時論公論 2013年4月30日放送回

放送日 2013年4月30日(火) 1:00~ 1:10
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
01:00~

オープニング映像。

山口補選 自民圧勝 -参議院選挙への影響は- (ニュース)
01:00~

安達宜正が、参議院山口選挙区の補欠選挙で自民党が圧勝した事を受けて、この結果が今後の政局や夏の参議院選挙に与える影響について解説した。補欠選挙は江島潔と平岡秀夫の一騎打ちの形になったが江島潔の圧勝となった。

今回の選挙ではどの政党も夏の参院選を意識したものとなった。自民は安倍首相の人気と与党の組織力、自民・公明の支持層をまとめに成功、対して民主は社民。みどりの支援を受けたが維新・みんなは自主投票となり明暗を分ける形となった。

この選挙の結果、参議院勢力は自民・民主が84議席で並んだ形となり、区割り法案が争点となる大型連休明けの国会から影響を与える。

夏の参院選のポイントは自民・公明の与党が過半数を確保できるのか、全国31の1人区の勝敗。安達宜正はこれまでの1人区での各党の参院選候補者状況を確認した。

夏の参院選は安倍政権になって初の国政選挙で、安倍政権の運営などが問われる。そしてここにきて急浮上している憲法改正問題がどうなるのかが争点となり、与党・野党の議論が行われている。

キーワード
山口県
江島潔
平岡秀夫
藤井直子
河井美和子
共産党
民主
参議院選挙
安倍
社民
みどり
維新
みんな
区割り法案
生活
共産
安倍政権

エンディング (その他)
01:09~

エンディング映像。

解説委員会ホームページをテロップ表示。

キーワード
解説委員会ホームページ

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 4月30日 放送
  3. 次回の放送