クローズアップ現代+ 「【暴風】都市リスク通勤できない▽停電で熱中症リスクも…」

『クローズアップ現代+』(クローズアップげんだいプラス、英語: Today's Close-up)は、1993年からNHKで放送されているニュース・報道番組。放送開始時の番組名は『クローズアップ現代』。火曜日 - 木曜日の放送でNHK総合テレビジョンとNHKワールドTVおよびNHKワールド・プレミアム(2008年9月29日放送分からノンスクランブル放送)で放送されている。略称は『クロ現』。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年9月10日(火) 22:00~22:30
放送局 NHK総合

番組概要

都市生活はなぜ麻痺した? ~徹底検証・台風15号~ (ニュース)
22:00~

千葉県君津市では命に関わる事態まで迫っていた。さらに病院の機能も麻痺し、患者が緊急搬送されていた。今回の台風では都市の脆弱性や、想定外の悪循環があった。

千葉県では明かりが消えた街を車のライトだけが流れていた。停電した千葉県君津市では巨大鉄塔が2機倒れ、電柱も倒れたので広範囲の低電につながったとみられている。鉄塔の電気は送電線によって各家庭に送られる。今回、鉄塔の倒壊で約10万戸が停電している。一方、町中の電柱の被害によって発生した停電は約50万戸と復旧に時間がかかっていた。作業現場は道幅3mもない入り組んだ道を車で入る。東京電力によると、今日までに電柱は84本が倒壊していた。電柱は倒壊しなくても、吹き飛んだ屋根が接触しても停電が起きる。今回の台風では家庭に電気を届ける電線や電柱が被害にあったことで、広範囲の停電に繋がったという。

長引く停電で水や食料、電源を確保しようと多くの人が君津市役所に訪れていた。停電の影響が特に大きいのは、災害弱者と呼ばれる高齢者だった。君津市にある特別養護老人ホームでは、自家発電装置も使えずにエアコンもとまっていた。職員達は廊下の窓などを開けて風を入れているが、認知症の方が外に出る可能性があるという。そして今日になって治療が難しくなる病人がでて、自衛隊によって別の地区の病院にうつった。88歳の夫と暮らしている妻は、心臓の病気を抱えながら停電した家にいた。

千葉県君津市の小糸公民館から、栗原さんが中継を伝えた。現在の気温は31℃、湿度が70%と住民の皆さんは蒸し風呂のような状態で過ごしているという。公民館は自家発電ができるので、扇風機とわずかな明かりで住民が過ごしていた。

電力システムが専門の安田さんは今回の台風について「近年の地球温暖化によって、台風の勢力が非常に強まっている。なので今まで台風が来なかった地域にも来ている。今まで安全の基準をクリアしていた電柱も倒れている。北海道の昨年の被害は一時的にダウンしたので、最高で2日間停電しただけだった。しかし、今回は被害が大きく復旧も時間がかかる可能性がある。今後は地中ケーブルにすることで、将来のリスクが守られる。災害時のリスクマネジメントは、場当たり的な対応ではなく、優先順位の高いものに備えること」などと呼びかけた。

昨日、通勤の時間がいつもの3倍はかかったという村山さんは、通常だと京王井の頭線に乗り換えて通勤している。村山さんが駅につくと、駅は大混雑していた。朝の9時47分に新百合ヶ丘駅を出発し、途中で乗り換えるはずの私鉄が動いていなかったので新宿駅を目指した。動いていると思っていた新宿駅は、混雑して大幅に遅れていた。私鉄などは朝から動いていたが、JR山手線は午前10時まで動かなかった。人々は運転再開のズレで新宿駅に滞留していたという。山手線が出発する車庫は2か所だけで、本数も増やすことができずに時間がかかっていた。専門家は会社や事業所の場合も問題点を検証していくことが求められると話す。

会社に向かう人で大混雑した駅がある一方、殆どの社員が自ら出社しなかった会社を取材した。都内のソフトウェアメーカーでは、電車の運休が発表された日曜日の晩に在宅勤務をすすめる通知を社員全員に送っていた。この会社が災害時に在宅勤務を促すようになったのは東日本大震災で、在宅勤務に罪悪感を感じる社員もいてなかなか浸透しなかった。しかし、上司の承認手続きや在宅勤務のインフラも整備されていたので殆どの社員が在宅勤務を選択していた。

廣井さんは通勤大混乱で見えた課題について「計画運休や復旧の見込みは自然相手なので不確実性が高いが、分からないながらも発表するのは有意義だと思う。ただ、鉄道会社の努力だけでは混乱を解消することは難しい。足並みを揃えて都市の機能をとめることを考えることが必要。大阪府北部地震で職場に向かった人の割合では、出勤途中と答えた人が71.3%いた。その一方で出勤しなかった影響が特にないと答えた人は60.8%いた。こうした災害の時に出勤をどう減らすか、社会を考える事が大切」などと話した。そして解決策としては「企業・社会両方でのルール造り、災害時こそ無理しない。譲り合う、平時から働き方を見直す」を提案していた。

キーワード
君津市(千葉)
台風15号
停電
東京電力
ユニバーサルエネルギー研究所
君津市役所
災害弱者
小糸公民館
館山(千葉)
小田急線
京王井の頭線
運休
山手線
品川(東京)
東京大学
大阪府北部地震

エンディング (その他)
22:29~

クローズアップ現代+の次回予告。身近な病院でも!なぜ減らない“身体拘束”

クローズアップ現代+の番組FacebookとTwitterのテロップ。

NHKオンデマンドで配信のテロップ。

キーワード
番組Facebook
Twitter
NHKオンデマンド
  1. 前回の放送
  2. 9月10日 放送
  3. 次回の放送