シリーズ世界遺産100 イビサの生物多様性と文化〜スペイン〜

放送日 2015年2月20日(金) 4:15~ 4:20
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
04:15~

オープニング映像。

海の民の記憶 イビサの生物多様性と文化 (バラエティ/情報)
04:15~

スペイン本土の沖合80キロメートルに浮かぶイビサ島。ポシドニアなど250種以上の海の生物が住む美しい海で知られているが、古代文明の遺跡が残る島でもある。この島を切り開き巨万の富を得て、アルファベットを発明し、後にローマに滅ぼされたフェニキア人の歴史を紹介した。島の南部にあるサカレタ遺跡からは、海に出たフェニキア人がどのようにして生計を立てていたのかを知ることができる。るサカレタ遺跡からは鉄の他にも銀や鉛を含むスペイン産の原石がいくつも発見されている。フェニキア人はここで加工した金属を地中海の国々に輸出していたと見られる。フェニキア人は交易を進めるため、この島で銀貨や銅貨も作り始めた。貨幣に描かれているのはフェニキア人が信仰した音楽と踊りの神・ベス。この貨幣は地中海で流通し、いつしか島はベスの島イビサと呼ばれるようになったのだという。イビサ考古学博物館では、石に刻まれたアルファベットの解読が進められている。

キーワード
スペイン
イビサ島
フェニキア人
ポシドニア
サカレタ遺跡
イビサ考古学博物館

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月20日 放送
  3. 次回の放送