ABUアジア・太平洋ロボコン 日本代表決定戦

放送日 2015年9月21日(月) 0:55~ 1:50
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:55~

ABUアジア・太平洋ロボコン 日本代表決定戦2015の様子を伝える。

キーワード
ABUアジア・太平洋ロボコン

ABUアジア・太平洋ロボコン 日本代表決定戦 (バラエティ/情報)
00:57~

6月7日に東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催されたABUアジア・太平洋ロボコン 日本代表決定戦2015の様子を伝える。20チームがトーナメント方式でがロボットによるバドミントンを戦い、世界大会進出を狙う。

豊橋技術科学大学と北見工業大学の対決。ストレートの5-0で豊橋技術科学大学が勝利した。

豊橋技術科学大学のロボットは縦横無尽に動きまわる2台のロボット。手動操縦だけでシャトルに追いつくのは不可能なので、自動制御を目指した。

豊橋技術科学大学 vs.早稲田大学の対決は、2-5で早稲田大の勝利。

手動を極めるのは早稲田大学で、ロボットが練習している様子が流れた。全て手動で、ペットボトルに入った空気の力を使っている。リーダーの三宅さんが、手動のために操縦テクニックが必要で日々練習している。

東京大学と東京農工大学の対決は、5-2で東京大学の勝利。

自動ロボットで挑む東京大学は過去4度の優勝を誇り、サーブ専用ロボットとレシーブ専用ロボットを作り一撃必殺を狙う。リーダーの西岡さんが絶対優勝すると話した。

横浜国立大学と新潟大学の対決は、新潟大学が勝利した。

横浜国立大学は出場2回目だが、試合前日の重量検査で1台のロボットが重量オーバーになってしまい、いらない部品を外した。ここまで3回戦まで勝ち上がり、吉田さんが涙を流した。

名古屋工業大学は2014年の世界大会で準優勝した強豪校で、2014年の操縦者野々目さんは、今年も行きたいと話した。ロボットは自動制御で、カメラ付きセンサーでシャトルの動きを予測する。対戦するのは東京大学で、名工大の試合を分析し安藤さんはシャトルを返したいと話した。

名古屋工業大学と東京大学の対戦は、東京大学が勝利した。

早稲田大学と東京大学の対決は、5-3で早稲田大学の勝利。

ABUアジア・太平洋ロボコン 日本代表決定戦に出場した電気通信大学などの活躍をダイジェストで流した。

早稲田大学と新潟大学の対決は、5-2で早稲田大学が勝利し、見事世界大会への出場を決めた。

キーワード
ABUアジア・太平洋ロボコン
豊橋技術科学大学
早稲田大学
東京農工大学
東京大学
ABUアジア・太平洋ロボコン 日本代表決定戦
横浜国立大学
仙台高等専門学校
九州大学
信州大学
三重大学
金沢工業大学

エンディング (その他)
01:47~

日本代表の早稲田大学も出場する「ABUロボコン世界大会」の模様は9月22日に放送される。

キーワード
ABUロボコン
  1. 前回の放送
  2. 9月21日 放送
  3. 次回の放送