グッと!スポーツ 柔道界の革命児 ベイカー茉秋

『グッと!スポーツ』は、NHK総合にて2016年4月5日から放送中のスポーツ情報番組である。司会は嵐の相葉雅紀が務める。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年4月18日(火) 0:55~ 1:45
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:55~

今日のゲストはベイカー茉秋。

グッと!スポーツ (バラエティ/情報)
00:56~

ベイカー茉秋は片手で50kgのバーベルを持ち上げると話し、披露した。

ベイカー茉秋の日本史上初の90kg級での金メダル獲得には、独自の柔道スタイルが関係している。上水研一朗監督は、ベイカーは水のように相手を分析し自在に対応してしまうという。防戦一方に見えたリオ五輪2回戦で相手の心理を分析していたというベイカーは、相手が自分に緊張しているのがわかり、投げないのがわかったため一気に攻めたという。3回戦では、相手の戦略を分析したという、相手はベイカーよりも身長が20cm高く体格差を活かして戦おうとしているのがわかったため、上からの手をブロックし、強引な足技をかけてきて瞬間に技ありを決めた。リオ五輪の5試合を見ると、ベイカーの決め手となった技は多種多様だった。上水監督は、ベイカーは自分が何をすれば勝てるのか、異様なまでに執着すると話した。

ベイカーが自分の最大の武器と考えているのは根性とメンタル。元日本代表コーチの廣川充志さんは、ベイカーが準決勝直前の食事休憩中に待機場所で椅子に座ってランチボックスを置いてピクニックのように食べていたと話した。廣川さんは、周りの外国人が驚いていて、プレッシャーを与えたと思うと話した。さらに、40分後の決勝戦まで先ほどと同じ量を食べていたと話した。ベイカーは訂正すると、決勝戦前は本当は2時間位空く予定だったため食べたが、試合前に出しておこうと2回位吐いたと話した。

1人目は“五輪史上最高の一本がカッコいい”とした井上康生。2人目は“現在世界最強!!”としたテディ・リネール。身長204cm・体重129kg、世界選手権優勝8回・五輪2連覇を誇る。3人目は“一匹オオカミの熱い生き様!”としたイリアス・イリアディス。イリアディスの故郷・東欧のジョージアは民族対立など紛争が続いていた、イリアディスはギリシャに帰化し代表選手となり、2004年にアテネ五輪に出場、金メダルを獲得した。ベイカーは2016年にイリアディスと対戦し勝ったが、その年に引退するのを知っていたため勝ちたいと思っていた、組み合った感触で“レジェンド”だとわかったと話した。

東海大学柔道部のベイカー茉秋の後輩、前田宗哉とウルフ・アロンの2人に話を聞いた。2人はベイカーは5分経つと飽きてしまうと話した。逆に興味が5分以上続くことは何か。事前アンケートでは頭の中は柔道でいっぱいと答えていたが、“恋愛”の文字もあった。ベイカーは一生懸命頑張っている人が好き、一目惚れはしないタイプだと話した。さらに“犬”について調査すると、SNSでは犬の写真でいっぱいだった。ベイカーは、ドッグランが好きだと話した。

ベイカー茉秋と相葉雅紀が早取りクイズSpeed&Loveで対戦。犬に関するクイズが出題され、カードの中から該当する1枚を探す。3本先取で勝利。第1問は「ジャック・ラッセル・テリアの鼻は?」。ベイカー茉秋が正解した。第2問は「犬にあげてもいい食べ物は?」。相葉雅紀が「納豆」を取り正解した。第3問は「犬の肉球は?」。相葉雅紀が正解した。第4問は「戌年ではない人は?」。正解は「児嶋一哉」で相葉雅紀が正解した。

ベイカー茉秋の思い出の味「高校の監督の奥さんが作ってくれていたスペシャル弁当」を再現する。ベイカーは高校入学当時体重65kgと線が細かったが、練習熱心だったベイカーを監督が気に入り、スペシャル弁当を寮の3食に食わることで1日7食の生活をさせていた。最初のおかずはポークソテー、クック井上。は脂質を避け良質なタンパク質を取ることがポイントだったそうだと話した。ベイカーは高校の個人と団体両方で日本一になる夢があり90kgを目指していた、高校時代は遊んだ経験がないなどと話した。おかず2つ目は卵焼きでスライスチーズを包んでいる。クック井上。は揚げ物やラーメンは監督からNGが出ていたそうだと話した。

竹内徹監督が登場した。竹内監督はベイカー茉秋について、柔道では強気だったがそれ以外ではシャイだったと話した。ベイカーは竹内監督について、弱かった自分を育て上げてくれて感謝している、五輪準決勝・決勝の大内刈りは竹内監督が教えてくれた技だと話した。竹内監督は、五輪が終わった後にベイカーが高校時代の柔道着と帯を後輩たちにプレゼントしてくださいと言ってくれたためサイズが合う子にあげた、でも帯はプレゼントするのをやめて自分が持っておくことにした、職員室の机に飾っていると話した。

ベイカー茉秋が選んだ写真を紹介。「リオ五輪表彰式直後の1コマ」。ベイカーは大学1年生の時から付き人をして支えてくれた遠田扶巳也さんと抱き合っているシーンだと話した。付き人とは強豪大学などで有力選手につく専属の練習パートナー。さらに、交通機関のチェック・着替え飲み物の用意・洗濯なども遠田さんはやり続けたという。遠田さんは1・2年生の時は悔しい気持ちもあったという。しかし、2014年世界選手権でベイカーが2回戦で敗退した姿を見て、その時の後ろ姿を見た時に自分のことのように悔しくて、凄い選手のサポートが出来ることを誇りに思うようになったと話した。

スタジオトーク。ベイカーは打ち込みをする相手がいないと試合に臨めない、遠田さんは試合の度に付いてきてくれて、ここまで僕を支えてくれたというのは言葉では言い表せないと話した。スタジオに遠田扶巳也さんが登場した。ベイカーは最初に打ち込みをした時に友達としても仲良くしたいと思い、頼んでいたなどと話した。遠田さんは試合の時はベイカーよりも緊張すると話した。遠田さんはベイカーには振り回されることもあり、自分がお風呂に入った後に強引に銭湯に誘ってくるなどと話した。ベイカーは遠田さんに、リオ五輪までありがとう、東京五輪までよろしくとメッセージを送った。

相葉雅紀は遠田くんに“ここからも東京五輪までよろしくね”と言った瞬間と述べた。

本番終了後ベイカーは、東京オリンピックに向けてまた頑張りたい気持ちになったため明日からまた頑張りたいと思うと話した。

キーワード
リオデジャネイロ五輪
井上康生
シドニー五輪
テディ・リネール
イリアス・イリアディス
ジョージア
ギリシャ
アテネ五輪
ワールドマスターズ
東海大学 柔道部
ジャック・ラッセル・テリア
柴犬
ライオン
東海大学付属浦安高校
ディズニーランド
ポークソテー
卵焼き
世界選手権
東京五輪
東京オリンピック

エンディング (その他)
01:44~

グッと!スポーツの次回予告。

キーワード
登坂絵莉

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月18日 放送
  3. 次回の放送