クローズアップ現代+ 選 追跡!ネット広告の闇 水増しインフルエンサー

『クローズアップ現代+』(クローズアップげんだいプラス、英語: Today's Close-up)は、1993年からNHKで放送されているニュース・報道番組。放送開始時の番組名は『クローズアップ現代』。火曜日 - 木曜日の放送でNHK総合テレビジョンとNHKワールドTVおよびNHKワールド・プレミアム(2008年9月29日放送分からノンスクランブル放送)で放送されている。略称は『クロ現』。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月25日(土) 1:40~ 2:10
放送局 NHK総合

番組概要

追跡!ネット広告の闇 水増しインフルエンサー (バラエティ/情報)
01:40~

インスタグラムの口コミが若い世代を席巻している。あるモデルの女性が紹介した健康食品は痩せると謳うなど不当な表示をしたとして今年3月、消費者庁が措置命令を出した。売買された3万人のフォロワーを徹底追跡する。

フォロワー数数千人以上で影響力が大きい人はインフルエンサーと呼ばれて注目を集めている。インフルエンサーの女性が投稿している洋服のコーディネート写真の一部はアパレルメーカーから報酬をもらって宣伝をしているもの。オススメは口コミ広告として消費者の心を捉えている。1投稿あたり数千万円稼ぐセレブもいる。

今月始め、SNSのフォロワーを販売する業者が取材に応じた。1日100件以上の注文があり高くて1人あたり6.5円。その場でフォロワー数をお願いすると瞬時に1000人ほどのフォロワーが増えた。フォロワーを買った30代の女性は現在約1万5000人のフォロワーがいる。1000人ちょっとだけフォロワーを買った事があり、大台に乗せるときだけ利用したという。投稿するのは主に化粧品の話題で広告主から月10万円~20万円報酬を得ている。

水増しの実態を暴くため高山哲哉がインスタに3つのアカウントを登録し3つの業者から1万人ずつ購入を行った。名前を渋谷一郎、渋谷二郎、渋谷三郎とした。購入から2日後、フォロワー数が1万人を超えた。渋谷一郎のアカウントは世界150カ国からフォロワーされている事が判明、渋谷二郎は95%が何故かブラジルという結果、渋谷三郎は多くが中東だった。取材班は渋谷二郎のフォロワーが集中したブラジル・サンパウロでフォロワーの接触を図った。プロフィールに載ってる電話番号はデタラメばかりだったが実在のアカウントも存在した。地元でも治安が悪いと言われるエリアに住むフォロワー・アガタさんは夜間学校に通う16歳の女子高生だった。自家製アイスを作って生計を立てる一家で、そのアイスを宣伝するためにアカウントを作ったという。アガタさんは渋谷二郎をフォロワーした事を知らなかった。理容師のチアゴさんも勝手にアカウントを使われていた。調べてみると本人達の知らない100人近くの日本人アカウントをフォローしていた。

3万人を調べると2つの傾向が見えてきた。のっとりと架空があり、ブラジルのアカウントはのっとりだった。架空は中東を中心としたアカウントでボットと呼ばれるものだった。石井光太さんはインフルエンサーになって貧困から抜け出したいという夢を持っていて日本人がそれを食い物にしようとする怖さがあると話した。藤目琴実は多くのインフルエンサーが自分の投稿でフォロワーを増やしているがフォロワー数の違いで報酬に差が出来ると話し企業も被害者だと説明した。インフルエンサーを信仰しだしたら危険信号だという投稿を紹介。石井光太さんは「プロの書評家と口コミで分かれていたが、井戸端会議にお金を投入した事でセーブが効かなくなってきたのが問題」だと話した。

日本人フォロワーの中に洋菓子店のフォロワーがいたため高山哲哉が取材を行った。洋菓子店はインスタを使ったPR業者のチラシを見せてくれた。2年前に店を開きインスタを始めたばかりの夫婦はフォロワー数を増やして集客数をアップするサービスを利用した。関係のない我国の人が増えたので契約を解除したが店のアカウントが勝手に知らない人をフォローしていた事が分かった。番組が業者に確認をすると「契約解除後のフォローについては関わっていない」と答えた。同じくフォローしていた沖縄料理店を探したが1年前に閉店していた。連絡先が判明した日本人50人に取材をすると「あるパソコンのソフトを使った」という共通点があった。海外の無料ソフトで、これを使うとパソコンから写真の投稿・加工が可能になる。英語の利用規約を読むと「あなたのアカウントで他人をフォローする場合があります」と書いてあった。この事を洋菓子店に説明すると洋菓子店のパソコンにも入っていた。

トレンドマイクロの岡本勝之さんは「自分のIDとパスワードが求められる場合は利用も含め慎重に」と話している。水増しに使われていたアカウントの中には行政のものも見つかった。4つの地方自治体のうち2つは同じソフトを使っていてもう1つの自治体も可能性がある事を認めている。石井光太さんは「ソフトを使うって事はソフトを使った時点でSNSに自動的にいいねをしてる可能性もある。中東の方がISなんていうテログループはSNSを使って資金集めをしたり兵隊を集めたり宣伝をしたりしてる。知らない間にいいねをしたりしている。ブラジルであればSNSを使って誘拐する相手を探したりひったくりをする相手を探している。組織に対していいねをする可能性がある。フェイスブックにしても規約の中で違法な事をしてないって言いますけど放っといていい問題でなく使う人間がインターネットを使う、あるいはSNSを使う人間の責任として考えたうえで行動していかなきゃいけない」とコメント。藤目琴実は水増しインフルエンサーのフォロワーの推移を紹介。不自然なグラフは購入が疑われていてこうしたグラフは無料で見る事が出来る。

キーワード
インスタグラム
消費者庁
カイリー・ジェンナー
セレーナ・ゴメス
キム・カーダシアン
インフルエンサー
インスタ
サンパウロ(ブラジル)
フェイスブック
岡本勝之
トレンドマイクロ
IS
鮫川村(福島)
松戸市(千葉)
富士市(静岡)
千葉市(千葉)

エンディング (その他)
02:09~

クローズアップ現代+の次回予告

キーワード
クローズアップ現代+
  1. 前回の放送
  2. 5月25日 放送
  3. 次回の放送