クローズアップ現代+ 追跡“森友学園問題”

『クローズアップ現代+』(クローズアップげんだいプラス、英語: Today's Close-up)は、1993年からNHKで放送されているニュース・報道番組。放送開始時の番組名は『クローズアップ現代』。火曜日 - 木曜日の放送でNHK総合テレビジョンとNHKワールドTVおよびNHKワールド・プレミアム(2008年9月29日放送分からノンスクランブル放送)で放送されている。略称は『クロ現』。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年3月13日(月) 22:00~22:25
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

森友学園問題をめぐる特集。先週末、籠池理事長が開校目前の小学校の認可申請を取り下げた。まだ多くの疑問が残り、世論調査では国有地の売却額について国の説明に8割が納得できないとしている。籠池氏をめぐる疑惑も報道される中、国や大阪府が関わった小学校開校に向けた不可解なプロセスがある。今回関係者20人以上に取材し新たな証言を得た。

キーワード
森友学園
籠池泰典理事長

”森友学園問題” 新証言が次々と (ニュース)
22:01~

西村敏とスタジオ解説。今回の問題では国と大阪府が小学校の開校ありきで手続きを進めた実態があるという。大阪府が学園の要望で基準を緩和し、幼稚園だけ経営の学校法人でも借金をして小学校を設立できるようにしたのがきっかけにあるという。その後、国から土地取得ができることを前提に条件付きで認可適当とした。国側は認可適当の答申が出されることを前提に土地取得を了承した。また国有地売却について、交渉記録について国は保存期間は1年未満で契約終了とともに処分したとし、今回取材の近畿財務局OBからはパソコンなどに残っている可能性があり徹底した調査ができるとしている。また地中のゴミについては、国は現場での関係者からヒヤリングや写真で確認しているとし、算出方法も適切としている。

当時の認可の流れは、学校法人から認可の申請があると、私学審議会が妥当性を審議し、答申。最終的に大阪府が判断する。取材すると異例づくめだったことがわかった。委員の一人は当初から財務基盤を心配する声があった。議事録には異様さが際立っていた。府の担当者は「チェックをした上で適切であるかどうか判断している」などと説明。そのため信用するしかなかった。懸念は森友学園が土地を確保していなかった。原則小学校の認可には学校を建設する土地を所有することが必要だ。ところが今回配布された資料には国が森友学園と借地計画締結予定と記載されている。まだ決まっていない認可が前提となっている。

この異例の対応について、大阪府は認可を進めなければ土地取引は進まず形式的に門前払いになる状況だったため。保留になったものの翌月の臨時の審議会で財務状況を安定させるという条件付きで認可適当とした。学校法人の土地取引についても不可解な点が。国が交渉の記録を廃棄していた。元近畿財務局職員は「土地売買に関する交渉の記録はすぐに廃棄することはなかった」などと証言している。地下のゴミの調査は、推計約2万トンのゴミ全てを撤去する費用として8億2000万円の値引き額を算出した。写真を見るかぎりゴミの状況を詳しく確認したと判断できず、民間では取り引きは成立しないと業者は指摘する。

14年前の籠池泰典氏の映像。森友学園の籠池泰典氏は教育熱心な人で知られていた。幼稚園を視察した男性は「国や公を大切にすることが逆に言うと余りにもなさすぎる。反発があった」などと話した。小学国の学校案内には安倍昭恵氏をはじめ、議員を招き講演を行ってもらっていた。その政治家との人脈を使って行政を動かそうとした。

平成24年。大阪市の公園をめぐり地域住民と園との間でトラブルが発生した。広場の真ん中に花壇を造りたいとの住民の要望を受け市が工事を決定させたが、籠池氏は計画に意を唱えた。その後、籠池氏が市と面談した時の面談記録を公開。市議会議員が加わり籠池氏の主張に沿うように求めた。この2日後、花壇の設置は中止となった。山口県防府市・松浦正人市長は籠池氏の力になりたいと自ら動き、ゴルフ仲間の中川隆弘議員を紹介した。中川隆弘議員は小学校設置の認可に関する答申が保留となった直後に籠池氏から連絡があったことを明かした。

先月、府に提出された新設小学校の収支計画書によれば集まった寄付は3億9360万円。保守系政治関係者は「政治献金のような意識で寄付されていらっしゃる」と説明した。籠池氏は一連の経緯について「やましいことは一切していない」としている。

改めて、国会議員の名前が取り沙汰されていることに着目。西村敏は「籠池氏は安倍首相の名前を使って寄付金を募っていた」と説明し国会議員の関与について説明した。

元文部省の官僚・寺脇研氏は規制緩和のあり方に目を向けるべきだと語った。ノンフィクション作家・菅野完氏は今回の問題の背景について「安倍昭恵さんとの付き合いを全面に打ち出せば交渉は有利に進むと、籠池夫妻にそういうことをする方が自分たちの立場は有利になるんだっていう判断を下すに至らしめた時代の空気みたいなものの方がぼくは恐ろしい」と話した。

視聴者の声を紹介。「いい加減な形で幕引きをさせないよう徹底追求してほしい」の声を紹介した。地元住民は容疑者を特定しないまま背任の疑いで刑事告発することにしており疑惑の解明に向けた動きもあることを伝えた。また参議院予算委員会は16日に現地視察を行う予定。

キーワード
森友学園
籠池泰典
大阪府
私学審議会
衆議院予算委員会
佐川宣寿
近畿財務局
安倍昭恵
大阪市(大阪)
松浦正人
中川隆弘
籠池氏
安倍首相
  1. 前回の放送
  2. 3月13日 放送
  3. 次回の放送