドックのほとんどの施設、健康診断の施設では約5割の血液検査で高感度CRPが組み込まれている。そこで年代別に高感度CRPの調査をすることになった。20代では値が非常に低く、40代だと数値が高い人が多い。50代はさらに高い数値の人がいた。基準値の0.3を超える人もいる。

スタジオでは年齢を重ねるとCRPの数値が高い傾向にあると伝えた。そこで実際に検査した結果が図として紹介された。CRPの数値が高い傾向にあるのは「肥満」の人だと伝えた。肥満になってくると脂肪細胞が大きくなり、そのことによってじわじわ炎症が続き慢性炎症になると伝えた。専門家の小川佳宏は肥満の人が慢性炎症の傾向になっていることがわかると語った。また脂肪の中でも内臓脂肪が非常に炎症を起こしやすいと伝えた。また歯周病も炎症を引き起こす原因になると伝えた。

キーワード
筑紫郡(福岡)
ギネス世界記録
ミネソタ州(アメリカ)
メイヨー・クリニック
Science
慢性炎症
東京臨海病院
新東京病院
歯周病
  1. 前回の放送
  2. 5月10日 放送
  3. 次回の放送