クローズアップ現代+ 「フェイクニュース特集 “トランプの時代”真実はどこへ」

『クローズアップ現代+』(クローズアップげんだいプラス、英語: Today's Close-up)は、1993年からNHKで放送されているニュース・報道番組。放送開始時の番組名は『クローズアップ現代』。火曜日 - 木曜日の放送でNHK総合テレビジョンとNHKワールドTVおよびNHKワールド・プレミアム(2008年9月29日放送分からノンスクランブル放送)で放送されている。略称は『クロ現』。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年2月6日(月) 22:00~22:25
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

オープニング映像。フェイクニュースが人々を惑わせている。フェイクニュースによって銃撃事件も発生している。

スタジオではフェイクニュースについて話題となった。デープ・スペクターはアメリカのフェイクニュースは恐ろしいと語った。

キーワード
トランプ大統領
フェイクニュース
クリントン氏
ワシントン(アメリカ)

クローズアップ現代+ (バラエティ/情報)
22:04~

フェイクニュースを作っているという男性が紹介された。フェイクニュースを作っているという男性によるとフェイクニュースの見出しだけ見て、読みもしないで拡散する人がいるという。男性はウソを真に受ける社会が問題だと語った。

ある女性はニュースや新聞を全く読まないが、SNSで情報を得ることが習慣になっているという。女性は好む情報だけを受け取るようにしているという。専門家は、フェイクニュースの被害者にも加害者にもなり得ると語った。

ニューヨークからの中継。フェイクニュースは今でも作られており、「オバマ大統領が退任した後にホワイトハウスから離れるのを拒否した」というフェイクニュースが作られたという。

スタジオではフェイクニュースについて話題となった。アメリカ大統領選の際にはプロパガンダや差別・排斥など政治的意図を持ったフェイクニュースが作られたという。トランプ大統領はツイッターで「私に否定的な世論調査結果はすべてフェイクニュースだ」とコメントしたという。

ある記者は花火や爆竹で年越しを祝う様子を撮影したところ、移民が教会に放火したかのようなフェイクニュースが作られ、世界中に拡散したという。記者は反論記事を掲載したが、フェイクニュースの拡散を打ち消すことはできなかったという。

スタジオではフェイクニュースについて話題となった。フェイクニュースの拡散について、社会に大きな影響を与えるようになってきているが、そこを担っているネット企業が情報に責任を持つことも重要になってくるのではないかという意見が挙がった。

キーワード
フェイクニュース
フロリダ州(アメリカ)
トランプ氏
ヒラリー・クリントン氏
トランプ大統領
フェイスブック
ニューヨーク(アメリカ)
オバマ大統領
ツイッター
ドルトムント(ドイツ)
スティーブ・バノン
ニュージャージー州(アメリカ)

エンディング (その他)
22:24~

クローズアップ現代+の次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月6日 放送
  3. 次回の放送