シリーズ世界遺産100 オアハカ歴史地区とモンテ・アルバン遺跡〜メキシコ

放送日 2013年8月16日(金) 4:15~ 4:20
放送局 NHK総合

番組概要

シリーズ世界遺産100 (バラエティ/情報)
04:15~

メキシコ・オアハカ州の州都オアハカの丘陵地帯にあるモンテ・アルバン遺跡がある。最初に紀元前7世紀頃に街がつくられ、2世紀以降サポテカ人によって大規模な建造物が建てられた。4世紀から8世紀にかけては最も栄え、およそ5万人が住んでいたといわれている。ここにはサポテカ人が描いた浮き彫りが残されてある。

オアハカは16世紀にスペイン人によって建設された。現在もサポテカ族などの末裔が暮らしている。街の中心にはサント・ドミンゴ教会があり、16世紀前半から100年ものの歳月をかけて建設された。カトリック教会は莫大な富と権力を得たが、サポテカ族出身のベニート・フアレスによる軍の特権を廃止し教会の財産を没収する改革で特権を失った。その後フアレスはメキシコの大統領に就任し、メキシコの近代国家の基礎を作り上げた。

キーワード
オアハカ(メキシコ)
モンテ・アルバン遺跡
ベニート・フアレス

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 8月16日 放送
  3. 次回の放送