どーも、NHK 2018年11月11日放送回

『どーも、NHK』(どーも、エヌエイチケイ)は、2016年4月10日より放送を開始したNHK総合テレビジョンの番組宣伝・自己批評番組である。日曜 11:20 - 11:54に生放送されている。番組タイトルの「どーも」は、NHKのステーションキャラクター『どーもくん』に因む。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年11月11日(日) 11:20~11:54
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
11:20~

出演者らが挨拶し、秋の味覚トークした。

週間どーもナビ。シリーズ「人生100年時代を生きる」など今日のラインナップを紹介した。

週刊どーもナビ (バラエティ/情報)
11:21~

「AI育成お笑いバトル師匠×弟子」の番組宣伝。人気お笑い芸人達に人工知能が弟子入りし、師匠が考え出した方法で弟子を育成。その後、番組で弟子AI同士が大喜利対決をする。2回目の放送となる今回は、人気プロレスラーの永田裕志が参戦。プロレス界を毎既婚で育成した弟子AI を引っさげし、大喜利バトルに挑む。弟子AIたちはどんな大喜利回答をするのか。

「人生は旅だ料理も旅だ~三ツ星シェフが見つけた日本~」のの番組宣伝。東京・帝国ホテルのシェフとして働くティエリー・ヴォワザンさんに密着。日本で出会った食材でフランス料理に仕上げていく。ティエリーさんは「文化」などの出会いが新たな料理を生み出すべく日本に来たとのことだ。彼はどう日本とフランスの文化の壁を乗り越えたのか。ティエリーさんの料理哲学を紐解きながら、独自の料理に迫っていく。帝国ホテルの総料理長・田中健一郎さんと切磋琢磨し合う二人の姿も描いている。

趣味の園芸の番組宣伝。今回は2018台中フローラ世界博覧会を紹介。コチョウランの魅力を教えてくれるのは園芸研究家・富山昌克さん。蝶の舞には独特な気品があり、贈り物として人気を集めている。番組では、最先端の技術に迫る。まさに進化が止まらないコチョウランの世界をお届け。ラン栽培の楽しみ方も共に伝えていく。

「NHKスペシャル シリーズ 人生100年時代を生きる」の番組宣伝。98歳の母親を支える73歳の息子。日本は今、100年時代に突入し高齢者介護はますます必要となっている。解決策としてサ高住が設置され、比較的元気な高齢者が集まり民間企業も参入した。想定外にも対応に間に合わず、事故も起きている。一方、介護の負担が多く収入に見合わない高齢者が終の住処に追われる状況が出ている。番組では母親の介護を続ける作家の阿川佐和子さんなどとともに解決策を探っていく。

一週間のおすすめ番組「人生は旅だ 料理も旅だ」などのラインナップをおさらいした。

キーワード
千原ジュニア
大久保佳代子
コカドケンタロウ
中岡創一
永田裕志
ティエリー・ヴォワザン
田中健一郎
2018台中フローラ世界博覧会
三上真史
富山昌克
台湾
コチョウラン
陣 石舜
サービス付き高齢者向け住宅
阿川佐和子

もっとNHK (バラエティ/情報)
11:33~

生まれつきの脳の特性により様々な困難を生じる発達障害。NHKは今月、この発達障害について幅広く取り上げるキャンペーンを実施。発達障害の困りごとや生き辛さを表現したアニメーション。発達障害の困難を抱えながら社会で活躍する人たちの工夫や知恵。そして、発達障害のある人とない人がともに幸せに暮らすヒントとは?今日は発達障害キャンペーンについて。

東京都・渋谷はゆるやかに晴れている。

今月24日放送の発達障害って何だろうスペシャル。発達障害がありながら各界で活躍する姿を通して、発達障害とは何かを考える特集番組。歯切れ良い語り口で人気の落語家柳家花緑さん。実は文字の読み書きが苦手で台本の漢字には一つ一つふりがなをふって覚えているという。この特性のため学校の成績では1や2が多かったという花緑さん自分はLD(学習障害)なのではと考えているという。しかしこれまで詳しい検査は受けたことはなかった。今回自分の特性をしっかり知りたいという思いから専門機関で精密検査を受けることになったという。タレントエッセイストとして活躍する小島慶子さん。今年7月、発達障害の一つADHD(注意欠如・多動症)であることを告白した。ADHDの人の日常の困りごととはどんなことなのか、番組では今回小島さんの日常に密着。ADHDの特性は遅刻が治らないこと。家族の支えや日常生活での工夫など自分の特性と上手く付き合っていくヒントを探る。11月19日~21のきょうの健康では発達障害を取り上げる。岩波明さんがそれぞれの症状に合わせたサポートの方法を教える。そして今月22日のきょうの健康は栗原類さんへのインタビュー企画。子供の頃からモデルとして活躍していた栗原類さん、アメリカに住んでいた8歳のときに発達障害の診断を受けた。そこからどういった経緯でいろいろなことを克服して、モデル・俳優として活躍するまでに至ったのか。その知恵を聞く。

発達障害って何だろう?という問いかけが今回全体のテーマとなっている。編成局長の小野木氏は「発達障害の人は、得意なことと不得意なことが非常に大きかったり、物の感じ方や捉え方が他の人と大きく違うといった特性があるとされている。そのために周りの人たちとの関わりが上手くいかないこともあるという。発達障害について考えることは障害のある、なしに関わらず多様なものの見方をする人たちがどう一緒に暮らしていけるか。それを考えることにつながればという思いを込めて発達障害とはなんだろうと改めて考えることを全体のコンセプトにした」とコメント。2分間のミニ番組シリーズ「ふつうってなんだろう?」。発達障害の人が抱える困りごとを当事者の証言とアニメーションで表現する。このアニメに出てくる感覚過敏について証言してくれたのは神奈川県在住の石井さん、 アニメーション作家の今津さんと話し合いながらわかりやすく伝わる作品を作っていく。そして、石井さんは発達障害の子供を支援するNPOを尋ねた。石井さんは今NPOの仕事を手伝っている。この日はホームページのリニューアルについて話し合うために訪れた。文字の読み書きが苦手なLDやADHDの特性も併せ持つ石井さん。高校時代まで、このNPOでサポートを受けていた。石井さんをサポートしてきた言語聴覚士の沖村さんは、今回石井さんがアニメーション制作をしたことには大きな意味があるという。

u&iは読み書きが苦手なLDの子が学芸会のために頑張る姿を同級生の視点から描いていく。22日放送の「所さん!大変ですよ」ではASD(自閉スペクトラム症)の特性を取材。この病気は、ある伝統工芸では大きな強みになるという。発達障害の強みを社会の中で生かす道を探る。17日放送のウワサの保護者会ではかつて同じことで悩んだという経験者が集った。子供への接し方や適切なサポートについて語る。今回紹介した番組以外でも総合テレビではおはよう日本、あさイチ、クローズアップ現代+など、EテレではハートネットTVなど、そしてラジオ第1のすっぴん!で取り上げる。そして、放送と連携する形でネットでも特設サイトを開いている。またNHKハートフォーラム(発達障害関連)も実施。鹿児島では今日。

キーワード
発達障害
渋谷区(東京)
LD
ADHD
岩波明さん
ふつうってなんだろう?
感覚過敏
自閉スペクトラム症
おはよう日本
あさイチ
クローズアップ現代+
ハートネットTV
すっぴん!
発達障害キャンペーン特設サイト
NHKハートフォーラム
NHKハートプロジェクト ホームページ
名古屋市(愛知)
大阪市(大阪)
鹿児島市(鹿児島)
佐賀(佐賀)

番組宣伝 (その他)
11:52~

大河ドラマ”西郷どん”第42回「両雄激突」の番組宣伝

NHKスペシャル 「見えないものが見える川 奇跡の清流 銚子川」の番組宣伝

キーワード
NHKオンデマンド
銚子川

エンディング (その他)
11:53~

来週のゲストは磯村勇斗さん。「どーもくんとあっちむいてホイッ」が行われた。

槇原敬之の「どーもありがとう」が流れた。

キーワード
どーもありがとう
磯村勇斗
  1. 前回の放送
  2. 11月11日 放送
  3. 次回の放送