ガッテン! 緑内障!こんなタイプは要注意だ

『ガッテン!』(GATTEN)は、NHK総合テレビが2016年4月13日より放送を開始した生活情報番組・科学番組である。毎週水曜日の19:30 - 20:15(JST)に放送される。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年4月12日(水) 19:30~20:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

今回は緑内障について解説する。気づかないうちにどんどん視野が狭くなり失明の危険もある目の病気で40歳以上の20人に1人が発祥している。しかし、目の研究が大進歩しているとのこと。今回は緑内障にガッテン!

椎名林檎「ジューダム」が流れた。

キーワード
緑内障
ジューダム
椎名林檎

目の健康を守りますSP (バラエティ/情報)
19:32~

緑内障になりやすいのはどんなタイプの人か。夜のお悩みが関係していると聞き、スタジオで「下着を裏表にはいてしまった」「地味な色の下着を選ぶようになった」「いびきがすごくなった」などと回答。正解は60歳を過ぎてからいびきをかくようになったことだと回答。他の患者さんもいびきが気になるようになったという。3年前に緑内障が発覚した鈴木さんは、いびきのせいで寝室も夫と分けることになってしまったという。お姉さんと旅行に行った時も工事現場のようないびきが大変だったという。実際にTVの撮影カメラを残していくと、カメラにも大きないびきの音が入っていた。指原莉乃は寝言やいびきを指摘されたことはないと話す。新幹線でいびきがすごい人をたまに見かけるよねとコメント。緑内障になりやすい特徴的ないびきは、途中で無呼吸になってしまうもの。鈴木さんは30秒以上も無呼吸状態が続いていた。無呼吸症候群と緑内障は論文も発表されていて、睡眠時無呼吸症候群の患者100人中27%が緑内障だったという。緑内障の原因は眼圧で、眼圧が高まると視神経が傷つき視野が欠けてしまう。眼圧検査の結果が10~20mmHgなら正常値。睡眠時無呼吸症候群で緑内障の人は発覚時20mmHg、19mmHg、18mmHg、13~14mmHgと範囲内だったため、範囲内でも安心はできない。最新装置で眼底の深い部分の毛細血管を調べ、緑がかっていれば正常。緑内障の場合、緑色の範囲が少なく血流が下がって青みが強く出る。

緑内障について解説。網膜の視神経がダメージを受けることにより視野が欠け、失明の恐れも出てくる。東北大学医学部の中澤徹さんが緑内障になりやすいタイプを紹介し、睡眠時無呼吸症候群、低血圧・高血圧、糖尿病、偏頭痛の症状が当てはまるという。

白内障とは眼球の水晶体が白くにごる病気なのだが、手術でかなりよくなると言われる。一方の緑内障は、気がつかないのが怖く、失明に至ると解説した。そこで今から緑内障になった人が登場する。

紹介するのは東京大田区にあるメガネ店を経営する小林さん夫婦。奥さんは「緑内障ですか!?私が!?」と驚いたという。小林さんは全く視野が狭くなっていることに気づかなったという。他の患者さんも日常生活に差し支えなく、目のトラブルもなく、全く気づけないという人がほとんどだった。

東北大学医学部 眼科学教室が行った実験映像を紹介。普通の状態と冷水に10秒手を浸した場合を比較すると、網膜の血流状態が大きく違った。冷え性が目の見え方と関係しているとの結果もあり、血液の量と質の維持が大切とされる。

緑内障をなぜ気づけないのか?解説。白内障はレンズにダメージを受けるが、緑内障は網膜の視神経がダメージを受けるとのことで、どんどん視野が狭くなってしまう。しかし、実は脳がだいたいこんな感じと補ってくれるため気づけないのだという。

家族歴も緑内障に関係しており、血縁のある親族に緑内障患者がいる場合はリスクが高くなるという。中澤さんはその場合は早めに検診を受けることをオススメした。また、強い近視は眼球が大きくなり毛細血管を圧迫し、網膜の血流低下を起こしやすい。

眼底検査のVTRを紹介(撮影協力:大森たなか眼科)。眼底検査では視神経のダメージをチェックすることができる。また、OCTは緑内障の早期発見に有効とされる。中澤さんによると、緑内障の治療は現在は眼圧を下げる点眼薬が用いられており、手術をしなくても多くの患者が眼圧を下げ緑内障の進行を抑制できるという。中澤さんは正常値でも眼圧を30%低下させると80%の患者で緑内障の進行を抑制できるとの海外研究データを紹介した。

眼圧を下げる点眼薬は処方薬のため、医師の指示に従うことが大切。緑内障治療歴3年の鈴木幸枝さんは慣れるまではつい目薬を忘れてしまうこともあったという。点眼薬治療を始めて1年後に約40%の患者が使用をやめてしまうとの調査もあった。また、有酸素運動は全身の血流改善に加え、眼圧を下げてくれるとの研究結果もある。

中澤さんは、緑内障の検査に行く対象になると思われる人の中でも40歳以上の人は検査に行くことを勧めた。老眼による見えづらさと思い込んで緑内障の発症に気づきにくいというケースもある。中澤さんは低血圧や糖尿病などの症状のある人や家族歴のある人は、たとえ眼圧が正常と言われても眼底検査を受けることをオススメするとアドバイスした。

札幌市にある北海道大学病院・新明康弘先生を取材。新明先生は、コンタクトレンズ型の眼圧計を紹介。寝ている間でも眼圧が測定できるという。去年、新明先生らが発表した論文では、眼圧が高くなくても緑内障になってしまうことが確かめられた。

立川志の輔は、緑内障の検査に行くことを勧めた。

キーワード
緑内障
白内障
睡眠時無呼吸症候群
低血圧
高血圧
糖尿病
偏頭痛
東北大学
大田区(東京)
冷え性
大森たなか眼科
眼底検査
OCT
眼圧
北海道大学病院
札幌市(北海道)

エンディング (その他)
20:12~

「ガッテン!」の次回予告。

緑内障になりやすいタイプを解説。40歳以上で、低血圧・高血圧、糖尿病、偏頭痛、睡眠時無呼吸症候群、強い近視、家族歴のある人が当てはまる。

エンディング映像。

キーワード
緑内障
低血圧
高血圧
糖尿病
偏頭痛
睡眠時無呼吸症候群
近視
  1. 前回の放送
  2. 4月12日 放送
  3. 次回の放送