グッと!スポーツ 闘うママアスリート バレーボール 荒木絵里香

『グッと!スポーツ』は、NHK総合にて2016年4月5日から放送中のスポーツ情報番組である。司会は嵐の相葉雅紀が務める。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年12月25日(火) 1:45~ 2:30
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
01:45~

オープニング映像。本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手。

荒木絵里香選手が登場。母親でもある荒木選手について相葉雅紀らは「究極のママさんバレー」など話した。児島はロケでバレーボールに挑戦するが、受けた腕がとても痛いとし、荒木選手は産後復帰したら腕が真っ青になったと明かした。

キーワード
荒木絵里香
東京五輪

女子バレーボール 荒木絵里香 (バラエティ/情報)
01:46~

荒木選手にスタジオでスパイクを披露してもらう。スタジオには3つの的を用意。相葉は見るために反対側のコートに立ち見学した。

本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手、荒木選手には多くのファンがサインを求める。話を聞くと「ブロックに感動する」という声が多かった。身長186cmの荒木のポジションはミドルブロッカー、どこから打ってきてもすべてをブロックに行く。Vリーグでは7回のブロック賞、北京五輪ではベストブロッカーに輝いた。日本代表の中田久美監督は「相手との駆け引きが上手い」と絶賛。荒木は駆け引きについて、ジャンプした瞬間は手を広げ、誘い込むと明かした。さらに目ではセッターのトスが上がるまで動かず、細かなステップでタイミングを合わせて決めるとした。堀川真理は荒木について「来てないと思うとそこに手が出るし、しつこい」と話した。荒木は指先に当てて威力を弱めることは自分は最高だとした。

本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手、荒木選手は身長186cmでポジションはミドルブロッカー。荒木選手はブロックの成功とアタックではブロックの方が気持ちいいとし、1セットに1本決まればブロック賞になるほどだとした。荒木選手はなかなか決まらないので、できれば指で威力を弱めるようにすることでもいいとした。後ろに出すサインはブロックの位置と跳び方、攻撃の形を出し、日本代表とクラブのサインが混ざることもあり、チームメイトに聞くこともあると話した。

本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手、荒木選手のポジションはミドルブロッカー。荒木選手はネット際でブロックの駆け引きを解説した。

ネット際の駆け引きを教えてもらった相葉が荒木選手と対決。結果、相葉が勝利した。相葉は打とうした所に荒木選手がいたので急遽、手の位置を変えて違う方向にしたと話した。しかし、2回目の挑戦では相葉のアタックはキマらなかった。

本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手、荒木選手は日本代表で唯一30代。日本代表の平均年齢は25歳。石井優希は荒木の存在について「ミラクルが起こる」と話した。今年10月世界バレーのドイツ戦で、荒木のスパイクはブロックされたがたまたま腕に当たり、相手の頭に当たった。岩坂名奈や高橋沙織らは母親的存在だとし、黒後愛も母親と同じこと言っていると言うと「あなたのママじゃない」と言われたと明かした。日本代表の中田久美は荒木について人間力は別格で、対話できるのでエネルギーを使わなくていいとした。

本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手、荒木選手はいじられキャラで人に怒鳴るより自分がやることが先だと思うと話した。練習を決めるじゃんけんは8割負けるとした。

本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手、荒木選手の人間力をチェック。荒木はママさんバレーの練習に参加、全員の相手をして練習試合をした。チームメイトに「指先に力入れて」とアドバイス、荒木は反省した。児嶋一哉は「言っていいと思わせるのがすごい」と話した。荒木は初対面でも溶け込む完璧な対応だった。

本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手、相葉雅紀が荒木選手に「児嶋だよ!」を言わせるように振ったが、できなかった。

本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手、ご主人の元ラグビー日本代表の四宮洋平さんを取材。四宮さんは家での荒木について大雑把で、テーブルなどの上が物だらけだとした。身長が8cm差あり、リモコンが冷蔵庫の上にあったりすると暴露。寝室でベッドから脚が出ているとした。新鍋理沙は荒木選手について、娘とテレビ電話していると「ちゃんと働け」と言われていたと暴露。

本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手、荒木選手はご主人の元ラグビー日本代表の四宮洋平さんの話は全部ウソだったと指摘。ベッドから足が出ていたのは1回あったかどうかと答えた。

本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手、荒木選手は幼稚園のお迎えに行くとラフな格好で行くので身なりを気をつけたいとし、娘の叱り方がわからないとした。

本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手、荒木選手は子どもが喜ぶお弁当作りに挑戦。弁当コンサルタント野上優佳子さんは「好きなものばかり入れて素晴らしい」とし、赤黄色緑白の色があるのもいいとコメント。先生はどんぶりをおすすめした。

本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手、荒木選手は試合後に娘がコートサイドで駆け寄った写真を紹介。2014年に長女を出産、産後1か月で復帰を目指した。柔道ロンドン五輪金メダリストの松本薫は産後1か月半で畳に立ったが、両足を疲労骨折したりして大学1年生に投げられたとした。荒木は所属チームに5か月で復帰し、ブロック賞とベスト6に選出された。そんな中、日本代表の要請があったが即断ったと明かした。大友愛は母として代表参加した時について聞かれたと話した。荒木の母・和子さんが「やってきなさい」と背中を押してくれたという。和子さんは体育教師を辞め、部屋に住み込んで面倒をみた。和子さんは娘が1番かわいいので大事なものを守ってあげたいとコメントした。

本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手、荒木選手は母が代表へ背中を押してくれたことに「嬉しかった」とし、しっかりしないといけないと思ったと話した。40代半ばからは娘の追っかけ、60代半ばからは孫の追っかけをしたいと話した。

本日のゲストはママアスリートとしても活躍しているバレーボールの荒木絵里香選手、相葉雅紀がグッときたポイントは「たまに味方のサインを忘れるところ」と発表した。

キーワード
北京五輪
Vリーグ
世界バレー
ロンドン五輪

エンディング (その他)
02:29~

エンディングトークで、荒木選手は家族とともに2年後の東京五輪を目指すと話した。

次回予告。

キーワード
東京五輪

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 12月25日 放送
  3. 次回の放送