趣味の園芸 やさいの時間 もえのプランター菜園「パクチー&スイスチャード」

『趣味の園芸 やさいの時間』(しゅみのえんげいやさいのじかん)は、NHK教育テレビジョンが2008年4月4日に放送を開始した趣味番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月15日(月) 10:15~10:40
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
10:15~

オープニング映像。

もえのプランター菜園 (バラエティ/情報)
10:15~

山口もえが登場。深町貴子と一緒にパクチーとスイスチャードを育てる。パクチーは育てると花が咲き、食べられる。スイスチャードは茎が赤や黄のもの。

パクチーを育てる。プランター、タネ、鉢底ネット、野菜用培養土を用意。葉物野菜の場合、プランターの大きさは深さ15cmほどがオススメ。板に1cm間隔のメモリをつけ、マスキングテープを貼り、コーティングをして種まきスティックの完成。東南アジアではパクチー、中国では香菜、欧米ではコリアンダーと呼ぶ。ベビーリーフはオレンジの香りがする。パクチーは中に2つの種が入っているため割る。袋に入れ、上から平らなものを押し当てて転がすと割れる。発芽率を上げるために、一晩水につける。

プランターに鉢底ネットを敷く。ネットは外から虫が侵入しないように使う。ナメクジは根などを食べてしまう。野菜用培養土をプランターの縁から2cmほど下まで入れる。作成したスティックで土の面を平らにする。すじまきで種をまく。均等に1cmの深さの溝をつけると、発芽が揃いやすい。溝を2つ作り、1cm間隔でまく。タネは近くにあると競い合うため、成長が早くなる。土は周りの土手を崩すようにふんわりとかける。スティックで土を押し付けるように表面を平らにしたら種まき終了。

スイスチャードの栽培。一つのタネから複数の色の茎が発芽する。一晩水につけると発芽率があがる。まきみぞは1cm、間隔は8cmで2つ作る。一つの殻から複数の芽が出るため、2cm間隔にまく。周りの土手を崩すようにふんわりと土をかける。スティックで土を押し付けるように表面を平らにしたら種まき終了。

水やりの方法紹介。ハス口を上に向け、弧を描くように水を出す。小さいタネが動かないように優しく水をやる。プランターの底から水が出る量をつかう。パクチー、スイスチャードのベビーリーフの収穫は5月上旬~中旬。山口もえが栽培日記をつけた。

キーワード
トマト
ナス
パプリカ
ほうれん草
パクチー
スイスチャード
葉物野菜
マスキングテープ
プランター
鉢底ネット
オレンジ
コリアンダー
中国
野菜用培養土
すじまき
ベビーリーフ

エンディング (その他)
10:38~

神奈川県の佐藤紀明さんの写真が公開された。

「趣味の園芸」の次回予告。

「趣味の園芸」のテキストの紹介。

キーワード
神奈川県
テキスト

番組宣伝 (その他)
10:39~

芸人先生の番組宣伝。

みつかる Eテレの映像が流れた。

「渡辺直美のナオミーツ」の番組宣伝。

ダークサイドミステリーの番組宣伝。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月15日 放送
  3. 次回の放送