明日へ−つなげよう− 活断層の村で生きる〜熊本地震 西原村2年の記録〜

放送日 2018年4月15日(日) 10:05~10:53
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
10:05~

熊本・西原市の阿蘇の野焼きの映像。熊本地震で村は荒れ、ふるさとに残る、離れるで意見は割れた。村人らは中越地震被災地で人の話を聞いた。集落の未来を考える機会になったと村人は話す。

キーワード
熊本地震
西原市(熊本)
中越地震

明日へつなげよう (バラエティ/情報)
10:07~

熊本地震で布田川断層は約30kmほど地表に現れた。西原村は人口7000人程度、活断層で割れた。大切畑は被害がひどく22戸の9割が全壊し9人が下敷きになったが全員が救出され奇跡の集落と呼ばれた。区長が音頭を取り村人の団結力で困難に立ち向かった。復興を巡り、現地再建と集団移転などで意見は割れた。住民アンケートでは活断層に対する不安が大きく8割以上が移転希望。

村中心地として栄えた布田では82戸が全壊し3人が犠牲となった。移転するかどうかは人が多くまとまらない。役場担当者は村人中心の決定であってほしいと考え、村人らは役場にリードしてほしいと考えている。

布田で建設を請け負う男性は、災害現場の復旧に積極的に関わっていた。地震被害にあい自宅が倒壊、父が亡くなったが自身は命拾いしたため、地元に貢献できる仕事で頑張りたいと考えている。家族は断層から離れた場所への移転を希望。男性も家族を活断層から離したいと考えている。

布田の集会で突き上げられていた役場職員の男性は自宅が全壊、新しい家は完成しているが仮設住宅で暮らしている。仮設住宅では全員一緒に笑顔で暮らしていると語り、早くみんなに家を建てて欲しいとこぼした。

大切畑では役場と住民らが議論を重ねた。昨年7月にまとまった集落の復興計画は現地での再建。移転より個人負担が少ないこと、先祖代々の土地を離れなくて済むことが大きい。住民の1/3は集落を去る。地盤改良で強固な床を築き緊急車両のために道幅を広げる復興計画案は年度内着工を目指す。

山口さんは集落を離れるが水道組合長に任命された。山口さんは自宅が全壊し妻・子と仮設住宅に住んでいて、車で5分の場所に自宅再建を決定。家族の生活が優先と語る。それでも消防団活動には欠かさず顔を出す。集落を離れる者、残るものでも村を守りたいという気持ちに変わりはない。

布田で父を亡くした内村さんは吉井さんに呼び出され、村の意見がまとまる方法を聞かれた。現地の状況を見せて再建できない理由を語る。家族の安全が最優先だが村には思い出もある。内村さんと吉田さんは保育園の頃から幼馴染で、その晩は飲みながら部落を1つの意見にまとめてほしいなどと激しく意見を交わした。

大切畑は現地再建を決めたが住民1/3が出ていく。大谷さんらは中越地震被災地で全壊するも復興した旧山古志村を視察。似た境遇で復興した塩谷で、住民のまとめ役だった関さんから古民家「芒種庵」で話を聞く。芒種庵は震災後に住民が再建した村のシンボルで、離れた住民と残った住民のつなぎ役を果たす。鍵などがなく誰でも利用でき宿泊も可能。

布田は秋に住民の心を1つにするため復興まつりを開催。復興計画案もまとまり、移転費用の面などから現地再建が基本となっていた。内村さんの妻は大けがをし、辛い思いや先のことを考え現地再建を諦めたと話す。その晩に内村さんらは吉井さんの暮らす仮設住宅へ集まり、地区再生について役場主導の決定、布田の復興が最終目標などと意見をぶつけた。幼馴染の2人はお互い気持ちがわかっているという。

今年2月、大切畑のまとめた復興計画案に対し国予算が下りた。役場は1世帯ごとに道路拡張で変わることなどを説明。建設業者不足から復興計画の実現は分からないが全ての家から同意を取り付け工事を開始。大谷さんは塩谷で得た、離れた住民と残る住民が集まれる憩いの場というアイデアを検討中。震災で集落の20年先を考えるようになったことはチャンスだと語る。内村さんは独立してから休みなく働いており、地震には負けるたくないと語る。落とし所のために時間が必要とも。

キーワード
熊本地震
布田川断層
大切畑(熊本)
布田(熊本)
活断層
青なすび
牛の角突き
芒種庵
山古志村(新潟)
塩谷(新潟)
内田敏則
西原村(熊本)

明日へつなげよう (バラエティ/情報)
10:48~

熊本では減った観光客を呼び戻そうと様々な取り組みを行っている。高森町・高森駅など町内3ヶ所にあるQRコードを読み込むと男女キャラクターが音声でガイドをしくれる。声優は釘宮理恵、島崎信長。アニメ・漫画を用いた復興に取り組んでおり、人気漫画とコラボした列車の運行やアニメソング歌手を呼んだイベントなどで人を呼び込んでいる。声優によるガイドは来年3月まで水俣市などでも楽しめる。

明日へつなげようHP、「あしたブログ」の宣伝テロップ。

福島・南相馬、小高区で暮らす方々の声。牧草作りをする男性は村を活気づけ羊と暮らすため頑張りたいと話す。養蜂をする男性はサロンで村人らの繋がりで楽しく生きていると話した。

キーワード
高森駅
釘宮理恵
島崎信長
上色見熊野座神社
高森湧水トンネル公園
高森町(熊本)
合志市(熊本)
水俣市(熊本)
湯前町(熊本)
あしたブログ
明日へつなげよう
小高区(福島)
ミツバチ
  1. 前回の放送
  2. 4月15日 放送
  3. 次回の放送